« 油滴大敵 | トップページ | ミッション・インポータント »

2006年3月 6日 (月)

愚考は時代を超える

え?。
↑と書き出した時は、何を書くか全然考えていないまま投稿画面を立ち上げた証拠です。
『臭気対策アドバイザー』の筆記試験を無事通過しまして、11日に面接です。また土曜日が潰れるな……。ミディアムレアの現場も最終確認に行ってこなくちゃならないし、調査測定展示会に会合なんかの予定がみっしり。やっぱり忙しいぞ。

あんな無粋なモノはどけちまえKEN?Platz日経アーキテクチュア
ってのには私も大賛成です。
川に日光が差さないから、ただでさえ潮の干満で流れにくい川が余計にドブ化する。そもそもあの川の水源は井の頭公園と杉並の善福寺池で、あと妙正寺公園からの水が合流しているけど、どれもたいした水源じゃない。何で雨が降らなくてもどんどん水量が増えるかと言えば、下水処理場からの放流水が入ってくるからなんですね。
 かなり高度に処理されているとは言っても、そのまま飲めるような水じゃありませんので自然の浄化作用に助けてもらわなくちゃいけません……。でも、川岸をコンクリートで固められて、蓋されて日光もあたらないのでは浄化する生物だって増えません。当然ヘドロが溜まってガスも沸く。ちなみに“ヘドロ”は日本語です。
 
 だいたいその『無粋なフタ』である首都高速は機能的にも構造的にも、とっくの昔に限界ぶっち切ってます。そもそも「国民の自動車所有率がこの程度だから、全線2車線で充分だ」なんて将来のこと全く考えないで設計してるし、しかも運転なんかしたこともない人間が用地買収費用のことばっかり考えたものだから、まるでジムカーナコースかジェットコースターみたいな道になってる。
 「利用する人間はたかが知れてるし、我が国の国土は狭いから準狭軌で充分」って輸送効率のことなんか考えもしなかった鉄道省の役人と全然変わらない愚考だ。たしかこの時も用地買収に失敗して、わざわざ海の上に堤防作って汽車を走らせたんだよな。
 ちなみに新幹線や京浜急行、京成線が標準軌。東急世田谷線もそうだな。世田谷線に新幹線車両入れたら、三軒茶屋の駅盛大にはみだして、西太子堂駅越して環七ふさぐかな?どうでもいいけど……。
 さらにどうでも良いことですが、レールの継ぎ目を左右揃えるのはロシア式敷設工事、ヨーロッパ式は継ぎ目の位置をずらします。だから「ガタンゴトン」って衝撃が発生しないんです。

« 油滴大敵 | トップページ | ミッション・インポータント »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730932

この記事へのトラックバック一覧です: 愚考は時代を超える:

« 油滴大敵 | トップページ | ミッション・インポータント »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック