« 『あんまり』なにおい | トップページ | センサー万別 »

2005年11月 9日 (水)

にゃんション地獄

 さて、お約束通り『ペットがらみ』のにおいトラブルのお話です。
ネコは元々が水分の少ない場所で暮らしていた生き物だそうで、ハムスターもそうですが、あまり水分を排出しない体の構造になっています。ということは、そのオシッコは毒素を含めるだけ含んだ濃厚な液体なんですね。これは臭いはず。壁の石膏ボードや巾木、フローリングにしみこんでしまうと、完全に取り除くのはもの凄く大変です。
 オシッコした直後でしたら、洗剤で拭き取った後でバイオ系の消臭剤を吹きつければ何とかなります。でも時間が経過してオシッコが木材にしみこんで薄茶色に変色していたら、もう家庭用の洗剤ではダメです。

 ネコちゃん一匹で、一戸建ての全部屋が住めない状態……。と言うか、部屋によってはアンモニアで目に痛みを感じるほどの惨状になっていた家もありました。どうやら人が入れる状態まで戻すために、4人がかりで約2週間。何しろ敵がアンモニアですから、塩素は効きません、オゾンも効きません。
 業務用バイオ剤をたっぷりしみこませて木材の中でオシッコを分解させます。その後変色した部分は業務用オキシドールで漂白します。このオキシドールは強烈で、フローリング材のコーティングとか剥離しちゃいますけど仕方がありません。
 軽い汚染だったら1週間以内で取れます。壁や天井についちゃったにおいは消臭ガスか薄い消臭剤で拭いて取ります。でもフローリングが褐色になって、合わせ目にオシッコが結晶しているような状態ではお手上げです。そこの部分は取り除いてもらわないとどうにもなりません。
 ちなみに、業務用オキシドールは毒劇物なので一般には売れませんが、バイオ剤『GB610』は販売してます。4リットルで7,200円。10倍に薄めて使うからそんな高いものではありません。(宣伝)

 ネコは元々きれい好きなのに、『オシッコ屋敷』状態になってしまうのは100%飼い主の責任です。「面倒見られないなら飼うな!」ですね。
 で、ウチの居候ネコ。ビーフのモンプチ食べません……。もしかして、魚じゃなくちゃ嫌?

« 『あんまり』なにおい | トップページ | センサー万別 »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

猫はけっこうすぐトイレ覚えるもんなんですけどねぇ。。。sad「面倒見れないなら飼うな!」に賛成です。

nahyさん、コメントどうも。一人暮らしで家を空ける時間が長い飼い主に多く見られるトラブルのようです。閉じこめ放ったらかしにされると、ネコもストレスで爆発してしまうのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730460

この記事へのトラックバック一覧です: にゃんション地獄:

» 住まいの達人ブログ smach! [つくり手考房別館 管理人ブログ]
住まいの達人ブログ スマッチ(リクルート)
をよく見てます。

住まいの達人ブロガーは現在17人。
それぞれのブログのデザインが凝っていて楽しいです。
さすがリクルート!

特に気になる [続きを読む]

» 「にゃんション地獄」のこと [ペットと暮らす快適住まいの話]
 臭気判定士さんのブログの「にゃんション地獄」・・・すごいですね。
 正直、私は「こりゃたまらん」というお家の経験(往診にいった)は、三十数年の開業医生活で1軒です。それも30年くらい前でやはり猫でした。そこまで行かなくても、早めに対策を立てるべき家方... [続きを読む]

« 『あんまり』なにおい | トップページ | センサー万別 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック