« ぼたん雪 炭火眺めて暖を取る | トップページ | 街ヲ綺麗ニ ポイ捨テスルナ »

2006年12月16日 (土)

二升二斗五合

 珍しく、午後になってからの記事アップですが……。さっき世田谷から戻って参りました。『世田谷ロボ市』でして、中古の産業用から再生産されたフライデーとか、果てはモルグと呼ばれるジャンクパーツまで……。違う。

 え?。いつものコトで、余計なモノが写っていますが、気にしないでください。午前10時、会場1時間ですでにこの人出です。

 暮れのボロ市と言えば、やはりこの光景です。神棚大安売り。もちろん『中身』は買った人が自分で戴いてきます。

 昨日ちょっと書いた直火で燗をつける入れ物、『火燗』と呼ぶのですな。

 火鉢がありました。大福帳とセットで金一分ですか? ところで、その、お寺の仏壇から引っこ抜いてきたようなモノは何?

 このような『ぁゃιぃ』モノも……。豆エロ本か?

 これは木炭炬燵の『中身』ですな。これに布団をかぶせて、昔は天板使わなかったのかな?

 あ。ありました。手あぶり火鉢です。灰も五徳も火箸も付いて五千円。安いんだか高いんだかさっぱり判りません。欲しいところではありますが、如何せん重い……。とても提げて持って帰ろうと思わないほど重い。本体はムクの木ですから。最近はこんなミニ火鉢セットもあるらしいです(ささら無案サイト)。

 あの……。これも、火鉢なんですか? お昼が近づくに従って、もの凄い人の数です。もう歩けません。四分の一を見残してるけど撤収?。

 収穫。戦争中の写真雑誌。一冊500円。ちなみに当時の価格は十銭。

« ぼたん雪 炭火眺めて暖を取る | トップページ | 街ヲ綺麗ニ ポイ捨テスルナ »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

先生年々混雑度が増しているような気がします。以前、ボロ市通り沿い、市を見下ろすマンションに住んでいたのですが、その当時でも怖くて外に出られないような状況でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731297

この記事へのトラックバック一覧です: 二升二斗五合:

« ぼたん雪 炭火眺めて暖を取る | トップページ | 街ヲ綺麗ニ ポイ捨テスルナ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック