« 激しく同意元素 | トップページ | 発光するのはホタルイカ »

2006年7月21日 (金)

箱根方面渋滞中 到着まで4日

 江戸時代に湯治に行くってのは結構大変なことで、何しろ全部歩いて行くしか方法はありませんから。どんな風にするか調べてみたら、これが結構面白い。

 まず大家のところに行って、箱根なり草津でしばらく湯治するので留守にする断りを入れます。それから荷物をまとめます。長い逗留だってのに、荷物は身の回りの品と着替え程度で足りちゃう。何でなのかは後で出てきます。
 それから大八車を借りてきて、家財道具や持って行けない衣類なんかは全部質屋に持って行っちゃう。旅費どうのこうのじゃなくて、留守中に火事や泥棒に遭わないために質屋に預かってもらうんですな。まるでトランクルームですね。
 ちなみに現金は最低限しか持たず、皆“切手”にして持参したと言います。江戸時代に“切手”と言えば通行手形を指すのだが、これはトラベラーズチェックみたいなモノかな?

 で、箱根へ向かえば品川が第一宿。川越街道を草津に向かったら板橋かな? 何日かかるか知らないけど、てくてく歩いて温泉に向かう。急ぐことはないし、急いだところで知れてますからのんびりと。
 無事向こうに着いたら宿(湯屋って言ったかな?)をとります。すると主人が帳面を持ってきて滞在中に必要な物を訊いてくる。たばこ盆から箪笥まで何でも貸してくれるシステムになっていたんだそうです。で、頼んで早速湯に入って戻ってくると、お部屋には必要な物が全部しつらえてある。
 調理道具だって貸してくれるから自分で食事を作っても良いし、そんなことしなくても飯やお菜は売りに来る。ものすごーく合理的です。

 明日はまた住宅調査、来週も4件の調査が入ってます。ここの検索も「におい」絡みでやってくる人が急激に増えました。
 やはり……、24時間換気システムで夏のトラブルが発生しているのでしょうか?

« 激しく同意元素 | トップページ | 発光するのはホタルイカ »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731084

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根方面渋滞中 到着まで4日:

« 激しく同意元素 | トップページ | 発光するのはホタルイカ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック