« 炭酸陰料 | トップページ | 魔窟探訪 »

2006年6月18日 (日)

ネコと湯気とケムリ

 さて。ようやっと座長報告をメールで送ったので、ようやく休日(の残り)を愉しめそうです。しかしすごい雨だな。“にゃぢ(5kg)”がベランダのテーブルでずっと『雨見』してますが、面白いか?
 天候不順が原因なのか、野菜が高い上に品不足。境のヨーカドーなんか野菜の島を縮小しています。品数が少ないのを気付かせない作戦でしょうか? 豊富に出ているのはタマネギ・ナス・トマト・キノコぐらいでしょうか。これでは『ラタトゥーユ』を作るしかないぞ。
 ってんで、休日の残りは料理をして遊ぶことにして、最近出番がなかった『シャトルシェフ』に登場いただいて、最低の加熱時間で調理をば……。

 あ、調理と言えば『ひろぽん』さんから質問が来ていました。

IHで熱が出ない分、換気扇の効きが悪いというのは
どういう仕組みなんですか?
それから、油煙が下にというのは?
教えてくださりませ。


 はいはい。さっきその実験『室内における調理臭の拡散および残留特性に関する研究』(←学会の案内PDF)についての講演評価を書いたばっかりなんです。
 え?。ご存じだと思いますが、IH調理器(TEPCO)ってのは自分は熱を出さずに鍋の金属を加熱します。だからIHコンロは作れるけど、IHオーブンやIHトースターってのは作れないんでしょうね。
 どうでもいいけど、一般家庭でも200V供給してくれるようになったのか。知らんかった。

 え?、つまりですね。ガスや石油みたいな燃焼するエネルギーを使うのは、実はと?っても効率の悪いコトなんですな。自動車のエンジンなんかでも、石油が持ってるエネルギーの半分程度しか取り出せてない。半分は熱となってムダに空気を暖めてしまうんです。
 これと同じでガスによる調理も、半分くらいはロス熱となって鍋を温めずにそこらの空気を暖めてしまうんですね。
 ありがたいことに熱気ってのは勝手に上に登っていってくれますので、鍋をつかんでいる手が燃え上がるまで溜まることなく、勝手に換気扇のあたりまで退場してくれます。それと一緒に調理のときに発生したニオイなんかも持って行ってくれます。その意味では100%ムダとも言いきれませんな。
 ところが、これがIHクッキングヒーターですと、熱源は鍋そのものと鍋の中身しかありません。そもそもロス熱ってモノが存在しないんですね。IHの電磁波はムダなく調理に消費されるワケだ。でも焦がしちゃったら料理はムダになりますけどね。
 
 つまり。ガスだと100の熱のうち、60ぐらいは素通りして熱による上昇気流を作ります。だから換気扇がなくてフードだけついていてもある程度換気されちゃう。
 ところがIHは100の電気を全部鍋で熱に変換して、余る熱が全然ありません。それだから調理してもお部屋が暑くならないんですね。しかし、そのために上昇気流が比較にならないほど少ない、そうすると調理臭は上に持って行かれないで鍋の周辺に残ります。
 これを同じ性能の換気扇で排気したら、上昇気流のアシストが強いガスの方が良く効くのは当然ですね。IHだともっと吸引力の高い換気扇をつけるか、いっそ低い位置から吸う構造にしないと上手いこと調理のニオイを排気できません。
 でも超強力な換気扇なんかつけた日には、音はうるさいし家の中のモノはみんな吸い出されてしまいます。終いには家の内外裏返っちゃったりする事故が……。
 で……。油煙が下に落ちるのも同じ理屈です。油煙はニオイ粒子よりもの凄く大きな粒子ですから、上昇気流がなければ全く排出されません。学会で発表された大同工業大学と東京電力の共同実験でも、揚げ物を作った実験では、ガスでは検出されない床上50センチ付近のニオイがIHで行った時には検出されています。
 これは油煙が換気扇まで上がって行かないで、床に降りてしまっているのでしょうね。え? どうしたらいいのかって? う?ん……。
 それでは秋葉原に行って“ぁゃιぃファン“を買ってきて……。

 アップしたら、コグレマサトさんが先日のトラックバックのことを記事にしてくれていました。調理油の床用ワックスですか? 滑るだけだからやめた方が良いような気がします……。

« 炭酸陰料 | トップページ | 魔窟探訪 »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

HIのことをあまり知らないので、ひとり「なるほど!」と思いながら読ませていただきました。というとこはHIクッキングヒーターにグリーンハイキは良いコンビということになるのかしら?(グリーンハイキ→http://www.greenhaiki.co.jp/)

この排気システムは住宅関連の展示会で見たことがあります。IHの特性をいち早く読んだ製品ですね。しかし、屋外にでかい出っ張りができてしまうのと、掃除のし難さで敬遠されてしまうのではないかと言う気が……。

師匠なあるほど。よく分かりました。しかし、そのあたり、東電さんはまったく、言ってませんね。都合悪いからでしょうか。ふむ、ふむ、です。

こんにちは! はじめまして。面白いお仕事があるんですね!今、ニオイって、みながすごく気にしていますものね。視力0.1とか1.2というように、ニオイを嗅ぐ力を判定する方法が、私たちにはないから、よけい不安になります。ところで、「室内における調理臭の拡散および残留特性に関する研究」のリンク先が、「Not Found」になっています。見られないのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731051

この記事へのトラックバック一覧です: ネコと湯気とケムリ:

« 炭酸陰料 | トップページ | 魔窟探訪 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック