« 寒い国から来たにゃんこ | トップページ | 底国の侵略 »

2006年5月12日 (金)

探知機おけさ

↑ってタイトルの何かを、ず?っと筒井康隆センセイのショートだとばかり思っていたのですが、先日所ジョージの歌だと知りました。さぞ素敵に脱力できる歌でしょう。
 ここにも時々登場している『何でもニオイ探知機』ですが、実は借り物です。借り物の割りにはクサヤとか測ったり、結構遠慮しないで使っていますが、そろそろドック入り整備の時期になってきたようです。住宅の調査依頼もまた増え始めてるし……。18年前に使われた消毒剤のニオイが今でも残ってるって……。

 この『においセンサー』って機械は、半導体の表面に一定量の空気をぶつけて、その中に含まれているニオイ粒子を数える仕組みです。ただし水蒸気なんかも数えるから、表示された数字だけ見ても、それがクサイかどうかは判断できません。
 時々「においセンサーを借りてきて測ってみたのですが、この数値はどうなのでしょう?」と聞かれることがあるのですが、その時の温度とか湿度とか周辺の状態だとか、いろいろな条件を知っていないと責任ある判断は下せません。現場を知らないと、参考程度のデータとしか見ることができません。
 特に揮発性のガスには敏感に反応するから、部屋の中でマジックなんか使っていると、人の鼻では気づかなくてもセンサーの数値はハネ上がってしまいます。ガス漏れ警報機なんかもそれだな
 オナラも腸内で発酵してできたメタンで、立派な可燃性ガスですから当然反応するわな。純度は比較にならないけど都市ガスと一緒だもの。
 そう言えば、夜の海岸でオナラに火を付けて炎の大きさを競う『へもす会』ってのをテレビで見たことがあるけど、今でもやってるのかな? 何でも、『名人』になると長さが1メートルにも及ぶ見事な火炎を噴くそうで、もうサラマンダーですな。

« 寒い国から来たにゃんこ | トップページ | 底国の侵略 »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39730994

この記事へのトラックバック一覧です: 探知機おけさ:

« 寒い国から来たにゃんこ | トップページ | 底国の侵略 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック