« 無臭と……、言えない。 | トップページ | においで死ぬこともある »

2005年11月18日 (金)

ネタには困らないがタイトルには困る

 ネタはたくさんあるのですが、書き出しをどうするかで毎回悩んでいます。今週は月?金と毎日アップしてしまった、ヒマだと思われてしまうかも知れないけど、毎日8時前に事務所に出てきてきっちり9時までに書き上げてます。年間何十件も調査報告書を書いてますもので、文章書くのは早いんです。
 
 水曜日に話題にした『香りガム』、食品と香りのつながりでこんなニュースが。昔の米軍MRE(携行口糧=野戦食)と言えば「まずい、量ばっかり、やたら高カロリー」だったそうですが、最近は戦場で兵士を支えるには満腹感だけでは足りなくなったってことでしょうか。それとも戦争そのものに大義名分が足りなくなったためかな?
 昔ノースウェスト航空の機内朝食が、全粒粉パン・ハム・チーズ・クラッカーで、トレーに載ったMREみたいだったことを思い出します。
 戦場と香りと言えば。ベトナム戦争当時に、密林パトロールに出かけた部隊が必ず待ち伏せ攻撃に遭ってしまうという、通常では考えられない事態があちこちで起こったそうです。苦労して捕虜にしたゲリラ兵を尋問してみると、意外な事実が判明しました……。

 この続きは次回……。また仕事の話題に入れなくなっちゃうから。

 リンクしたニュースの中にMREとは関係がないけど、興味深い研究結果が見られますね。「青リンゴ、バナナ、スペアミントの匂いを嗅ぐだけで、1ヶ月で平均2.1%の減量」これは嗅ぐだけで、食べちゃダメなんでしょうね、きっと。
 「ヒトは食べ物を咀嚼した後の匂いを後鼻で感知して、それが味覚に大きな影響を及ぼす」というのは凄いですね。何かのアンケートで、最近の人間(特に若い世代)は“嗅覚は無くなってもいい感覚”だと思っているそうですが(ソース未確認)。食べ物の味の大半がなくなってもいいのかな?あ、また話題が脱線した……。

 キッチンがらみの相談が続けて入ってきます。気温も湿度も下がって、一般的に臭気の発生は減ってきているのですが、温度条件があまり変わらないキッチン周辺では相変わらず臭気が発生するのでしょうか。「何だかわからないにおい」「モヤシが腐ったようなにおい」モヤシとはまた具体的な表現ですね?。ご家族揃っての意見なので信頼度は高いですが、さて何だろ?やはり水がらみしか考えられないけど……。

« 無臭と……、言えない。 | トップページ | においで死ぬこともある »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730479

この記事へのトラックバック一覧です: ネタには困らないがタイトルには困る:

« 無臭と……、言えない。 | トップページ | においで死ぬこともある »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック