« 風情を醸せば電気は余る | トップページ | とんでも雪隠 »

2006年9月26日 (火)

Paradise lost

 先日、たぶん日曜だったと思うのですが、私が使う駅前で『○○ちゃんを助けて』と言う名目の募金運動が行われておりました。ボランティアなのでしょうが、結構な人数が横断幕を持ったり募金箱で通行人に呼びかけたり、見ればすぐ近くにあるヨーカドーの前でもやっている。
 幼い女の子が心臓移植手術を受けるための資金集めだったのですが、妙な違和感を感じました。横断幕も、そしてあちこちに立っている幟も手作りではなく、明らかに業者に注文して作らせたもの。
 まあ最近はハンズやユザワヤなんかでも作ってくれますが、それは良いとして。どうにも、必死さと言うか切実さが感じられない。熱意が伝わってこないのですね。これが。
 そこ持ってきて。業者製幟があるものだから、何かしら不審を覚えさせる。と言ってしまうのは大げさですが、何か落ち着かないモノがある。はっきり言ってしまえば。

後ろ盾はNGOですよね? それとも、もしかして宗教団体?

 幟や横断幕を注文する資金と時間の余裕があるのに、一般市民に寄付を募るのか? まあ、そんな金額なんて手術費用に比べたら微々たるモノだけど、それにしてもボランティアが妙に醒めてる雰囲気が募金の実情にふさわしくない。非常?に『らしくない』

 『らしくない』と言えば、非常に作家らしくないコトを言い出した人がいまして、楽園の島で子猫を投げ殺したあのヒト(J-CASTニュース)。

「ペットに避妊手術を施して『これこそ正義』と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。」(J-CAST:毎日新聞)

『言論弾圧』って何のことだ?


 非難されているのはあなたの書いた文章ではなく、あなたの行いなのですが。それともあのコラムはあなたの純粋な創作であって、『このお話は架空であり、登場する人物や組織は実在しません』だったのですか?
 それに、産まれたばかりの子猫を母猫の目の前で殺すのが虐待にあたらないなら、あなたの考える『虐待』ってのはどんなモノなんでしょうか。それとも子猫を死なせるのはどこだかの宗教家が唱えていた『ポア』ってヤツで、正しい行いだとお考えですか?
 あのエッセーを『誤解されて伝わっている』と仰ってるくらいですから、そのようにお考えであると受け取りますが。

 ところでJ?CASTさん。主要ポリネシア動物愛護協会副会長さんのコメント、変なんですが。

「この閣議決定がマスコミに広く報道されたとしても、彼女のことをポリネシアで語ることなどないほどに、私たちの願いは正義によって十分かなえられるでしょう。とても良かった」

 何ですかこの直訳迷調子は。自動翻訳?

« 風情を醸せば電気は余る | トップページ | とんでも雪隠 »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731152

この記事へのトラックバック一覧です: Paradise lost:

« 風情を醸せば電気は余る | トップページ | とんでも雪隠 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック