« ネズミチ・コード | トップページ | 乾燥と感想を間違えたりする »

2006年5月23日 (火)

成層圏なら除湿は不要

……何か、呼ばれたような気がしたのですが? 気のせいか?
 気温も上がってきたことですし、大陸からの低気圧の影響で湿度も上がってまいりました。私の所に検索で来るキーワードを見ても「床下 臭い」「マンション 臭いトラブル」「油脂 ラード どこで」何だこりゃ?
 湿度が上がれば、今まで乾燥していたことによって感じにくかったニオイも鼻腔の粘膜に捕捉されやすくなり、良く嗅覚にキャッチされます。つまり、今までは漂っていても気が付かなかったニオイが判るようになると。

 前にもちょっと書いたのですが。食べ物を飲み込むと、一緒に入った空気の一部が食堂から鼻腔に流れ込んで、食品のニオイ粒子が嗅覚を刺激します。これで初めて食品の『風味』が判別可能となります。だから意図的に鼻への空気流通を止めると、食品の『風味』は全く感じられずに『甘塩酸辛』の4種の味蕾刺激だけで判断することになります。あ、日本だと『旨』が加わって5種、中国ではさらに『苦』が加わって6種ですか?
 しかしこれが嗅覚ほどにはアテにならなくて、体に亜鉛が不足しているともっとアテにならない。もっと豆と海草食べましょうね。食材を除いたソースだけを舐めると、ひどい場合にはクリームシチューとエビチリソースの区別ができない人もいる。
 日曜日にテレビで見たゲームだったのですが、鼻を塞がれた芸人さんたち、目をつぶって小さじにちょっとの“料理”を口に含まされるのですが、見事なくらい外す外す。料理名を外した人は床が抜けて特設プールにダイビング。当然、中は親切きわまる氷水。

 え?と、早速脱線したぞ。昔の日本家屋は、その素材と構造で外気との温度差・湿度差を作りだしてエネルギーを消費せずに、最低限の快適さを提供していました。しかし現代のコンクリートの箱では年中電気やガスを消費しないと暮らしていけない環境になってしまいました。これで空気までボンベで供給すれば、いつでも衛星軌道で暮らせます。会社行くのに毎日大気圏再突入しなくてはいけないのが面倒ですが……。
 でだ……。どう頑張ったところで、外部の湿度がどんどん上昇してきますから。“超気密超高断熱”住宅でない限り、居住空間内の湿度は上がります。超高断熱の場合、外部にはRCC(強化カーボンセラミック)パネルなんか使うと良いかもしれない。住宅ごと大気圏に再突入が可能になります。
 でも、そんな極端な『居住空間内調湿』なんて生活コストの圧迫にしかなりませんから、もっと格安な『てくのろぢー』を用いて対策を行う必要があります。とりあえず新聞紙なんか使ってみましょうか。
 結構な断熱能力・吸湿能力がありまして、バックパッカー(古い用語だ)や熱帯での軍事作戦行動でも使われます。ハムスターのお家のように床にも敷くことができますが、あれは除湿の方法としては非常に良いと思います。まあ、歩くのが大変なのと片付けがもっと大変であることを除けばですが……。

 ?続くらしい?

« ネズミチ・コード | トップページ | 乾燥と感想を間違えたりする »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731002

この記事へのトラックバック一覧です: 成層圏なら除湿は不要:

« ネズミチ・コード | トップページ | 乾燥と感想を間違えたりする »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック