« 昔、政治の仕事に関わることは『井戸塀』と呼ばれた | トップページ | 食事涼法 »

2006年7月 4日 (火)

打つべし。打つべし。打つべし。

 九州の方では大変なことになっていますが、東京は『梅雨どうなったの?』って感じです。ダムの貯水量大丈夫かいな。
 こう暑いと冷房に使う電力消費量も増えてきて、何年か前に猛暑と夏の高校野球が重なったために都内の電力供給が追いつかなくなった出来事を思い出します。今は省エネ機器が増えたから大丈夫かな?
 と思ったらそうでもない。『原油高で事業所が自家発電中止(産経iza)』するところが増えてきたそうで、すでに中規模原発1発…、じゃなくて1基分の電力消費が増えたらしい。原発って新規の建ったっけ? その分の電気はどこから出てきたんだ?
 常々、『安全だって言うなら、何で都内に原発作らないんだ?』と思ってるのですが、中央防波堤処分場が埋まったらそこに原発建てたらどうなんでしょう? ビックサイトから見えちゃいますけど、別に景観がどうのって文句言う人いないだろうし。あ、湯気出るから羽田空港からクレームつくか。
 今朝のコンビニの寒さ、何か別の意味で痛かった。

 で、日曜日にアップしようとして消えちゃった記事。
 以前に書いた『すごい超査』されちゃった横浜の料亭なんですが、調査に先立って床下のパイプなんか切りつめたり、使用してない排水槽のチェックを行うってんで、土曜日の早朝に行って参りまして…。
何が発生するか分かったものじゃありませんから、一応防毒マスクなんかも持って行きました。そしたら……。


たった30分で原因見つけちゃいました



 しかも床下入らないで。
 いや……。何と言ったらいいのか……。一体何しに来たんだ○○○○は? 現場を何も見ないでセンサーだけ動かして帰ったのか?
 調査はまず、『視る・嗅ぐ・観る・考える・もいっかい視る』でどうやったら目的に合った調査ができるかを計画します。この段階で、今回みたいに目的を果たししちゃうこともありますが。
計画ができたら、あとはひたすら『視る・視る・嗅ぐ・嗅ぐ』で情報を集めます。
 関係ないけどイージス艦なんかの防空プログラムは『撃つ・撃つ・見る』です。モサドなんかで使う“タプ・タプ・ショット”をミサイルでもやるわけですな。モサドが使っていたピストルは22口径ショート弾のさらに弱装弾なので、費用がケタ違いですが……。

 で、床下に流入減不明の風が吹くなんて不可解な状態に、連中は気づきもしなかったんだな。換気扇だらけなにの給気口がないことに気が付けば、その時点である程度の状況が理解できたんだが……。え? 床のここ壊して下見るから、次の日曜日に来てくれ?

« 昔、政治の仕事に関わることは『井戸塀』と呼ばれた | トップページ | 食事涼法 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。都内に住む者です。家の臭いについて情報を探していたらここに着きました。失礼を承知で、イキナリ質問さていただきます。コメントいただけたら、非常に有難いです。先月、知人が築19年の分譲賃貸マンションに引っ越しました。入居前の下見ではタバコの残り香があったのですが、この程度なら、抜けるだろうという判断で契約したようです。しかし、入居直前になって、部屋に充満しているのはタバコの臭いとは別の臭いでした。私も何度も足を運んでるんですが、なんというか・・・初めは、ゴム系の臭いかとおもったのですが、そうでもないようだし。とりあえず、壁紙と床(フローリングシート)を重曹水で拭き掃除したり、個人で考え付く者は一通り試したのですが、どうしても臭いが取れません。というか、最初は壁紙が原因だと思っていたんですが、そうではないらしく、今は、いったいどこが臭いの原因なのか判らず、対処方法すら考え付きません。友人は、対抗策で茶香炉で日本茶をあぶってますが、仕事から帰ってくると、もとの臭いで充満しているのが現実です。部屋の臭気の原因を探す、いい方法はないでしょうか?最近では、部屋に帰ると頭が痛くなると言い出す始末・・。健康を害する前に、原因と対策をなんとか見つけたいのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731069

この記事へのトラックバック一覧です: 打つべし。打つべし。打つべし。:

« 昔、政治の仕事に関わることは『井戸塀』と呼ばれた | トップページ | 食事涼法 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック