« イヤな羊羹 | トップページ | 業務上加湿知至 »

2006年11月13日 (月)

黄色い(シーツの)潜水艦

 相変わらず出社は7時前でございまして。家を出る時は、まだ日が出ていません。これがも少しすると、星が見えてたりするんだよな……。
 昨日、吉祥寺に出るのにTシャツに綿のシャツだけでいたら、さすがにちょっと寒かったです。“木枯らし壱号”が吹いたと、出かける前のニュースで知ってはいたのですが。もうコートやダウン着ている人を見て『おお、冬になってしまった』と実感。自分はまだ秋に入ったばかりの格好でしたが。カウチンどこに入れてあったかな……。

 土曜日でしたか、大阪の方で『広域ガス漏れかな?』な事件が起こりまして。あれは産廃処理場が焼却しようとしていた“メチルメルカプタン”を漏らしてしまったのですが。そのメチルメルカプタン、小数点の下にゼロ4個ppmの濃度でニオイが判っちゃうくらい臭い。
 その昔。有楽町に都の公害研究所があった頃に、実験室でメチルメルカプタン試薬をうっかりちょっと零しまして、すぐに洗浄して処理したのですが。そのニオイが実験室から漏れだして、近所の映画館でガス漏れと勘違いされて騒ぎになったそうです。
 試薬を零した本人は、鼻がマヒしちゃってるモノだからそんな騒動になるなんて思いもしなかったのでしょうが。それほどスゴいニオイ。
 『鼻がマヒする』ってのは良くあることで、代表的なところではニンニク。食べた本人はどうってコトないのですが、そうでないヒトは傍にも寄りたくない激臭って状態は良くあります。

 自衛隊の潜水艦乗組員もそんな状態だそうで(asahi.com)、第二次大戦中の伊号潜水艦とあまり変わってないような感じだな。2・3日に一度着替えとシャワー使えるだけマシか。
 加えて潜水艦には『人肌ベッド』ってイヤなモノがありまして。航行中は24時間3交代制で艦を動かしますもので、ベッドは3人で使い回します。誰かが起きたら、すぐ誰かが寝ると……。
 自衛隊のディーゼル潜水艦より作戦期間の長いアメリカの原潜じゃ、ニオイの話聞かなかったな……。ヤンキーだから、あまり気にしないのか? それとも消臭剤ムンムンなんだろうか。

« イヤな羊羹 | トップページ | 業務上加湿知至 »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731260

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い(シーツの)潜水艦:

« イヤな羊羹 | トップページ | 業務上加湿知至 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック