2012年7月 2日 (月)

相変わらず「私しかやらない仕事」

 健康カプセル!『ゲンキの時間』ご覧頂きましたでしょうか。

 「大変な仕事ね~」とスタジオでも言われておりましたが、大変でした。

 何せ、汗かいた後の12時間後のシャツのニオイ嗅ぐのですから、普通の神経じゃできません。もう学術的技術的興味を持って嗅いでおりました。結構北里大の先生が抽出した菌の特性と合ったニオイが出ていました。

Dscf7759 『人工気象室』に入って行く被験者の皆様。白衣着てらっしゃるのが滝准教授。

Dscf7760
 この、くたびれたにおいセンサーには苦労させられました。私でなければこんな状態の機械で使えるデータなんか出ないぞ。


 えー。それで……。コメントに相談頂いていたのですが、ココログからの通知が迷惑メールに入っていました。気付くのが遅れて済みません。片岡様から。

戸建ての地下居室の臭気についての相談です。
まず地下に2部屋あるのですが、片方は問題なく一部屋だけの臭気です。

臭いはドブ川のような感じでしょうか。

臭いは常時ではなく、雨模様の時に強くなるようです。
建築時の地下掘削の時、かなり地下水が出た部分があったので、それが影響しているのかとも思いますが、部屋側のコンクリート壁から水が染み出ているようなこともないです。
 念の為、コンクリート壁面にクリア塗装をしてみたり、壁と床の合わせ目をコーキングしたり、コンセントの穴をふさいでみたり色々とやってみました。

何か対策をすると暫く臭いが止まるので安心しているとまた元に戻ってしまいます。

地下水が関係しているのはほぼ間違いないと思ってますが、臭気が一体どこから入り込んでくるのか分からず、手詰まり状態です。

実際に現場を見てもらい原因を特定してもらう場合、料金はいくらになりますか。ただ常時臭っているわけではないのでタイミングが難しいんですが。

 とのことですが……。地下か。

 似たような事例を横浜にある戸建て住宅でやったな……。

 メルアドが添付されていないので、恐れ入りますが直接メールを頂けませんでしょうか?アドレスは『プロフィール』のページに書いてあります。

2012年6月30日 (土)

死の薔薇

 思い切り更新をサボっておりました。何せツイッターやフェイスブックの方が楽なもので……。

梅雨まっさかり……。の割にはこの3日ほど、良い天気なのですが。それは別としてお庭はヤブ蚊も真っ盛りです。困ったことに。で、毎年のように大型蚊取り線香を買っているのですが。

R0011466 

 
 今年はこんなモノが出現しております。『アース渦巻き【バラの香り】』だそうです。ドンキで498円。レジで1円玉4枚貰って494円。

R0011467
 渦巻きも見事なバラ色です。将来が明るい。一箇所ぐらい折れても気にしてはいけません。確かにバラの香りがいたします。あまり甘くなくてよろしい。

R0011470_2
 燃してみます。う~ん……。オリエンタル雑貨屋で売ってるコーンのお香ぐらいには香っているようです。まあいがらっぽいだけの従来渦巻きよりははるかに好ましい。

 でもHP見たら数量限定なのね。この夏分買い占めてお香(←)かな?

2012年3月 7日 (水)

嗅がせる仕事

 3月の2週目ですが、早くもいろいろ案件が積み上がってまいりました。でかいトランクルームの1フロアとか、病院丸ごととか結構時間を取られる案件が多いです。

 そんなこんなで……。

Dscf3839  臭気判定士、飲み屋で七つ道具並べて何をやっているのでしょう?店を調べるのはよくやっておりますが、お客が入って全開営業中の客席です。

Dscf3843 ビールを飲まずに、バッグに密封しております。怪し過ぎます。
 

 「料理のニオイによる心理的影響」を検証しようって、テレビ番組の企画です。実験方法の検討中。

2012年2月29日 (水)

マンションでニオイトラブル増えてます

 今年に入ってから、こんな案件が増えています。

 『○○マンションの○○号室で調査お願い』と依頼を受けて行ってみると、そのマンションのエントランスに入っただけで「あ、何かおかしい」と感じます。この直感、ほとんど外れたことがありません。

 お部屋を調べると、だいたいが換気系が原因で専有部以外から変な空気を引っ張ってしまっていることが多い。そーするとその『変な空気』が何なのかって事を調べなくちゃいけませんから、共用部を調べることになる。

 挙げ句の果ては屋上に出たり地下のピットに降りたりする。

A

 これは「共用廊下に不定期に異臭が出る」ので、そのニオイを捕捉するために張り込みしているところ。結局3時間張付く。

 張り込みって言っても、椅子に座ってずーっと待ってるだけじゃありません。感覚総動員人間センサー状態です。ニオイ変化だけじゃなくて、空気の流れ、音。変化があれば何でも覚えておきます。そして追える物は追いかける。

 で2階で張り込みなのに地下に降りたり5階から1階まで何度も上ったり下りたりします。そーやってるとすぐ2時間くらい経ってしまいます。

 こちらの現場。ちょっとした後付け工事がマンション全体の空調バランスを乱してしまい、そこから雪だるま式にトラブルが膨れあがってしまったようです。もう一度設計通りのエアバランスに戻して、次に各居室のバランスを回復させないといけません。

 かくして。1室だけの臭気調査に来たはずの臭気判定士がマンション全体の竣工図を睨むことになります。次からマンションの調査、ちょっと値上げしようかな……。
 

2012年2月 1日 (水)

恵方巻きの歴史を勝手に推理してみた

 2月でございます。

Dscf0292

 なので我が家の季節モノディスプレイはこうなっております。電飾はなし。もうちょっと何とかしたいところですが、如何せん節分期間は短い。

 でも短くないのが『恵方巻き』でして。何か年末から予約受付のポスターを見た記憶があります。

(※以下平成7年2月1日記事の再録です)

 

 

 『もともとは関西の慣習で、10年前なら関東で知っている人はほとんどいなかった(iza)』とよく言われていますが、私は30年以上も前に函館か室蘭のスーパーで『恵方を向いてのり巻き丸かぶり』ってポスター見ています。ちなみに、江別の実家ではやりませんでした。

 “Wikipedia”によりますと、『豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴が、偶々節分の前日に巻き寿司のような物を食べて出陣し、戦いに大勝利を収めたという故事を元にしているという説もある』なんて記述もあります。

 しかしこれは、かな~り怪しい。板海苔が発明されたのは江戸中期だって基本的なこともさることながら。あのご時世の武士ってのはメチャクチャ質素な生活を送っていたはず。「今朝は蓼の塩漬けで飯を食ったが美味かった」と言ったら「蓼は贅沢だ」ってたしなめられたくらいですから。武士たるもの、汁と飯で充分であるってコトですな。

 出陣にあたっての祝いの膳だって、“打ち鮑・勝栗・昆布”たったこれだけ。『打ち勝ってよろこぶ』って縁起担ぎだそうです。で、戦勝祝いの膳も乗ってるモノは同じだそうだ。ただし順番が変わって“勝栗・打ち鮑・昆布”今度は『勝って打ちよろこぶ』となるんだそうな。

 

 そんなこんなで……、どうも戦国時代起源ってのは考えにくいです。

 

 

 お次は……。『江戸時代末期から明治時代初期にかけて、大阪・船場の商人による商売繁盛の祈願事として始まったといわれる』ですか。恵方巻きの記事を書く人のほとんどが、この説を採り上げていらっしゃいます。

 時代は確かにのり巻き発明の頃と合ってますな。しかしこれ、果たして大阪商人が見たこともない江戸の食べ物に飛びつくかどうか甚だ疑問です。何せ、寿司なら大阪の押し寿司の方がはるかに歴史が長い。しかも長いままのものを手に持って囓って食べるなんて、そんな江戸式の乱暴な真似をしたがるかどうか。非常に根拠として弱いですねぇ……。

 しかし『食べている間にしゃべってはいけない』そうですが、太巻きを丸々一本食べる間無言ってのはなかなか苦しいと思います。その逆に『ニコニコ笑顔を浮かべる』ってのはもっと苦痛だぞ。第一それじゃ、のり巻きリバースしちまうだろ

 

 

それで……。何でも上方落語の中で、舞妓さんに長いままののり巻きを食べさせる下りがあるそうです。“遊山船”というお話しですが、ちょっと引用してみましょう。

「昔は夏の遊びといえば、東京は両国の川びらき、京都は鴨川の夕涼み、そして大阪は大川の涼みが代表的だったようです。

 ウマの合いました二人づれが難波橋の上へ夕涼みにやってまいりますと、花火が上がり、夜店の売り声であたりはまことににぎやかです。橋の下では屋形舟に乗った大尽が芸者をあげ、卵の巻き焼き、鰻の蒲焼きなどを食べ、舞妓には長いままの巻き寿司を「尺八食い」させて楽しんでおります……」

 この『尺八食い』ってのがソレですな。舞妓に行儀の悪いことをさせて、恥じらいながら悪戦苦闘する様を見て楽しむ趣向なのでしょうな。

 時代がはっきりしておりませんが、江戸末期ってところでしょうか。庶民のリアルな生活をネタにするのが落語ですから、大阪で“のり巻き”が普及していたことは間違いないようですね。しかしこれが直ちに『恵方巻き』に結びつくかと言うと、ちょっと心許ない。お大尽遊びが商売繁盛の祈願ごとになる理由がイマイチ見えません。このネタはちょいと脇へ置いて、時代を先に進んでみましょう。

 

 

 時代は下って大正時代。どこで拾ったのか忘れましたが、こんな一文が……。

 

「ところで近年流行の「恵方巻」は、大正初期の大阪花柳界で節分の時期にお新香をまいた海苔巻きを恵方に向かって食べる風習が、昭和40年代後半の大阪で一般化したものだそうです」(小澤富夫(元玉川学園女子短期大学教授):江戸学事始、江戸学担当講師)

 ほお。この『昭和40年代後半の大阪で一般化したもの』ってのが、私が北海道で見た『のり巻き丸かぶり』のポスターと同じ頃です。これは興味深い。

 で、もちょっと調べるとこんな文を見つけた。

 大正の初め、大阪花街でお新香の漬けかかる節分の時期にお新香を巻いた海苔巻を恵方に向かって食べるという風習がありました。(「恵方と寿司屋」より)

 そう言えば、海苔ってのも冬に採る海草だったよな……。これも調べて……。

 海苔は11月頃から摘み取りが始まり、3月中旬(ごく一部の産地では4月中旬)まで続きます。11月頃、各産地で一番最初に摘み採られた海苔は「新海苔」と呼ばれ、やわらかく、香り高い風味が特徴です。(海苔の基礎口座)

 ふんふん、なるほど。何となく見えてきたぞ……。節分の頃、漬かったばかりのお新香を新のりで巻いて食べるってのが、大阪花街のお楽しみだったってコトでしょうか。江戸時代から続いていたのか、それとも大正に入ってからのことなのか調べ切れませんが、ちょいと想像を働かせてみましょうか。では池波正太郎風で……。

 

 

 

 

 おたまの腹が、小さな音を立てた。

 

 夕方も近いという時間なのに、座敷が続いて満足にお昼をする時間もなかったのだ。客は人好きのする旦那ではあるが、おたまの腹の具合までは判ろうはずもない。

 旦那が厠に立ったところで、おたまはこの時とばかりに台所に走り、居合わせた小僧に頼んでのり巻きを作らせた。と言っても、簀の子で巻くような手間などかけられるはずもない。旦那が厠から出てきたら、手水を差し出さねばならないのだ。

「それそれ、新香だけでいいから。早う早う」

 おたまの焦りが小僧の手元をあぶなっかしくさせる。

「ああもう、お貸し」

 しゃもじを引ったくるようにして素早く「のり」で飯と新香を包み、ひと口囓り取りながら、かなり慌てて廊下を小走りに戻った。

 厠の扉が見えたところで、それが開くのが目に入った。おたまは慌てて口の中のものを飲み下し。残りを袂に隠した。

 何事もなかったかのように、旦那の手を柄杓の水で清め、手ぬぐいを差し出した。そのとき、どうした加減か、袂から食べかけののり巻きが「ぼとり」と板の上に落ちてしまった。

 旦那は怪訝そうにそれを見下ろし、次いでおたまを見やった。おたま、もはや顔が真っ赤に染まっている。

「これは……」

「これは……。これは、願掛けでおます」

 とっさに思いつきが口を滑って出た。

「節分に……。あの、長いまんまののり巻きを。願掛けて食べますと、願いが叶う言われとります」

「ほお?。そらまたけったいな願掛けやのぉ」

「願掛け言うても、花街の中だけですさかい、誰も知らはりません」

「おたまは、何願かけたんや?」

「そらもちろん。段さんが、この先ずっと来てくれますように」

「ほうそうか?、ほな私もあやからせてもらおうか。私にもひとつ作っておくれ」

「はいはい。ほなお部屋に戻りましょ」

 

 

 後日、この『長いのり巻き』が旦那衆の中に口づてで広まって行き。ついには大阪商人の願掛け行事となってしまうのだが、それはおたまのあずかり知らぬことである。(※大阪弁はデタラメです)

 

 

 

 それで……。

 

 

 

「おお。新香に、新海苔かいな……。こら悪くないわ」

 旦那と差し向かいで食べようとしたものの、照れ隠しの出まかせをすっかり信用して長いままの「のり巻き」をくわえている旦那の姿がどうにも可笑しくてたまらない。

「あの……、旦那……」

 笑いをこらえておたまが言った。

「それは、あっちの方を向いて食べなあきまへん」

「何でや?」

 笑ってしまいそうなので、何とか背を向けさせたいところなのだ。

「願かけるには、あっちが『ええ方』ですさかいに……」

「なるほど。こっちが『ええ方』か……」

 

  後日、この『長いのり巻き』が旦那衆の間で『ええ方巻き』と呼ばれ、ついには『恵方巻き』と呼ばれるに至ることは、おたまのあずかり知らぬことである。(※大阪弁はデタラメであることをお断りいたします)

 

 

 恵方巻きの起源について、大阪船場の商人が始めたってのと同じくらい登場するのが“大阪海苔問屋協同組合が作製したポスターを寿司屋が共同で店頭に貼り出し、海苔を使用する巻き寿司販促キャンペーンとして広められた”ってエピソード。

 海苔問屋の陰謀って説ですが、これは私が経験した『丸かぶり』の時期ですから、この時点で発明されたワケではない。

 さて。この大正時代には見られていた『尺八食い』なる風習、一度廃れてしまうわけですが。オールアバウトでは1932年に大阪鮓商組合が「節分の日に丸かぶり」ってキャンペーンを打ったと記されております。

 

 ふむ……。1932年と言えば満州国が建国され、世界がいよいよきな臭くなってきた頃でございます。

 それで、この頃になってまたのり巻きが引っ張り出されるってのは、『尺八食い』が完全に廃れきってはいなかった証拠だと思ったりするのですな。日中戦争へと続く満州事変のまっただ中、関東軍はハルビン攻略中です。この時期、すでに陸軍の偵察機やら小型の爆撃機なんかが飛んでおりまして。

92shiki

 こんなモノ(三菱重工業製九二式偵察機)でしたけどね、翼の上に載っているのは機関銃じゃなくてたぶんガンカメラ。これでも敵地奥深くまで行って写真撮ってくるから何時間も飛んだりする。当然航空弁当を持たされています。

 これが太平洋戦争まで変わらず『のり巻き』だったのですな。やれやれ、やっとここまでたどり着いたぞ。しかし、航空弁当のこと書きたくてこれだけダラダラ書いていたのか?

 歩兵はカチカチになった飯やカンパン食べていましたが、航空兵はそれに比べりゃはるかに良いモノ食べてました。損耗率高いから。それに、飛行手袋してたらカンパンなんて食べられないし。

 航空兵が、飛行機空輸の空き時間を利用して花街に遊びにやってくる。大阪には昔、軍用の飛行場が2カ所もありました。たぶんひとつは現在の伊丹なんだろな。

 軍の飛行場に納入された飛行機を博多まで飛ばして、そこから船に乗って上海へ。そのまんま戦地へ飛ぶなんてパイロットがいたのかも知れません。ところで私のグーグルアース、何で大戦中の米軍潜水艦の戦没地点が出るんだ? 登録した覚えがないのだが……。どうせなら伊号とか呂号の戦没地点も出してくれ。

 

で、また。空想のり巻き小説。今日は誰風だかわからない。

 

 

 時代は過ぎても花街の風情は変わらない。強いて言えば、ランプや行灯が電灯に替わった程度だろうか。それですら、消して床に入ってしまえば昔とまったく変わりはしない。

 お多栄は酒を運び、小柄ながらも逞しい軍人に酌をした。

「軍人さん。これから中国いかはりますの?」

「明日、ここの飛行場を立って、博多まで飛ぶのさ。そこからは船だ」

「あれまあ。ずっと中国まで飛ぶんやおまへんの?」

 軍人は笑った。笑顔が、まだどことなく子供っぽさを感じさせる。

「対馬あたりまでは飛べるかも知らんが、海の上では方向が判らん。それに、海に降りちまったら俺は泳げん」

 軍人は杯を干し、お多恵に手渡した。

「もう、行かはしましたの? 中国」

「先週、帰ってきたばかりさ」

 お多恵は注がれた杯を少し掲げて、唇をつけた。

「広いんだ。ものすごく広い。何時間飛んでも地平線ばかりなんだよ」

 軍人の眼が、障子窓を通して、はるか遠くを見やった。

「ずーっと飛んでると。戦争やってることを忘れて。俺と飛行士とふたり、ただあてもなく旅をしているような気がしてくるんだ」

 一瞬その眼に惹きこまれそうになって、お多恵は慌てて杯を干し、軍人の手に返した。

「そないに、何もあらしまへんの?」

「敵はいるさ。かならずどこかにね。うっかりしているとクリークの陰に隠れてた兵隊が一斉に撃ってきたりする。だからね……」

 軍人は注がれた酒を一口のみ、照れたような笑顔を浮かべた。

「飛行士とふたり、航空弁当を半分残しておくのさ。長いまんまの、のり巻きをね。帰りに食べるのだから絶対墜落したりしないぞってね……」

 

 

 翌朝、その軍人を見送ると。お多恵は台所に頼んで、長いままの『のり巻き』を作ってもらった。部屋で正座し、飛行場の方を向いてそれを一口かじった。

(ご無事で、またお帰りなはれ……)

 ってな具合に。江戸で産まれたモノながら、大阪花街の中で様々な想いと共に連綿と受け継がれてきたのが『のり巻き丸かぶり』だってことにしておくのが、風情があって良いのではないかと思うのですが。

 これ叩き直して小説一本書けるな……。

「コンビニが宣伝してるから」って食べるのではあまりにも主体性ってモノがございませんでしょ? 念のために言っておきますが、恵方巻きにはダイエット効果はありませんよ。

2012年1月22日 (日)

臭気判定士アフターサービスする

 家の中のニオイ調査ってのは、しょ~っちゅう言っているように難しいものです。これが天井裏空間が広かったり、フリーアクセスフロアみたいに床下に広~い隙間が存在すると、もう困難なんてモノじゃありません。

 加えて改修リフォームを繰り返した古いビルになると、もうどっから何の空気を引っ張ってくるのか、もう全然解りません。

 今回も何とか「給排気バランスが悪くて、排気な過剰が原因で天井裏とかの空気吸ってるから変なニオイ出るんですよ~」って解明はできましたが、当然「それじゃどうしたら良いの?」ってことになりました。

 バランスが悪いんだから取れるように修繕すれば良いのですが、壁に穴を開けられないんだな。建物が古いから。

1 仕方ないから臭気判定士、「何とか」します。これは病院とかの天井裏に取り付けて廊下とかを脱臭するオゾン装置。割と小型でファンも付いているので何かと便利します。

2 これを天井裏に1週間ほど置いて、ホコリ臭とかカビ臭を取り除いてやります。それで気密性を上げてやれば恐らく大丈夫。根本的な解決にはならないけど、テナントさんの不快さは解消できます。

 この小さいのを使って設置と撤去、消臭確認まで込みでだいたい5万円です。車で運ばなくちゃならない大型だとこうは行きません。

2012年1月20日 (金)

臭気判定士「あるもの」を嗅ぐ

 今年一本目の記事が20日とか……。何と元旦の初日の出前にワヤワヤなことが起こってしまいまして、ただでさえまともに祝うことのない正月がぶっ飛びました。

Dscf8466
 で仕事始めから約1週間、毎日溝の口から満員のバスに乗って某研究所に通うことになったんだな。

Dscf8532 

 ここで問題です。「臭気判定士さんはこんな道具を使って、たくさんの『あるもの』を嗅いでいました。その『あるもの』とは何でしょう?」

 何をやっていたのか詳しく書けませんが、ニオイで女性のおよその年齢が判るようになってしまいました。

2011年12月31日 (土)

2011年最終現場(その3)

 ……やっぱり1枚しか貼れなくなっちゃったんだな。こんなだからブログユーザーが減るんだぞ。

4_2 『消臭』にもまたいろいろあるのですが、ご家庭で最も多く使われているのが『芳香剤』ですね、これは「強い良いニオイでもって悪いニオイを感じなくさせる」もので『マスキング』と呼ばれます。

 マスキングは、それはそれで効果があるのですが。「悪臭を香料でもって圧倒してしまう」のには限界があります。また、悪臭と香料の相性によっては余計にひどいニオイになってしまうこともあります。

5
 これは「マスキング大失敗」実験の道具。アンモニア臭をメントールで消そうとすると逆に大変なことになってしまいます。現実ではそう滅多に発生しませんが、それが実感できる例です。

6 そんなワケで。私の思いつきで古巣の日本デオドールとテレ東のスタッフさんに苦労をおかけしました。お疲れ様でした。放送は1月19日です。
7
 で、私は30日になってもまだこんなところに潜り込んで調査を行っているんだな。終わって午後からコミケ行きました。作業着のまんまで。


 それでは皆様良いお年を。今年はこれだけいろいろ大変なことがあったのですから、2012年は平穏な年でありますように。

2011年最終現場(その2)

 で、やっぱり2枚くらいしか写真貼れないんだな。仕方ないので何回かに分けて書くしかない。

3_2
 上の写真、何をしているのかと言いますと。大きなビニール袋に入っている青い物体はあるお宅から借りてきた犬の寝床クッション。当然イヌ臭付きまくり。これをどこのご家庭にでもある「何か」を使って消臭するって実験なんですな。

 『消臭』って言いましてもその実態にはいろいろありまして。まず『脱臭と消臭』って大きな違いがあります。一般ではこれがごっちゃになっています。

 ニオイを、活性炭にくっつけたり。化学処理してニオイのない二酸化炭素とか水蒸気にしちゃうのが『脱臭』。

 『消臭』ってのは、わかりやすく言うと「ニオイ物質は依然として空気中に漂っているんだけど、それに気づかない状態にしちゃうかあるいは気にならない状態にする」ってこと。これ非常に大きな違いです。

 つまり『脱臭』は費用がかかって難しく、『消臭』は安上がりで比較的簡単。

2011年最終現場

 何だかんだでもう大晦日になってしまいましたが……。

1

 これは先日の『ものスタMOVE』の撮影、また「写真貼れません」トラブルが出て更新できませんでした。何とかしてくれ。

2 スタッフが打ち合わせ中で、ロケ車の出発までスタジオ前でしばらく待たされる。楽屋案内に東MAXの名前が見えます。



«北大西洋条約機構

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック