« 打ち水や犬に曳かれてそこかしこ | トップページ | マイナーと言っても程がある »

2006年8月11日 (金)

強制水冷

 昨日は大学病院の屋上で脱臭装置のメンテナンス作業。直射日光に、ダクトに反射する日光があっちからもこっちからも。まるで日光オーブン。日射病予防で手ぬぐいかぶって、水飲みながらの作業でしたが、お昼過ぎに汗が出なくなりました。体内水切れ(ぎゃ?!)。
 もはや感覚がおかしくなって、昼に冷やし中華じゃなくて熱いラーメン食べてしまいました。塩分も摂っておかなくちゃね。

 その、『冷やし中華』ですが。何で夏だけなんでしょうかね? 韓国冷麺や盛岡冷麺はオールシーズンだってのに。冷麺と言えば、何で『熱い冷麺』ってのはないんだ? 『温麺』ってのは全然違う麺のことだけど。
 別に『冷やし中華を一年中食べたい!』と叫ぶ全冷中ではありませんが、“冷やし中華始めました”の張り紙を目にする度に、淡く疑問を覚えたりする。
 と思ったら、今度はおでんを冷やして食うのか!? なぜ今おでんなのだ? アキバで流行ったからなのか? アキバデパート横の自販機でひっそり売られていたのが、なぜか今や名物になってるけど。何を勘違いしたのか、この間ビックサイトでも売ってたし。
 あれは元々『煮込み田楽』が略されて『おでん』になったと言われているらしいです。田楽ってくらいだから豆腐にミソつけて炙るあれ。好きなんだけど滅多に口にできない。家でやろうとしても、オーブントースターじゃ水が出るだけでちっとも焼けないんだな。あ?、清水寺の『順正』でまた食べたいな?。
 で、この鈴廣さんの冷やしおでん。どうでも良いけど、何かおでんと言うよりキンチャクの中身のように見えるのだが……。あ、餅が入ってないな。あの『キンチャク』ってのは…、『フクロ』って呼ぶところもあるか。まあ、あぶらげに具を入れた種ね。
 “何が入っているかお楽しみ”な種なので、箸で破り開けて食べるのが正しいいただき方だそうです。学生が多い所だとそのままバクッと食べられてしまうので、それじゃぁ面白くないってんで店の主人が中身を牛肉と葱と白滝、つまりすき焼きにしてみたらこれがまた大人気。かくして『キンチャクorフクロ』は、このすき焼きタイプが主流になってしまったとか……。
 ……何でキンチャクの説明なんだ?
 え?と、味噌田楽だろ。やっぱ田楽は炭じゃないと上手く焼けないんでしょうね。平賀源内が大の田楽好きで、自動田楽焼き機ってのを発明ちゃったらしい。串も焦げずに非常に良い具合に焼けたらしいけど、どんな仕掛けだったのか記録が残っていないそうな。メカには凝ったけど、味噌のレシピとか考えなかったのかな? 源内風山椒味噌とか……。
 あ、8匹のイモ軍団に食い荒らされた山椒の木、この季節に反撃の新芽を出しています。イモーズが“強力招来”しちゃうまでに再度食われなかったらこれで山椒味噌です。って、こんな虐待を繰り返してたら枯れてしまうがな……。

 え?と……。今日も激しく脱線しまくってるぞ。で、水分補給しなくちゃいけませんので、帰りに小田急線の駅で1本、駅から事務所に戻る途中でも1本水分を買いまして。ちょっと新製品なんかにも手を出したり。

 酸素入り炭酸飲料って……。何か矛盾と言うか無理があると言うか、シュワシュワ出てる泡はどっちのガスなんだ?

« 打ち水や犬に曳かれてそこかしこ | トップページ | マイナーと言っても程がある »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731106

この記事へのトラックバック一覧です: 強制水冷:

« 打ち水や犬に曳かれてそこかしこ | トップページ | マイナーと言っても程がある »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック