« IKEAにIKEN | トップページ | 成層圏なら除湿は不要 »

2006年5月22日 (月)

ネズミチ・コード

 土曜日のまだ朝早く、有楽町駅に降り立ちまして現場へ向かいます。何やら朝っぱらから有楽町マリオンの周辺が騒がしいです。開場はまだずっと後のはずなのにハンディスピーカーで何やら喋っていますが、吹き抜けの中で音量上げても反響するばかりで何を言っているのかさっぱり聞き取れない。
 どうやら『ダビンチ・コード』の公開だってようで。まだ8時半だってのに、マリオン取り巻くように入場待ちの行列ができていました。私は混んだ映画館で必死に席を奪い合うなんてのが大嫌いなので、観たい映画は時間が経って空いた頃に見に行きます。『ダビンチ・コード』は、『イエスの古文書』の映画化だったっけ? 違ったかな? 観ないかもしれない。

 と、行列の脇を通過して。とあるビルの開店前の店舗に入ります。さすがにここには行列している人はいない。
 エアコンからもの凄い臭気が出てくるそうで、たぶん天井裏でネズミが死んでいるのだとは思うのだが、探せる人間がいないそうですが。何となく臭気判定士の仕事っぽくありません。こんなのは消毒屋さんの範疇だと思うのですが……。まあ、もう来てしまったので仕方ない。脚立立ててもらって天井裏。うわ、凄いニオイ……。と……。

何じゃこりゃ!

 何でこんなメチャクチャなコードの敷設になってるんだ? フロアを広く見せるために天井上げてるモノだから、天井とスラブの隙間が7?80センチ程度。ここにどうやって入れと……。
 はあ。入るだけで精一杯で、探すなんて不可能だからニオイで探してもらいたい? だから私はイヌじゃないんだって。やっぱり“にゃぢ”連れて来れば良かった……。
 コード引きちぎらないように慎重に滑り込んでと……。改装に次ぐ改装で、もう人が入れる隙間なんてほとんどありません。それでも入ります。私は何屋なんだ?
 ニオイの漂ってくる方向に見当つけて、直線で行くなんて不可能なので迂回して……。ここ頭から入っていくと身動き取れなくなりそうだから、この場でUターンして……。手足かけられる鉄筋やアングルをいちいち確認しながら、コード類を肘や膝で押さえながら、ほとんど人間業とは思えません。もう中国雑伎団の芸です。あ、ダウンライト抜けちゃった……。
 じりじりと奥へ入ります。戻ってこられるかどうか、市松模様の不安が明滅しっぱなしですが、そんなコトはその時考えるしかありません。あ、ネズミの白骨死体発見。でもこのニオイは、もっと『残ってる』状態を示しています。一応ビニール袋に収容してと。どう考えてもこれは消毒屋の仕事なんだけどな?。

 あ、ネズ道発見ですあたり一面フンだらけ。超音波ネズミ忌避装置、まったく効いていません。電気代のムダです。この辺ニオイも強いですね?、どっかに……。あ、あった。ま?、半分溶けて天井板にくっついちゃって。しかも空調の天井裏エア取り入れ口のまん前じゃないか。こりゃ臭いはず。
 ヘラで引っぺがして、板に残ったネズしみに『バイオC』をたっぷりぶっかけます。
 さて。任務には成功したが、無事脱出できるかどうかが問題だぞ。途中にあったハッチを開けてもらわないと、入ったハッチまで戻るにはまた1時間かかってしまう。ネズミの死体2個持って、こんなところで遭難したくなんかありません。やっぱ、これは臭気判定士の仕事じゃないんですが……。

« IKEAにIKEN | トップページ | 成層圏なら除湿は不要 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731001

この記事へのトラックバック一覧です: ネズミチ・コード:

« IKEAにIKEN | トップページ | 成層圏なら除湿は不要 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック