« 「臭気判定士に休日はない」?11へえ | トップページ | モデルハウス症候群 »

2006年8月 8日 (火)

自走式快適スポット発見センサー

 一昨日の夜、あまりに寝苦しいのでエアコンを1時間余計につけていたら、何やら昨日から鼻とノドの具合がよろしくありません。空調の具合ってのは本当に難しいですね。
 引っ越した時に、○トーヨーカドーの家電フロアで部屋の広さだけ伝えてエアコンの選定をして貰ったのですが、どうもオーバースペックっぽい。特に寝室のエアコンはもう1ランク小さくても良かったような気がします。
 リビングはそこそこ広いし、自然に空気が流れるので問題はないのですが、やはり場所によって『冷えムラ』のようなようなものが発生するのは致し方がありません。

 そこで、『自走式快適スポット発見センサー』ですね。これはスタンドアローンで家の中を移動して、その家の中の最も快適な場所を知らせてくれます。多種のセンサーを搭載し、温度だけではなく湿度、適度な空気の流れ、床面の温度まで感知できます。しかも障害物は自動的に回避することが可能、走行はほとんど無音です。
 でも、おさしみや干物があると、センサーが狂うらしく食卓横にやってきて、動かなくなってしまいます。それと、発見した『快適スポット』はセンサーそのものに占領されてしまうので、実用性がぜんぜんありません。

 でかいから、またぐのも大変なんだよな、このセンサー(5kg)。毛が飛ぶし…。こら、耳の後ろ洗うな。あ?、雨が降って来ちゃった。

 洗うと言えば、『トイレ後の手洗いはいかにすべきか(Exicit Bitコネタ)』って話題が出ております。厚生労働省の指導によれば、完全な手洗いには120秒かけるらしいですが。やってられません(きっぱり)。本式に殺菌を行いながら洗うとなったらヒビデン(塩酸クロルヘキシジン)なんか使ってブラシで爪の間までガシガシ洗って、とても2分じゃ済みません。
 しかも、石鹸手洗いを励行していますが、実際のところ菌が減る要因は流水によるものの方が高いらしいです。流水でしっかり手を擦り合わせて洗えば、石鹸はなくてもOKらしい。
 かと言って記事にあるみたいに2?3秒水に触れるだけのような手洗いは、かえって菌が手の皮膚に拡がるだけで無意味どころか有害だそうです。
 アメリカで75%の男性が手を洗わないと書いてありますが、向こうではやたらに手を洗いたがる人間は神経症を疑われてしまうと聞いたような……。かなり以前に見た、保険金目当てで古い金鉱を水没させる事故を仕組んでいたそのオーナーが、外から帰ってくると必ず手を洗う癖を持ったキャラクターでした。
 臭気の実験の際には、判定士はやはり無臭の石鹸で手を洗います。薬品扱いの液体石鹸もありますが、椰子からナテラでも代用できます。これなら脂っ気が付着してても大丈夫だし。あ、でもナテラの原料はパーム油だな……。

« 「臭気判定士に休日はない」?11へえ | トップページ | モデルハウス症候群 »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

我が家にもこのセンサーあります。我が家の場合、枕にもなります(笑)非常にふかふかで気持ちが良いのですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731102

この記事へのトラックバック一覧です: 自走式快適スポット発見センサー:

« 「臭気判定士に休日はない」?11へえ | トップページ | モデルハウス症候群 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック