« 水素畏怨指数 | トップページ | 思い出は資源ゴミ »

2006年7月26日 (水)

ちょっと危険なCO加減

 土曜丑の日期間(?)でございまして、この間の日曜なんかどこに行ってもうなぎだらけでいささか閉口しました。別に嫌いなワケじゃなくて、うなぎは好物です。
 小学生の時でしたでしょうか、うなぎを初めて食べた時に「こんな美味しい魚があったのか」と本当に感動したものです。まあ、札幌でしたから美味しい魚には事欠かなかったはずなのですが、うなぎはやはり別物でしたね。
 山椒が好きになってしまったのも、初めて食べたうなぎがあまりにも美味しかったためかも知れません。しかし、あの頃と比べると今手に入る粉山椒は香りも味も物足りない気がするなあ……。
 うどんと並んで関東関西の対立が激しいのもうなぎですね。割くのは腹側か背中か、蒸して油を落とすことの是非、飯に載せるのかはたまた埋めるのか、などなど。並べるときりがありません。
 そう言えば名古屋の『いば昇』で食べた“ひつまぶし”も絶品でした。フジテレビの春日アナウンサーに教えて貰ったのだと思うのですが、他にもここを薦めてくれた人が多かったので、長い行列に耐えて食べました。女房と二人で3人前、お茶漬けにする余裕もなくあっという間に完食してしまいました。「お茶漬けにしないとだめですよ」と、後で地元の知人に怒られてしまいましたが。
 
 うなぎと言えば、やはり炭火焼きに勝るものはありません。スーパーで発泡スチロールのトレイに乗ったうなぎが美味そうに見えないのは、『焼き』のイメージが伝わってこないからだと思います。まあ、普段はそんなうなぎしか口に出来ないんですけどね……。
 アメリカでは、レンジ焼きしたリブなんかを『炭火焼き』に見せかける“食用灰パウダー”なんてモノを売ってます。レンジで燻製風料理を作ることができる“リキッドスモーク”ってのもありましたが、日本人には『イカ燻製』を連想するだけでちょっと変わった肉料理を楽しめるようなモノではないそうです。
 え?と。それで炭だ。何やら手軽な自逝アイテムとして変に見直されてしまっている木炭練炭ですが、問題なのは一酸化炭素(CO)の発生です。何かを燃やせば多かれ少なかれ発生してしまうガスなのですが、炭が良く燃えている状態では、赤く熾っている内部の火が充分空気に触れることが出来ませんので酸素不足の燃焼となってCOが出やすくなるのですね。石炭なんかでもそうです。
 そう言えば、この間猪苗代で見学した『天鏡閣』は、全室に暖炉が設けられていましたが、構造から見て石炭かコークスを燃やす暖炉だったように見えました。奥行きがなくて、火を乗せる部分が非常に浅い。で、下に格子があって灰が落ちる仕組みになっている。
 木炭で暖炉ってのも冬の福島じゃちょっと心細い気がするし、石炭じゃ煤で部屋が汚れそうだな、やはりコークスかな……。どこに電話して訊いたらいいんだ?
 『夏場もCO中毒事故に注意(Yahoo! 毎日)』だそうです。やれやれ、やっとたどりついたぞ。レストランなんかの厨房で事故が増えているらしいですね。最近のアパートでは部屋の中にガス湯沸かし器など付いていないでしょうから、まあ事故が起こる心配はないでしょうけど。
 以前、製鉄所だったと思うのですが、COが入っている排気を調べたことがありました。現場でちょっと嗅いだだけで「うわ、危なっ!」と思うほどCO的刺激を感じました。COそれ自体は無臭なのですが、酸欠状態での燃焼で同時に出てくる独特のガス臭でそれと判るんです。
 で、そいつを専用のバッグに採ってきて実験室で改めて嗅いでみると、これが不思議なことに臭わない。普通、現場より実験室で嗅いだ方がくさいのですが、これは逆。恐らくニオイのある成分が皆COに反応して無臭になってしまったのだと思いますが、それほどCOの反応はもの凄い。
 こいつを吸いこみますってぇと、血液の中に取りこまれている酸素と片っ端から結合して二酸化炭素を作ります。瞬間的に体中まんべんなく酸欠状態になりますので、ふた呼吸もすればパタッと逝ってしまいます。もし、何となく怪しい状況で人が倒れている現場に出くわしたら、急いで助けに行こうなどと思ってはいけません。慎重にひと呼吸してみて、息苦しかったり変に動悸がするようなら、少なくともそこの空気は酸欠です。救助は諦めて急いで逃げましょう。

« 水素畏怨指数 | トップページ | 思い出は資源ゴミ »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

 臭気判定師匠 私もうなぎ好きです。 ちょっと前からお尋ねしたいとおもっていたことなんですが、白いトレイにのったうなぎを口にしたとき、防臭剤なのか抗菌剤なのか異臭がするのは、私だけでしょうか。あれはなんの臭いなんでしょう。

バトラー先生たぶん。まだ熱い蒲焼きを乗せたために、トレイから“スチレン”と言うガスが出てしまったのではないかと思われます。風味を損なうだけで、シックハウスを発症していない分には害のないレベルだとは思いますが……。それだけで充分害毒か。ドジョウは本所吾妻橋『ひら井』のヌキ鍋が好きです。

 臭気判定師匠 ありがとうございます。 ヌキ鍋、知りませんでした。今度食べに行ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731089

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと危険なCO加減:

» アイツを食べたい! [家とデザイン、ちょっとづつ]
臭気判定師匠とバトラー先生がウナギについて書いてらっしゃいました。
読んでいたら、アイツを無性に食べたくなりました。

私もウナギは大好きです。
が、ドジョウはもっと大好きです。
[続きを読む]

» 薪ストーブ焚いてると空気が澄んでる感じがするけど、実は... [one more thing ...]
 季節外れな話題で恐縮なんですが、薪ストーブのお話です。ウチのメインの暖房器具は薪ストーブで、ほぼ家全体を暖めています。薪ストーブを焚いている時っていうのは、なんとなく空気が澄んでいるような気がしていて、石油ファンヒーターを使っている時のなんとなく... [続きを読む]

« 水素畏怨指数 | トップページ | 思い出は資源ゴミ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック