« イヌ裁き | トップページ | 肉を焼くには天の才を必要とする »

2006年3月20日 (月)

凶風波浪警報

 昨日は暴風と言っても大げさじゃない、もの凄い春風でしたねぇ。駅前のコンビニで、風で大きく煽られたドアのガラスが木っ端みじん。幸い怪我人は出ませんでしたが、歩いているだけで危険が襲いかかってくるような一日でした。
 と……、何故か今日は休みなのに投稿モード立ち上げてるし……。このブログほとんど日課になっています。
 で……。暖かくなったものだからそろそろニオイ苦情の芽も出始めてます。『家の中 納豆のにおい』なんて検索がありましたが、これと似た案件扱っています。多分壁の中です。
 『臭気対策アドバイザー』の検索があって、googleの検索結果を見てみると協会と資格関係の掲示板、それと私のところ位しかヒットしない。どう見てもこれはアピール不足だなぁ。少し説明しないと。

 写真は本文とは全然関係なく、すっかり“家ネコ”になってしまったウチの居候。態度でかいです。

 『臭気対策アドバイザー』は、臭気判定士の上乗せ資格みたいなものです。“みたいなもの”ってのは、臭気判定士資格を持っていなくても、10年以上臭気対策の仕事に従事していれば資格審査を受けられるからです。
 何をするのかと言えば、“におい・かおり環境協会”に持ち込まれる少なくないニオイに関する相談や臭気対策の依頼を、協会に代わって行うことです。
 従来ですと協会に持ち込まれた案件は、ほとんどが協会の会員である企業や、臭気判定士にそのまま引き渡されていたのですが、「忙しくて時間が取れませ?ん!」「経験がないのでちょっと……」などと断られてしまうこともあったので、協会が直接動かすことができる技術者を持った方がいいだろうと言うことになりました。
 協会に案件が持ち込まれると、それを『アドバイザー専用サイト』に掲示して、登録しているアドバイザーが応じてくれるのを待つわけです。
 
 アドバイザー試験は、経歴(どれだけの経験を積んだか)審査、論文3題の試験、それから面接。適格不適格を徹底的にふるい分けます。何しろ協会の看板背負って現場に乗り込むのですから、いい加減な人は選べません。今年の合格者発表は24日です。今度は通っていますように、受験費用だって安くないんだから……。

« イヌ裁き | トップページ | 肉を焼くには天の才を必要とする »

臭気判定士のこと」カテゴリの記事

コメント

きれいに「つ」の字に丸まってる…か、かわいい!ネコと暮らしたことがないのでつい感動してしまいました。全く関係のないコメントでごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730943

この記事へのトラックバック一覧です: 凶風波浪警報:

« イヌ裁き | トップページ | 肉を焼くには天の才を必要とする »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック