« 三国志の武将ではなく | トップページ | 呼ばれても、返事をしてはいけません »

2006年8月29日 (火)

軽油と重油と、醤油…

 え?。ネタが何にもありません。住宅関係のネタが……。調査はひっきりなしに依頼が来ますが、そうそう面白いのが来るはずもなし……。
 前に『経済は地球を食べる』ってエントリーを書いて、「ダイムラー並の高性能ディーゼルエンジンを日本は作らないのだろうか」と書いたところ、『さむばでぃ』氏に「エンジンの問題じゃなく、日本の軽油に硫黄分が多すぎるからだ」とコメントをいただきました。
 で、そのダイムラー・クライスラーのディーゼルベンツが日本でも発売になってしまいました(産経iza)。果たして日本の燃料でもOKなのでしょうか? サルファフリー軽油は供給充分なのでしょうか?
 非常にどうでもいいことですが、『ダイムラー・クライスラー』を略して『ダイクラ』とか呼んだりしないのでしょうか? ダイナミックなような気がしなくもありません。
 まあ、今年のル・マン24時間でも“アウディR10”(asahi.com)ってディーゼルエンジンのマシンが優勝しましたし、『時代は再びディーゼルに』ってコトでもなさそう……。以前は維持費(燃料)が安いからってことで選ばれていたようですが、今のディーゼルエンジン車は車体が高価。低公害コントロールのための電子制御が大変らしい。だからベンツも一番高い“Eクラス”だけ。

 その昔、アルバイトをしていたガソリンスタンドで、灯油ベンダーにダンプカーで横付けしてきて「おーい! 灯油入れてくれ」なんて怒鳴った無茶な運転手がいましたが、今のエンジンじゃ自殺行為でしょうかね? そう言えば、随分昔石油ショック時代に軽油が供給不足に陥って、トラックなんか軽油にA重油や、しまいにB重油まで混ぜて動かしていたそうですが……。現在のディーゼルは、そんなおおらかなエンジンじゃなくなっていそうです。
 日本で一番古いディーゼルエンジンの機械(発電機とかを除いて)ってのは、銚子のヤマサ醤油に保存されています。ページの下の方。残念ながら今は動かないそうですが。
 『オットーさん』って愛称で呼ばれていたそうで。その名前の通り、初期の単気筒オットーエンジンを積んでいました。当然電装何もナシ。始動は点火栓に火を付けて気筒内に差し込むのですが、点火栓がない時には火のついたタバコを入れてしまうそうです。それで平気で動いていたのだから逞しい。マフラーなんて余計なモノも付いていませんでしたから、可愛い姿に似合わず、もの凄い音をたてて貨車を押していたそうです。

« 三国志の武将ではなく | トップページ | 呼ばれても、返事をしてはいけません »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731124

この記事へのトラックバック一覧です: 軽油と重油と、醤油…:

« 三国志の武将ではなく | トップページ | 呼ばれても、返事をしてはいけません »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック