« まさかの時の阻塞気球 | トップページ | ケチャッパーは健康派? »

2006年10月13日 (金)

世界ミソつけ選手権

 やっぱり北朝鮮の核爆弾、失敗していたようです(Technobahn)。放射性物質が漏れ出さないほどショボい爆発だったってコトでしょうか。何にせよめでたい。テポドンの技術者も核兵器技術者も収容所行きでしょうから、これでまた技術開発が遅れると……。
 「核実験に成功したと発表しました」と、政府のスポークスマンみたいに繰り返し報じていた某放送協会の中の人がどう報じるのか、意地悪に楽しみにしていたりします。
 この調子なら慌てて核シェルターを買わなくてもよさそうですね。ショボい核爆弾にはショボい備えってコトで、味噌を見直すのはどうでしょうか? ヨウ素やセシウムの除去作用があるそうです(amebaニュース)。
 醤油に続いて、味噌もようやく世界に進出し始めたようで(産経iza)、『ガン予防』『老化の抑制』なんて効果が注目されているようです。やっぱ酵素の力は偉大だな。

 あ。だからって、その辺のスーパーで売ってる安い味噌買ってこないように。マスプロで作られた味噌ってのは発酵促進して大量に作られているから効果薄いかもよ。
 良い味噌かどうかは、炙ってやればすぐ判る。割り箸に薄?く味噌なすりつけて、ガスの火に横から近づける。何で火の上にかざさないかって言うと、すぐ焦げちゃうしガスのニオイがつくから。箸を焦がさないように味噌だけ輻射熱でこんがり炙る。色が変わってうっすら焦げ目がついたら、箸からこそげて舐めてみる。
 香ばしくて、口の中に旨味が拡がるのが昔ながらの製法で作った“良い味噌”、そうでない味噌はいがらっぽい塩味だけで、旨味なんか飛んじゃってます。自然な旨味こそが酵素たっぷりの証拠なのですね。
 「ミソをつける」とか「ミソっかす」とか「手前ミソ」なんて、あまり良い用語として使われることがない味噌ですが、これからどんどん好感度をあげて「ミソを上げて」ほしいところ。
 で、『ミソつけまくり』なボクサーがまた何か言って、やっぱり叩かれてますが……。(共にlivedoorニュース)
 ここ一番の勝負に舌鋒で敵を威嚇するのは良いが、ボクサーが普段べらべら喋るモノじゃない。しかもこんなエピソードは外から伝わってこそ心にしみるのに、評判の悪い本人がダラダラ語ってもしらけるだけだ。

 威勢は良くてもキャラが弱いんだから、口閉じてヘヴィバッグでも叩いていなさい。

« まさかの時の阻塞気球 | トップページ | ケチャッパーは健康派? »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731226

この記事へのトラックバック一覧です: 世界ミソつけ選手権:

« まさかの時の阻塞気球 | トップページ | ケチャッパーは健康派? »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック