« 沈黙の歓待 | トップページ | 王立地中軍 »

2006年11月17日 (金)

ケロシン・ヌーヴォー

 昨日。帰宅の途中で、いつものように小田急地下に寄り道を……。あらら、イベントコーナーが“本日解禁仏蘭西葡萄新酒”のお祭りに。仕事帰りのOLさんたちが群がって試飲しまくっております。
 せっかくだから私もちょいと割り込んで……。貰うまでに数分かかりましたが……、うん。『薄い・きつい・ペラい』。確かに新酒だ。以上。
 一番高いのが3800円だか……。

ゼロ1個多くないか?


※写真はイメージです。イトーヨーカドーに見えるのは気のせい


 早い以外何の取り柄もない水みたいな新酒が寝かせたレギュラーと同じ値段って、みんな変だと思わないのか? これほとんど航空運賃だと思うのだが。ジェット燃料飲んでるようなモノだぞ。
 ウチの常備安ワイン(3リットル1600円)の方が、よほど値打ちあると思うのだが。これだって現地イタリアで買ったらリッター150円ってところなんだろうな。だいたい、イタリアやスペインからタンクローリーで運んでくるのが『水より安い』ってフランスのワインなのだから。
 でも最近はチリあたりからの輸入が増えて、ヨーロッパ地物は高級品になってきたらしいけど……。
 しかし……。あの味も素っ気もない新酒で何を食べたら良いんだろ? デザートワインにもならないし、何に合わせても負けるな……。いっそ本当に水代わりとか。まともな食事に合わせることは諦めてこんなジャンクフードとか……。

 で、またまた中華潜水艦。“iza”の“主張”で『中国潜水艦の意図と能力を知り備えを』って言ってますが、それを知るには米ソ冷戦時代に行われていた『静謐な海中鬼ごっこ』を何日も続ける必要があるのだが、海自にできるのかな?
 双方の戦略核ミサイルを積んだ『ミサイル原潜』がどこにいるのか探し回る『攻撃型原潜』を追い回して追い払う『攻撃型原潜』。太平洋と大西洋の海中で、米ソはず???っと、この世にも金がかかった鬼ごっことかくれんぼをやっていました。
 今は旧ソ連の原潜は、錆びてあっちこっちの港の中に放射能漏らしているらしいですけど。今度は米中で海中鬼ごっこやってるワケだ。
 今度のことで米潜水艦隊は絶対ムキになってるだろうけど。中国海軍って、あんまたいした艦艇持ってないんな、これが。
 第7艦隊がどうやって『しっぺ返し』するのか、無責任に楽しみにしていたり……。

« 沈黙の歓待 | トップページ | 王立地中軍 »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731264

この記事へのトラックバック一覧です: ケロシン・ヌーヴォー:

« 沈黙の歓待 | トップページ | 王立地中軍 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック