« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月29日 (木)

ペット『禍』マンション

 私が住むマンションは「ペット」らしいのですが、犬を連れて出かけていく人が何人もいます。一応、気をつかっているのか外階段を使っているようです。住民の年齢層が比較的高いせいなのでしょうか、自治会でも問題にしている様子はありません。
 ベランダに勝手に住んでいる猫がペットに該当するのかどうか気になっていますが、今のところ何も言われたことはありません。でかい猫が毎日裏にある自転車置き場の屋根を歩いているので、皆知っていると思うのですが……。

 それで、まあ……。1匹2匹は良いとして、10匹20匹のにゃんこが2LDKにひしめいている状態ってのは、激しく異様な光景でございました……。
 管理人に案内されて問題のお部屋に行ってみると、外通路に面した排気口から明瞭な“にゃんション臭”。外廊下に排気されていますので、廊下を通る他の住民はたまったものではありません。
 その部屋の住人は一人暮らしの老婦人で、「ノラ猫を見ると可哀想でつい拾ってきてしまう」典型的な例でした。お部屋の中は、食器棚もテレビも冷蔵庫も、高いところは猫でみっしり。私は猫に好かれるものだから、最初は警戒していた猫どもも、そのうち先を争って足元に群がりはじめて行動不能。もう“ネコ縫いの術”。
 猫を放任している状態ではなく、人間用トイレや玄関付近に猫トイレを設置してあるのですが、このネコ密度では完全な容量不足です。混み合って入れなかった猫は、部屋の隅っこに行って用を足していました。お婆さんそれに気がついていないのかあきらめているのか、私が指摘すると変に感心のそぶりでした。
 結局、外廊下に排気している換気扇を止めるのが一番手っ取り早いのですが。そのお婆さん、他の住民が迷惑していることに全く気がついていないので、私が帰ったらすぐに換気扇を回してしまうことは見え見えでした。
 仕方ないので換気扇フードの内部と、トイレの換気扇付近に消臭剤を設置。排気に消臭剤が混ざるように苦肉の策。柑橘系の消臭剤を使って、猫が嫌がって逃げ出すようにし向ける手もあったのですが、お婆さんに撤去されるだけだと思いやめておきました。それに、近所にノラ猫増えまくっても迷惑でしょうし。

 売り上げは消臭剤3個。○千円。時間取られて猫の毛たっぷりつけられて。目は充血……。臭気判定士が出動した意味はどの辺にあったのやらdespair

 『ペット可マンション』が普通のマンションとどのように違うのか、私なりに調べてみたくなりました。やはりここは“スマッチ名刺”作って取材に行くしかないかな?

2005年12月28日 (水)

ネコのトイレは庭が一番

住まいの何でも相談室』の染谷さんから質問をいただきました。
「これまで、ペット可のマンションでのペットの悪臭トラブル、その解決策など、ご経験がありましたらお教えください・・・よろしくお願いします。」

 う?ん……。ペット可マンションでのにおい苦情は、今のところありませんねぇ。「私はイヌ飼ってるけどネコは嫌い!」ってヒトはいますが、「○○のにおいが嫌い」って事例は聴いたことがありません。そんなヒトはもとから近寄らないだろうし……。

 “ペット臭”についての相談のほとんどは退居後のリペア時に不動産屋かリフォーム屋から持ち込まれます。ごくたまに「マンションの室内でネコを20匹も飼っていて、他の住民から苦情が出ている」なんて相談を受けることがあります。その場合、ほとんどがお役所。
 住民から環境保全課に直接持ち込まれる場合もあれば、保健所経由になる場合もありますが、いずれにせよ役所には具合の悪い相談です。なぜなら……。
マンション内でのモメ事なので、基本的に介入できないんですね……。

 ずいぶん前に、横浜市内のマンションで、1階の焼き肉屋の排気が駐車場に充満して住民大迷惑、でも役所は何もできないという困った現場に行ったことがあります。TBS『噂の東京マガジン』の“噂の現場”で取材班同行で調査を行いました。夜の6時過ぎから、こっちは夕食前だってのに1時間以上も焼き肉の匂いだけをかがされました……。
 その取材の中で、横浜市の環境課が非常に怠慢であると吊し上げをうけていました。店の営業時間は夕方からなのに、苦情を受けて視察に行ったのが午後3時。当然何の排気も出ているはずがありません……。で、『悪臭は確認できませんでした』と住民に話したものだから、住民は一気に役所不信。それで誰かがTBSに電話したと……。
 上の方でも触れましたが、役所にしてみれば、マンション内での臭気トラブルは法律上制限があるし非常に面倒でもあるので『できたら触りたくない』苦情であるようです。
 で……。七面鳥じゃなくて七面倒なにおいトラブルはあちこち巡り巡って、最後に私の電話が鳴ると……。

これから事務所の大掃除なので、続きは明日……。

2005年12月27日 (火)

悪臭!隣の晩ごはん

工期/機密性』(★すなふきん★の日記

↑設備工事屋さんらしいのですが、いろいろとウラ話ネタがあって興味深いです。
え?と。どこまで書いたっけ? 余計な話ばっかり書くので自分でもわからなくなります。あ?っと、住宅で発生する厨房排気苦情ですね。それでは……。

 …っと、その前に『サンクトペテルブルクで悪臭テロ』(asahi.com)が発生しています。強いニンニクのようなにおいだそうで、死者が出ていませんからマスタードガスみたいなものではなくて、多分硫化水素(「ひょのいちさんへの回答」参照)を発生させたのではないかと思います。そうでなかったら掃除の人、死んでます。
 硫化水素は鉱物と酸(これ以上詳しく言えない)で発生しちゃいます。手に入れるのもそう難しいモノじゃありませんし……。濃度が高くなると結構威力のあるガスです。
 と、さっそく話がそれてるし……。
 さて、『自分の家に普通にあるにおい』ってのはなかなか気が付かないもので、新築時から納豆のような発酵臭がしているのに5年も放置しちゃったなんて極端なご家庭もありました。この件、まだ調査中なんだけど記事にしたっけ? いずれにしろかなり興味深い案件なので、進展したら記事にします。
 それで……。家庭内のにおいと同じく『作ってる食事のにおい』というモノも、やっぱり自分では気にならないんですね。「カ?っ。クっセ?な?!」とか自分でも顔をしかめながら食べるものなんてあまり想像つきませんし。(一部特殊な食材を除く)
 ですから、自宅の換気扇から出ているにおいが近隣の苦情になっていたとしても、全然認識できないんですね。まあ、一戸建てなら隣接しているお宅くらいしか苦情は出ないのでしょうけど、集合住宅となると事情は変わります。
 ちょい古の構造ですと、キッチン換気扇の排気口がその家の玄関ドアの真上に付いていたりします。場所が無くて仕方ないのでしょうが、すばらしく無神経です。もっと古くなると換気扇排気とガス給湯器排気のための専用シャフトが設けられている建物もあるのに。
 で、外廊下になっている構造ならまだいいのですが、近隣建物のプライバシー保護のために開放部分に目隠しを設けたり、最近では信じられないことに内廊下に排気している無神経にも程がある物件も……。
 さすがにそこまでひどい条件は滅多にありませんが、「お隣が…」「同じ階の…」という住宅排気苦情は少なくありません。しかし、これ、解決の方法がないんですよね……。極端な話、“ゴミ屋敷”をどうにもできないのと一緒で、個人の生活には外から口も手も出せないんです。
 私が現場に行って臭気を調べることは可能ではありますが、公式データを出したところで『一般家庭の通常生活によって発生するにおい』ではどこも注意も指導もできません。

 う?ん……。これでは解決不能の問題提起しただけだな……。
 カレーや焼き魚などはどうにもできませんが、意外と認識されていないのが『野菜の下茹で』のにおい。以前給食センターに隣接している中学校で、野菜を茹でこぼしているにおいが天井ファンから排気されて教室の窓から入り込み、生徒が吐き気を訴えたトラブルがありました。蒸気なもので普通の脱臭装置は使えず、結局ルーフファンの出口に消臭剤を噴霧しました。ご家庭の場合、茹でないで電子レンジを使うと良いでしょうね。

今回は雑情報ばっかりで役に立たなかった……。

2005年12月26日 (月)

キチンとチキンをキッチンで…

 暮れも押し詰まってまいりましたが、年中師走みたいな有様なので、せわしなくなった実感が全然ありません。師匠です。
 私もイブの夜は世間並みにクリスマスディナーでしたが、子供もいませんからツリーも飾りませんし特別なことは何もありません。あ、奥さんが『七人の侍』のDVDをプレゼントしてくれましたけどhappy01
 何がクリスマスディナーかと言えば、この時期じゃないと出回らないローストターキーを賞味するのが特別なんですな。近所の肉屋(ドイツのハム・ソーセージ品評会で金賞shineを取ったそうです)で頼むと焼いてくれるんです。
 お肉屋の店頭はイブの午後早くから受け取りの人で混雑していましたが、ターキー頼んだのは私だけだったようです。チキンに比べて肉が固いからかな? ターキーの方が味があって美味しいんだけどな……。
 アメリカでは丸のターキーを焼くと、男の子2人の4人家族でも食べきるのに1週間かかるとか(本当は子供が飽きて食べなくなっちゃう)。そりゃそうだろうな、もも肉1本でもチキンと比べモノにならない大きさだもの。ブレスト(ムネ肉)がどんな量なのか想像もつきません。

 ところで、今やクリスマスのお約束になっているのが『フライドチキン』……。
 アメリカのスタンダードメニューが、なんでクリスマスディナーになってしまうのか不思議ではあるのですが、チキンだったら何でも良かったのかな? かつてこの時期によく見ることができた、肉屋店頭の『回転鶏の丸焼きマシン』もすっかり見なくなったし……。
 そんなことより。私が使っているJRの駅は、イブの朝8時前から駅前ロータリーに“カーネルおじさんのフライドチキン”の香りが充満していたそうで、そんな状態でいいのか?におい嗅いで腹が減ったって市役所に苦情言っちゃうぞ。
 レストランやスーパーの総菜キッチンからの排気、私たちは全部ひっくるめて『厨房排気』と呼んでいますが、これの苦情は以前から少なくありません。この排気なかなかクセ者で、水蒸気は入っているし油分も入っている、排気が出てくる時間も不定期な上に、においの質もしょちゅう変わる。おまけに排気を出している所は小さな店であるのがほとんどだからお金もかけられない。
 特殊な触媒活性炭で脱臭する技術が開発されていますが、お爺ちゃんとお婆ちゃんが経営しているお弁当屋さんが取り付けられる値段でも大きさでもありません。そんなお店が近所から苦情を申し立てられた日には、もうお手上げです。うちのフィトンチッドを使って消臭すれば臭気濃度は半分程度にできるのですが、装置とフィトンチッドと工事費用合わせて40?50万円。1個400円のお弁当何個売ったら回収できるかを考えると、お店畳んだ方が良いような気にもなってしまいますね……。
 実はこの問題、お店だけじゃなくて住宅でも発生するようになってきました。特に集合住宅です……。あらら、また枕だけでこんなに長くなってしまった……。続きは明日にします。

2005年12月23日 (金)

平成17年度臭気判定士試験合格者

検索でおいでになる方が多いので、社団法人におい・かおり環境協会での臭気判定士試験合格者発表(掲示)を無料アップローダーに上げてしておきました。ここから、ファイルナンバー69?72をダウンロードしてください(広告がちょっとアレなんですが……)。ダウンロードキーは「orea」です。

danger協会の了承はいただいておますが、これは協会とはまったく関係なく私個人で行っております。danger
ってことは、ちょっと私用気味の記事ですね……。

2005年12月22日 (木)

だから『鋭敏』じゃないんだって……

 え?。昨日はいっぱいのお運びで、弟子の合否を皆様お気にかけていただきましてありがとうございました m(_ _)m 。弟子ともどもお礼を申し上げます。早いとこ独り立ちして世の中の役に立つように鍛えなくては。
 試験に受かって免状を手にしただけではまだまだ仕事はできません。実験室の中の仕事はできますけどね。大事なのはいかにたくさんの現場を見て、においを嗅いで覚えるか。「どれだけ現場を経験するか」ってことなんですね。
 臭気判定士は、『臭気指数』ってにおいのレベルを測定するオペレーターが元々の仕事です。制定当初は十数年ぶりの『新しい国家資格』ということでかなりの注目を集めたのですが、資格だけで稼げるというほどのモノではなく、また結構地味?な仕事であったために、それほど広く世の中に知られることがありませんでした。しかし、においの専門家ってのが他にいないので調査と対策の仕事はひっきりなし、地味だけど切実な部分で世の中の役立っているようです。

 で、そんな臭気判定士が主役の映画sign01ができたみたいなんですが……。何かちょっと『異議あり!』と言いたいところですが……。誰か臭気判定士が指導を……、ってスタッフの中にそれらしい名前ないぞ……。despair う?ん。観たいような観たくないような……。

『イヌゴエ』(2006年2月公開)

2005年12月21日 (水)

sakurasaku

お久しぶりです!弟子です。あまりにも寒くて靴下2枚履きする季節がやってきましたねshock末端冷え性なのでかなりテンションの下がる季節です。でも今日は私にとってとても良い日になりましたhappy01この日がどれだけ待ち遠しかったことか・・・!(待ったのは一ヶ月ですけど、かなり長かったですよsad
そうです。今日は臭気判定士試験合格発表の日なんです!実際は、今日財団法人におい・かおり環境協会の掲示板に結果が貼りだされるのと、通知mailは郵送されるので、「明日分かるのかなぁ」と思っていましたが、師匠が見て知らせてくれました!
本当にありがとうございます。
試験を受けた感じとしては結構難しかったなという印象でしたが、結果はタイトルどおり無事合格しておりました!!!
一安心です
実際は嗅覚検査という正常な鼻かどうかをみる試験も合格しなければなりませんが、入社時に社内で受けたことがあるので大丈夫でしょうclover
これからは臭気判定士としてどんどん経験値を上げていきたいと思います
ではまた会いましょうshine

名刺に「臭気判定士」の名が刻まれる日が楽しみですheart02

オホーツクの冬の屍者

中国の有害物質がアムール川に流入
(2005年12月16日11時21分 読売新聞)

 これ、最終的にオホーツク海に流れ出てくるんですけど……。それより……、ハルビンがパニックになっていたのは先月の話なんですが、ハバロフスクまで流れてくるのに1ヶ月かかったんですか!? さすがは母なる大地、スケールが違うわ……。
 と、感心している場合ではありません。アムール川の水が凍って海に出てくると、流氷になって日本のオホーツク沿岸にまで来てしまうんですけど……。春になって流氷が溶け出すと、浜辺にはベンゼンの芳しいカホリが……。shock
 オホーツク海の冬と言えばタラバガニとスケトウダラ。漁に影響が出ないか心配です。
 かなり薄まっているそうですが、長さ200キロにおよぶベンゼンの流れは気持ちの良いものではありません。気温も低いからなかなか揮発しないだろうし……。アムール川凍ってないだろうな、ちょっと調べてみよう……。

本日のハバロフスク市  天気 曇り
 
最低気温?17℃ 最高気温?15℃

だめぢゃん!

2005年12月20日 (火)

「交響曲 大苦」

 え?、お寒うございます。って言いながら、冬物じゃないスーツにペラいコートだけで歩き回ってる師匠です。確か明日は平成17年度の臭気判定士試験の合格発表で、弟子の成績はまずOKとは判っていても、不安なものです。そういえば、私も『臭気対策アドバイザー』審査を受けなくてはなりません。こっちは実績を基にされますので、これもなかなか厳しいものがあります。

 さて、毎日結構な数の閲覧をしていただいているのですが、googleやyahooのキーワード検索で罠にかかっておいでになる方も少なくありません。『トイレ におい』とか『下水 トラップ』とか『VAS法』とか(おーい。実験はうまくいったのか?)。『人が知らない』って検索で見ていった方がいたけど何を知りたかったんだろ? やっぱり「人が知らない」ことを知りたかったのかな?
 
 そんな中で、『24時間換気 室温or隙間風or寒いorその他…』って検索ワードで来る方が多いです。暮れだけに『歓喜の歌』じゃなくて『寒気な換気の歌声』で念願のマイホームに引っ越した皆さんが震え上がっていらっしゃる様子が伺えます。
 何のための高気密高断熱だったのやら。ただ電気使って暖房効果無くしてるだけにしか思えませんな……。エアコン暖房すれば加湿器を使いたくなるし、何もかも余分なエネルギーを使わなくてはならない状態になっているようです。う?ん。高気密高断熱計画暖房の家の中で石油ストーブ使ちゃう人が出る前に、何とかしなくてはなりませんよ。住宅メーカーさん&空調メーカーさん。ブログ検索システム『テクノラティ』で「24時間換気」って検索すれば「寒い、寒い。寒い?!」の大合唱ですから。
 わざわざ電気使って寒い思いするくらいなら、トイレから排気の第3種換気にしてグッドマン換気口を付けておけば良いのではないかと……。外気が天井に向かって流れるので、サーキュレーター効果も期待できそうですよ。

2005年12月18日 (日)

フリー換気マンションの暖房

 私のところは築30年のマンションですが、24時間換気はしっかり行われています。換気には電気代もかかりません。はい。『すきま風』ってやつですね。何しろ気密性が低いと言うより換気性能の良いサッシですから。部屋の中でしっかり『風上・風下』を観測できます。
 で……。木枯らし吹きすさぶ今日この頃、我が家はどうやって寒さをしのいでいるかと言えば、お風呂と焼酎お湯割りとお鍋です……。いやそれは私だけ……。
 寝室とリビングには能力ありすぎのエアコンが付いてますが、あまり使いません。居候猫を部屋に呼び込むのにベランダ開けはなっておく時ぐらいでしょうか。あとは1kw3段切り替えの電気ストーブ(加湿機能故障)で奥さんがいる周辺を暖める程度。結構これで過ごせてしまいます。
 ベランダの居候猫には山本製粉ポンポコラーメン』の箱にハムスター用ヒーター2個。これに冷え込みがきつそうな夜はホカロンゆたんぽを入れてやります。関係ないですが『ポンポコラーメン』は『マルちゃんダブルラーメン』に並ぶインスタントラーメンの傑作です。

 まあ、一部暖かいから他はいいや……。って感じで何となく冬を越している状態です。風が抜けちゃう場所でひなたぼっこしているようなモノで……(詳細は写真を参照のこと)。
 それじゃお前かえって寒くないか?もう半猫分前に出た方が……。あ?、ちょうどその隙間にお尻がはまるのね……。

2005年12月16日 (金)

孤立霧煙(その1)

 当人にとっては切実で真剣な問題なのだが、周囲には『お騒がせ』としか思われない気の毒なケースもあります。私が日本デオドールに来る前から隣家の臭気についていろいろと相談を持ち込んで来る人がいる。
 数ヶ月前裁判所の調停を受けて和解したはずだったのだが、またお見えになった。来てくれるのは、まあ……。構わないが、アポはとって欲しいな……。何時来ても私がいるとは限らないのだから。
 本来、相談者さんのことをこのようにネタにするのは感心できたことではないが、1時間半も無料で相談を聴いたのだから相談料代わりに使わせてもらおう。私の労賃は結構高いのだから……。

 このお方、隣家のにおいに悩まされて都内を3度も転居している。行く先々で「隣が無許可で一日中メッキの洗浄作業をやっている」そうだ。ご本人は判らないのだが、妹さにんはすぐそのにおいが判るらしい。都内でメッキの下請けってそんなに多かったのか……。
 10年ほど前に臭気測定を頼まれて、うちの臭気判定士が現場まで行って測定を行ったが、「臭気指数17(濃度50)」。
 住宅地で何か事業を行った場合、その作業を行っている建物の周辺で許容される臭気指数は「10(濃度も10)」なので、明らかに違反なのだが。問題は隣家が「ここは住居で、そんな仕事なんてしていません」と言っていること。ただの住宅であれば、役所も排気のにおいを咎めることはできません。
 区役所に相談して環境課の担当者に来てもらいましたが、はたしてその担当さんはにおいを確認できず。もちろん『作業』が行われている様子もなかったそうだ。
 普通ならそれで終わってしまうのですが、治まらないのは苦情を申し立てた方で「担当者があらかじめ向こうに電話とか入れたから作業を止めてしまったのだ!」と怒ってしまい、都の環境局に行ったり区議に直訴したり大騒ぎを始めてしまいました……。

? やっぱり長くなるので続く ?

2005年12月14日 (水)

やっぱり家具でも……

 「家具で化学物質過敏症」 
公害調整委に初の申し立て(共同通信12月13日)

 昨日に続いて……。いつかこう(以下略)。
 因果関係の立証は恐らく可能でしょうね。公害調整委がそれを認めるかどうかはわかりませんが……。認められたら家具業界はちょっと騒がしくなりそうです。『☆☆☆☆(フォースター)』の合板でも、切断面が露出していたり棚板を受ける『ダボ穴』の開口部からはホルム出てきますからねぇ……。そこまで配慮しようと思ったら1980円のカラーボックスなんて店頭から消えてしまいます。

 昨日の記事で紹介したホルムアルデヒドの検知キット『柳沢センサー』の販売元『日本リビング株式会社』に伺っていろいろと話を聞いてきました。やはり、ゼネコン・建材メーカーから非常に多くの問い合わせが来ているらしいです。
 今までは、ホルムアルデヒドを含むシックハウス原因物質の測定には『ガステック社』のかなり大きな測定装置を持って行かなくてはなりませんでした。この柳沢センサーならポケットに入りますので非常に助かります。それにガステックの機械では発生源と室内のホルムの因果関係までは読み取ることが不可能でした。
 柳沢センサーなら素材ごとに貼り付けて行けばいいので因果関係は一目でわかります。それに取り扱いもすごく簡単。何より作業手数料が非常に安くなるのでお客さんの負担も軽くなります。

2005年12月13日 (火)

疾苦ハウス

シックハウスで売り主に賠償命令asahi.com 12/5)

 いつかはこんな事態が起こると思っていました。『対シックハウス』は今や当然のことなのですが、そんな宣伝文句を信用して買ったのに、住人がシックハウス症に苦しんでいる事例も珍しくありません。

私にとってはですけど……。

 この訴訟では、「日本工業規格などの基準の仕様を満たす建材などを使っており、物質の発生メカニズムはわからない」とされて、売り主の故意や過失は否定されて慰謝料請求が退けられていますが、経験のある技術者がちょっと調べればすぐ判ったはずなんですけどね……。
 家の中に測定器持ち込んでも、VOCが基準以下かそれ以上かしか判りません。原告と弁護士さんが専門家を見つけられなかったんだな。故意は別として過失の有無ぐらいは判断できたと思います。もう結審しちゃったから遅いですけど……。

 戸建てなら屋根裏、壁内。マンションならドアや棚板などの建材切断面(これは戸建てでも発生)がまず疑われます。最近ではパッチテストのようなホルム検知キットが発売されていますので、まったく知識がない人でも壁や木材からのホルム発生を調べることができます。もう少し早く発売してくれたら『とくダネ!』の調査でも使えたのですが……。一度に何カ所でも調べることができるのが非常に便利ですね。

 家具類からのVOC発生は別として、どうして『対シックハウス』住宅なのに発症してしまう人が出るのかと言えば

“設計が現場を知らない” “現場でのコスト削減”

が一番大きな問題なのでしょう。これはシックハウス問題に限らず、建設にかかわるトラブルでは必ず指摘される問題なのですが……。


?また長くなりそうなので続く?

2005年12月12日 (月)

「東京ガスから返事がきた」

ゆうべ、『トヨタカップ』を観ていたら国立競技場に雪が舞っていました。多摩地区には来ませんでしたが、あれはサポーターの熱気で都心上空の雲が厚くなったためでしょうかね?

さて。東京ガスの大出さんから質問の返事が来ました。

お世話になっております。
ご質問いただきました件について、確認いたしましたのでご報告いたします。

1.「N社」「H社」「M社」とも同じ条件下での乾燥時間目安を示していますが、これは貴社で行った実験を基にしているからでしょうか?
→弊社の環境試験室で行っています。

※これは予想通りですね。

2.「浴室乾燥モード」において換気はどのように行われているのか。換気モードと乾燥モードの換気風量にはどれくらいの差があるのか。
→メーカーによって違いが有ります。
 松下製(ABD-3305ACSK-M)の場合
 乾燥モード時の換気風量   90m3/h(0?140Pa時)
 換気モード時の換気風量 強:90m3/h(0?140Pa時)で差が0m3/h
                  弱:50m3/h(0?12Pa時)で差が40m3/hになります。

※1坪浴槽ですと(1.6m×1.6m×2.0m)内部空間は5.1立米ですから、毎時90立米の排気を行うと計算上は毎分3.4回浴室の空気が入れ替わることになります。こりゃ換気しながら入っていたら寒いはず。『弱』でも毎分0.8回の換気ですから、やはり寒いことには変わりないでしょうね。(『入浴モード』は後で)
実際にはドアのルーバーなどで抵抗がかかりますから換気量は少ないはずですが、換気量が少ないってコトは乾きも遅くなるってことにもなります。乾燥運転時は別として、換気だけで浴室内を乾かすなら、少しドアを開けておくのが良いでしょう。
 
3.「温度差」について、浴室温度と湯温の差が問題であるとすれば、居室よりも浴室内の温度が高い状態が理想的と考えて良いのか。
→医学的見地になるようですので添付資料をご参考ください。

※『浴室・脱衣室の快適読本』の一部が添付されてきました。寒い浴室で熱いお湯に浸かると、最大30mmHgもの血圧変動が発生するそうです。確かに危険ですね。私も血圧が高くて熱いお湯が好きですから気を付けないと……。

4.読者からの質問に「入浴モード」という呼称がありましたが、カタログには記載がありませんでした。具体的にどのような運転なのでしょうか?
→機器によって「入浴モード」を搭載している機種としていない機種があります。(M社製の一部)
 24時間換気時に入浴する場合、浴室の換気を止めて冷風感を防止することが出来ます。(その間は他室で換気量を調整します。)

※なるほど。浴室換気を停止している間は他の換気扇のパワーを上げて、全体の換気量を変えないわけですね。……ん?これだと『入浴モード』は寒くないはずなんだけど。
これは機械の構造上の問題かも知れませんね。24時間換気機能付きですと、浴室暖房乾燥機そのもので排気を行いますので、浴室から吸わない分をトイレや脱衣室から吸い出そうとする訳ですが、入浴中は脱衣室は閉めきっているでしょうし、トイレも普通ドアが閉まっています。結果として吸い出しの抵抗が大きいものだから、マイコン制御でファンはもっと一生懸命吸って計画排気量のノルマを達成しようとする。すると、浴室の吸気を遮断しているバルブからも少しずつ吸い出しが発生してすきま風が感じられる……。
というような推測ができますが、装置の図面と建物の全体構造を見ないと断定は難しいですね。もしこの通りですと、手動で換気を一切行わないようにでもしないと解決はできませんが、法律上のからみで不可能ではないかという気がします。
riyuさん、もっと東京ガスにきいてみますか?

ご返答が遅くなり大変申し訳ございませんでした。
※大出さん、ご丁寧にありがとうございました。

というわけで。浴室の換気で4回も遊んで書いてしまいました。riyuさん、これを参考にしていろいろ試してみてください。
皆様からのご質問をこれからもお待ちしています。

お風呂だけじゃなく24時間換気で家中寒い気の毒な方のブログを見つけてしまいました。よければご相談ください。
でも、なんか……。住宅空調相談所みたいになってきたな。

2005年12月 9日 (金)

日本縦断におい探し

福岡が終わると、すぐ某住宅メーカーに呼ばれました。今度は東北です。
 新築半年の物件だが、何度補修工事を行っても床下にカビが発生するとのこと。再々再工事で土台の防湿を完了すると、今度はひどいにおいが発生してしまったらしい。
 事務所で現場写真を見てみると、確かにひどいカビ。床下のボード一面に発生している。ただごとではない。凄い湿気が常時なければこんなことにはるはずが……、と……。

私「これ……。ここ、水溜まってませんか?」
メ「いや……、そんなはずは……」(と作業報告を繰る)
私「だって……。ほらこれ、柱にあたった光が反射して写りこんでますよ」
メ「いや……。水があったら報告するはずですけどね……」
私「この凄いカビでしょ、こっちの写真の土台も湿ってるみたいだし……。絶対水入ってますよ…」

今月に入ってまだ晴れたことがない東北の地で、いったい何が起こっているのか?

2005年12月 7日 (水)

そう言えば露天風呂シーンはわざとらしかった……

 今週の『ニューズウィーク日本版』の表紙が映画『SAYURI』のチャン・ツィイーなんですが、表紙で日本を誤訳するアメリカ なぜ、いつまでもゲイシャなのか」と謳っております。しかし誤訳どうのこうのじゃなくて、現在の“ニッポン”を現すモノが何もないからじゃないのか?すぐ壊れるマンション映画にしても誰も感動しないだろうし……。
 これ、ワールドプレミアムの前にアンケート付き試写会を観ました。スピルバーグ監督だと聞いてはいたのですが…。途中でプロデューサーに変わっていたとまでは知りませんでした。映像がまるでリドリースコット。ロブ・マーシャルって監督は、これが2本目だったのですか?日本へのイメージ沸かすのに『ブラック・レイン』観ちゃったのかな? と無用な憶測……。

 それで……、観た後しばらく経って気が付いたのですが。この映画、「におい」が伝わってこないのです。芸者の置屋とか色町の、香気と不潔臭が入り交じったむっとするような空気が感じられない。そこに人が住み暮らしている気配が伝わってきません。『ラストサムライ』でも、まだうっすらにおいを感じ取ることはできたのですが……。CG多用の弊害ってワケじゃなさそうですから、演出と考証が練り込み不足なのでしょうか。
 こんなこと考えるのも恐らく私だけなんでしょうけど。あと、食事のシーンがほとんどなくて物足りなかったな……。酒飲む場面はいっぱいあったけど……。

 さて……、まだ東京ガスから返事がありません……。もしかして困らせてしまったのでしょうか?

 riyuさんに、まだ具体的な解決策をお伝えしていないので、ここらで中間回答(?)を出しておきましょうか。
 riyuさんのお困りの点は「換気モードの違いがはっきり分からない、寒いだけ」と「換気・乾燥モードの正しい使い方は?」の2点でした。ここまで私が集めた資料と聞き及んだ情報を元に考えてみます。
�@浴室換気のモードの違いは、目で見て分かるほどのものではないでしょう。入浴中の浴槽から湯気が立ち上っている状態では運転音の違い位だと思います。いくら換気扇のパワーを上げても、空気が入る場所はドアのルーバーだけですからそう劇的に変わるはずがありません。それに湯気がすぐに消えるほどの風が入ってきたらもう露天風呂です。それこそ寒くて入っていられません。
 東京ガスの基本的な浴室環境の考え方は「居室・脱衣室・浴室の温度差をなくす」のようですので、「寒いと思ったら暖房を」となってしまいます。せっかくの機能を使ってもらいたいでしょうから。しかし、夏場などはどう考えてもムダですね。
 というわけで。
 『ひどく寒い季節でなければ、換気を止めて入浴10分くらい前から浴槽の蓋を開けておく』のが良いのではないかと思います。

�A『乾燥モードを使用しても最低1時間』というのがメーカーの推奨使用法ですね。しかし、これも浴室の構造によっては床が乾かなかったりすることもあるようです。床に水が溜まらない2重床構造ですと、2時間かけても完全な乾燥は難しいのではと思います。
 生活の知恵のような掲示板を見てみますと、乾燥を早くするために壁の水滴をタオルで拭うなど色々やられているようです。私の所は換気扇だけの浴室ですが、3時間程度で床や壁は乾いているようです。しかし、『浴室の完全な乾燥』は無理なのではないでしょうか?
 浴槽のお湯には“風呂水ワンダー”を入れて明日も使いますし、洗濯にも使うかも知れません。完全密閉の風呂蓋なんてありませんから、最低でもお湯が熱い間は水蒸気がチョロチョロ漏れ出します。ボディソープを使うところでは体洗い用のスポンジがたっぷり水を含んだまま置かれています。ヘチマや軽石だって置いてあるかも知れません。温風乾燥1時間半で、これらが全部乾き切るとは、とても思えませんねぇ……。
 というわけで
『中途半端に乾燥モードを使用してその後止めてしまうなら、一晩中換気していた方がまだ効果的』という気がします。

 まあ、この換気も住宅内の気圧低下を引き起こしてしまうのですが、陽光がたっぷり入る窓が広い浴室なんてそう滅多にありませんからねぇ……。家にあったら休日には本持って一日中入ってるだろうな……。

?東京ガスから回答があれば続く?

2005年12月 5日 (月)

「ひょのいち」さんへの回答

 “イエカエル”さんが、『冷え込む日には、「やっぱ新築マンションのほうがいいのかも?」』と書いていましたが、我が家も築30年の年季マンション。エアコンを取り付けるために、後から壁を抜いていました。
 今のところ、エアコン暖房は使わずにいますが……。って言うか、北側の部屋にはエアコンも付けられない。だいたい入居する前は契約電力20A(!)エアコンつけたら他の部屋の照明が使えない有り様。前のヒトはどうやって暮らしてたんだ?
 ちなみに一番贅沢なのはベランダの居候猫。ペットヒーター2個を仕込んだ段ボールの中でぬくぬく寝てます。でも部屋の中に閉じこめられるのは嫌いなようです。
 
 さて、「ひょうのいち」さんがご指摘なさった、『日比谷の優雅な雰囲気をぶち壊しにするバキュームカー臭』ですが。これは“ビルピット”と言う設備がにおいの原因なのですね。最近の大型マンションにもこれはついています。

 事務所ビルや雑居ビル、マンション複合のビルなど。ある程度大きなビルになりますと、トイレやいろいろな排水を一端溜めておく水槽を地下に作ります。何でわざわざ汚水を溜めておくかと言いますと、ビルから出ている下水道管の太さによって下水道料金が変わってしまうかららしいです。全部のトイレが一度に使われた状態を考えて下水管の太さを決めると料金が高くなってしまうそうで、だったら管を最低限の太さにしておいて、溜めておいてからポンプでゆっくり流すようにしてやれば安くすむと……。
 ところが……。そうやって溜めておきますと、元が『あんなモノやこんなモノ』ですから、すぐ腐って『あんなガスやこんなガス』が発生し始めるんですね。それがポンプで汲み上げられて下水道管に「ど?っ」と流れ出すと、汚水が腐ってできたアンモニアやら硫化水素のガスが沸き立ってくるわけです。(うげ?)
 そのガスは近くにある道路のマンホールや道路脇の雨水ますから地上に漏れだしてきて、姿の見えないバキュームカーのカホリとなるわけです。
 
 においが出る原因はわかっていて、何でこうあちこち街中でにおいが出ているのかと言いますと、これが経済的な問題に絡んでいるのです。
 『ビルピットのにおい』は、かなり昔から問題にされていて。あまり溜めこまないようにして下水に流すように、都から指導も出ています。汚水を溜めておく水槽を定期的に掃除して、こまめにポンプ排水を行えば、においはそんなにひどくならないはずですが……。
「景気が悪くてテナントが入らない」

「水道を使わないから汚水が少ない」

「下水へのポンプ排水の回数が減る」

「ガスの発生が多くなる」

「管理費が入らないので汚水槽の掃除回数減らす」

「汚水槽が汚れてガスの発生がさらに多くなる」

「日比谷の優雅な雰囲気が(以下略)」

 という悪臭スパイラルが発生してしまうわけで。これが単独のビルでなら何とかなっても“○番地一帯”のようなブロック全体で発生すると手に負えません。一軒のビルが掃除やバイオ剤でにおいを止めることができても、隣のビルが何の手も打たなかったら意味がないからです。
 ブロック単位で汚水槽のにおい対策を行わないと、気付かないうちにお客様に不快な思いをさせてしまいますよ?。客に避けられるようになる前に、何かやれ?!特に新宿西口?!

2005年12月 1日 (木)

人が知らない大仕事

 ちょいと佐賀県まで行ってきました。順調にマイレージが貯まっている師匠です。焼酎ブームはまだ続いていまして、メジャーメーカーもマイナーメーカーも増産一方なようです。ところが、来年からは『食品リサイクル法』が施行されるので、各メーカーとも今まで単に『産業廃棄物』として業者に処理を任せることが多かった焼酎粕を自社内で何とかしなくてはならなくなりました。
 この工場では液状の焼酎粕を堆肥に混ぜ込み、微生物による消化を利用してほとんど全てを水蒸気と二酸化炭素に変えてしまいます。だから処理工場からは何も出て行きません。家庭用生ごみ処理装置の巨大版ですね。
 ただし。巨大なだけあって、発生する水蒸気やガスも半端な量ではありません。しかも微生物が活動した後のガスですからいろいろとにおい成分を含んでいます。実は「におい+水蒸気たっぷり」というのは、脱臭屋が最も嫌うものなんです。活性炭はすぐびしょびしょ、触媒に通してもすぐ詰まっちゃう。しかもこのような設備は排ガス量も多いから装置は大きくなる。でも生産設備じゃないから予算はあまりかけられない。
 それで、可能な方式を探していくと『液体消臭剤噴霧』しか残らないんですね。


 この装置は、5000倍に希釈して使える特殊な消臭剤を自動的に薄めて吹き続けます。一度補給すれば1ヶ月くらい自動で動き続けることが可能です。お値段600万円なり。
 住宅とぜんぜん関係ないけど、人知れずこんな仕事もやっていたりする……。

 東京ガスからメールで回答が来ましたが……。う?ん……。電話してもうちょっと話してみます……。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック