« フリー換気マンションの暖房 | トップページ | オホーツクの冬の屍者 »

2005年12月20日 (火)

「交響曲 大苦」

 え?、お寒うございます。って言いながら、冬物じゃないスーツにペラいコートだけで歩き回ってる師匠です。確か明日は平成17年度の臭気判定士試験の合格発表で、弟子の成績はまずOKとは判っていても、不安なものです。そういえば、私も『臭気対策アドバイザー』審査を受けなくてはなりません。こっちは実績を基にされますので、これもなかなか厳しいものがあります。

 さて、毎日結構な数の閲覧をしていただいているのですが、googleやyahooのキーワード検索で罠にかかっておいでになる方も少なくありません。『トイレ におい』とか『下水 トラップ』とか『VAS法』とか(おーい。実験はうまくいったのか?)。『人が知らない』って検索で見ていった方がいたけど何を知りたかったんだろ? やっぱり「人が知らない」ことを知りたかったのかな?
 
 そんな中で、『24時間換気 室温or隙間風or寒いorその他…』って検索ワードで来る方が多いです。暮れだけに『歓喜の歌』じゃなくて『寒気な換気の歌声』で念願のマイホームに引っ越した皆さんが震え上がっていらっしゃる様子が伺えます。
 何のための高気密高断熱だったのやら。ただ電気使って暖房効果無くしてるだけにしか思えませんな……。エアコン暖房すれば加湿器を使いたくなるし、何もかも余分なエネルギーを使わなくてはならない状態になっているようです。う?ん。高気密高断熱計画暖房の家の中で石油ストーブ使ちゃう人が出る前に、何とかしなくてはなりませんよ。住宅メーカーさん&空調メーカーさん。ブログ検索システム『テクノラティ』で「24時間換気」って検索すれば「寒い、寒い。寒い?!」の大合唱ですから。
 わざわざ電気使って寒い思いするくらいなら、トイレから排気の第3種換気にしてグッドマン換気口を付けておけば良いのではないかと……。外気が天井に向かって流れるので、サーキュレーター効果も期待できそうですよ。

« フリー換気マンションの暖房 | トップページ | オホーツクの冬の屍者 »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730840

この記事へのトラックバック一覧です: 「交響曲 大苦」:

« フリー換気マンションの暖房 | トップページ | オホーツクの冬の屍者 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック