« 飛行機のハイドロプレーン | トップページ | 夜の赤坂 出待ちする »

2006年4月14日 (金)

消費か賞味か吟味する

 焼酎たくさん飲んで帰ってきました。九州は鶏も美味いですね。
 で、その多々ある焼酎メーカーも、皆さん焼酎カスの自社処理で苦労なさっています。何しろ日本酒の酒粕と違って『再利用』って言うか、食べて消費できるシロモノじゃありません。多分蒸留後の残液も混ぜて持ってくるのか、ジャボジャボの液体。しっかりアルコール分も残っているので飲めそうな気がします。
 そんな液を処理するのはもう大変で、脱水して焼却したりバイオに消化させたりするのですが、何しろまだ発酵が続いていますので手早くやらないともの凄いニオイとガスが出てきてしまいます。処理期限3日ってところでしょうか?
 
 期限と言えば賞味期限が切れても気にしないヒトは全体の36%いるそうで(Excite Bit)、頼もしいヒトは結構いらっしゃる。
 私の『変なモノ買いたがり癖』で、我が家には『期限切れ食品』がごろごろあります。生ものでない限り消費期限をあまり気にしないもので。缶詰なんかリミットオーバー+1年くらいのモノでも平気で食べていたりします。何しろ仕事が仕事なので、やたら神経太くなります。
 さすがに『これ』(オットギチャジャンレトルト:リミット2年オーバー)を食べる時はおっかなびっくりでしたが、中身は具が全部融合して味噌だれみたいなモノになっていましたが、完食してもまだ生きてます。

 大学の時から飲食業界でバイトを始め、今では老舗有名パスタ屋の部長になった友人がいまして。バイト時代に『塩で揉む』『酢で洗う』ことで、多少イカれた食材でも使用に耐えると言うことを教わったそうです。
 今では『本部一括仕入れ&センターから半調理品配送』でコストを下げていますが、昔の飲み屋はそうでもしないと利益を上げられなかったのでしょうね?。

« 飛行機のハイドロプレーン | トップページ | 夜の赤坂 出待ちする »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730974

この記事へのトラックバック一覧です: 消費か賞味か吟味する:

« 飛行機のハイドロプレーン | トップページ | 夜の赤坂 出待ちする »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック