« 『鑑定』はしない | トップページ | 気にすれば…、やっぱり気になる »

2006年2月28日 (火)

本当に一ヶ月ごと・・・

お久しぶりです。(すいませんこのフレーズかなり愛用させてもらってますshock弟子です。師匠が毎日投稿しているのに一ヶ月毎でしか登場してません。しかも今日も忘れそうでした更にすいません

臭気判定士になり2ヶ月がたとうとしています。これまでは、国家試験について話してきましたが、今回は臭気判定士の基本的な仕事について知っていただこうと思います。私がいつもしている仕事についてです。師匠のこれまでの記事は臭気判定士の言わば応用的な活躍部分なので・・・。

臭気判定士は人間の嗅覚を使ったにおいの測定法(三点比較式臭袋法その臭いをどれだけ薄めれば臭わなくなるかを測る)において、試料の採取・試験の実施・結果のまとめ等の一連作業の管理、統括する責任者です。簡単に言っちゃうと機械を使わず人間の鼻でにおいの濃さを測る、その試験全体の責任者(分かりやすくいえてますかね?)機械でもにおいは測れますが、いろんなにおいが混ざっていたり、いろんな現場の被害感を客観的に捉えるにはこの方法がぴったりですshine

工場や飲食店などはかなり濃いのでこの方法で行ないます。採ってきたにおいを注射器で希釈してパネルと呼ばれる人(嗅覚検査に合格している人)、6人に嗅いでもらいます。統計をとって臭いを数値化します。しかし、住まいでは家全体が犬猫屋敷ぐらい酷い場合でしか、においの採取→測定はしません。原因が分からないことが殆んどで、そうなると現場で師匠が鼻で追っていく他ありません!!!私にもそんなことが出来るようになるのだろうか・・・ん?道のりは相当長そうです。。。

« 『鑑定』はしない | トップページ | 気にすれば…、やっぱり気になる »

臭気判定士のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730927

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に一ヶ月ごと・・・:

« 『鑑定』はしない | トップページ | 気にすれば…、やっぱり気になる »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック