« いわこでジマ | トップページ | 軽油と重油と、醤油… »

2006年8月28日 (月)

三国志の武将ではなく

 『ソーダ』を漢字で書くと『曹達』となりまして、何やら曹操の親戚筋みたいですが。漢字で書いちゃうと誰も赤や緑の飲み物のことだとは思わない。“炭酸ナトリウム”を指します。その他“水酸化ナトリウム・重炭酸ナトリウム”なんかを含めることもあります。
 先日『天然ソーダで泳いでみたい』ってエントリーを書きましたが、もちろん『曹達』の中じゃ泳ぎたくありません。体が溶けちまいます。実際に曹達の湖水が存在していまして、凄んごい状態になっています。(google航空写真)アフリカの大地溝帯はタンザニアにある“ナトロン湖”でして、“ナトロン”ってのがずばり天然曹達のことです。
 写真上の方に普通の湖がありますが、色の違いが一目瞭然。これはソーダの色じゃなくて植物性プランクトンの色だそうです。この辺にはこのもの凄い色のプランクトンを好んで食べる鳥が生息していまして、羽根の色がプランクトン色に染まってしまうそうです。ご存じのフラミンゴですな。
 最近は工業廃水が流れ込んで来るので、ナクル湖って言うもう一個の曹達湖が完全に死の湖になってしまったらしいです。ナトロン湖は都市から離れてるのでまだ汚染されていないらしい。

 何でまた『ソーダ』かって言うと、昨日重曹の大袋を買ってきてお風呂の掃除をしたからで。これだけたっぷりあると、いろいろ悪戯もできますな。何とクエン酸の大袋も売ってたから、泳ぐのは無理にしてもソーダー水の風呂には入れます。
 ソーダブレッドなんてのにも挑戦してみたいモノです。あれは、粉を練るときにサワークリームやヨーグルトを使い、その乳酸が重曹に反応して二酸化炭素を出すんですな。そう言えば粉を炭酸水で練って、熱湯で茹で上げるなんてパンもどこかの国にありました。
 かように炭酸の効用はいろいろにありますが、「ラムネがコレラに効く(産経iza)」とは知らなかった。都市伝説っぽい話ですが、新聞がウソ報じちゃったのだから世話はない。もっとも、『毎○の誤報』と『○売の勇み足』ってのは報道業界では有名だそうです。

« いわこでジマ | トップページ | 軽油と重油と、醤油… »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731123

この記事へのトラックバック一覧です: 三国志の武将ではなく:

« いわこでジマ | トップページ | 軽油と重油と、醤油… »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック