« 何とイオウか… | トップページ | 激しく同意元素 »

2006年7月19日 (水)

びっくりハウス

 昨日、エントリーを書き上げてからすぐ世田谷は上野毛へ向かいました。築2年の注文住宅。地下1階地上3階。相談の内容は『2階の浴室が臭くて使えない、工事をした工務店の対応が悪い』と言うことだったのですが……。
 浴室のニオイの原因は、何のことはない排水トラップの組み付け不良だったのですが、他にニオイが気になる場所を聞いて行くと、トラブルが出るわ出るわ……。
 “洗面台の排水口から虫が出てくる”“使っていると洗濯機が勝手に移動する”“地下のエレベーター付近で卵の腐ったニオイ”“クローゼットの換気扇がうるさくて使えない”“24時間換気もうるさくて使う気が起こらない”

 この家は地下の天井裏に光触媒機能付き熱交換機が取り付けられています。第1種換気です(図面の上では)。1階には換気システムとは独立した外気の吸気口が付いています。2階と3階は換気システムからの給気だけ……。
 排気は? はあ……。ドアのアンダーカットから出て、階段通って地下の熱交換機が吸うんですか? アンダーカット1ミリしかないんですけど……。ホントにこの24時間換気システム、うまく働くんかいな?
 え? 納戸に換気扇付けさせたら廊下に排気するようにされた? そりゃまあ……、外に排気したら全体の換気計算狂っちゃいますもの……。 だから給気のダンパー閉めちゃいけませんてば……。ほら台所の換気扇回したら、すごい勢いで外気入ってくるでしょ。今までこの分の空気、どこから吸ってたと思います? ちょっと換気システムの取説見せて……。え? ないんですか? ここ、問題多すぎです……。
 大きなジェットバス入れたのに、あんまり浴室が臭いので使わないそうです。こだわりの浴室も、ニオイには勝てません。せめて“キレイな硫化水素”だったら温泉の気分になれるかも知れなかったのに……。

 そう言えば、『自由設計ユニットバス』を選ぶ人が増えている(日経iza)そうで、上下左右同色の樹脂でできた清潔だけが取り柄の浴室に飽きてしまったのでしょうね。最近は外光が入って長い時間ゆっくりと入れる浴室を求めるようになってきたので、モノコック構造みたいな在来ユニットバスでは不満を覚えるのは無理もないことです。
 以前調査したデザイン住宅では、当然浴室は2階。バルコニーを目隠しして、バルコニーに面して大きな窓を設けて、6畳近い脱衣所+洗面+トイレはガラス壁でほとんど素透し。脱衣所に大きなテレビまで置いて、徹底的にくつろぐ浴室にしてありました。どうせだったら、脱衣所に小型の冷蔵庫も置きたいところですな。

« 何とイオウか… | トップページ | 激しく同意元素 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731082

この記事へのトラックバック一覧です: びっくりハウス:

« 何とイオウか… | トップページ | 激しく同意元素 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック