« リフォームの盲点(書き忘れを書こうとして脱線…) | トップページ | マンション内サバイバル�@ »

2006年1月20日 (金)

リフォームの盲点(続きと……以下略)

 昨日は大脱線したまま、本題にも入れず終わってしまいました……。

 え?。『リフォームの盲点』の肝心なリフォームの件です。「うは?結露」のお宅は、8年前に分譲購入した際にリフォームを行っていました。この時が断熱工事のチャンスだったのですが、単にクロスの張り替えなどを行っただけのようです。内装業者に電話して聞いてみたのですが「床下には何も手を入れず、断熱工事の依頼は受けていない」とのことでした。
 後で奥さんに床や畳の冷たさや、押し入れの結露について相談を受けているそうなのですが、何をやってくれたのかと言うと薄いスタイロフォームを持ってきて床(カーペットの下)や押入(中の表面)に貼ったそうです。無料サービスだったのでそんなことしかできなかったのでしょうけど、これでは何の解決にもなっていません。畳を上げただけで断熱が行われていないことはすぐわかったのだから、断熱工事を勧めるとかして欲しかった。早めに手を打っておけば、こんな『結露大盛りカビマシマシ』にならなくて済んだのに。

 このように。『住宅工事業者』だからといって、全部任せてOKではありません。設計はシックハウスに細心の注意を払っているのに、現場の下請け作業員は無関心だったりする事例は珍しくもありませんし……。
 昔の住宅はそれなりに使い勝手もよくて味もあるのですが、現在とは全く違う考え方で作られていますので、単に格安な中古物件と思って買うといざ住んでみてから大変な思いをします。リフォーム業者を選ぶときに、単なるクロス屋さんではなく住宅関係一式の工事を行う会社を選んで、総合診断を受けてから工事を頼むのがいいでしょうね。
 しかし……。同じ配置の別棟のお宅でも、同じトラブルが発生しているはずなんだが……。よそのお宅は気にならないのかな?
 新型の“ロハス住宅”(Sankei Web)なんて「ここまでやるか?」な状態。これは本当に同じ国の中か? 住宅をクリーンルーム状態にしたら、子供の抵抗力とか一層弱まるんじゃないか?

« リフォームの盲点(書き忘れを書こうとして脱線…) | トップページ | マンション内サバイバル�@ »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730861

この記事へのトラックバック一覧です: リフォームの盲点(続きと……以下略):

« リフォームの盲点(書き忘れを書こうとして脱線…) | トップページ | マンション内サバイバル�@ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック