« “米国”だけどアメリカじゃない | トップページ | “缶詰め”の家 »

2006年12月26日 (火)

樅の木や 雪を落とされ松飾り

 街の電飾が取り払われまして、慌ただしく松飾りと交換される日ですが……。生憎と雨ですな。
 気が早いところでは20日あたりからクリスマス突破して、いきなり注連飾りまで到達しているお店もありましたが、こちらは「メリークリスマス」とは言わないのでしょうな……。あら、リンク貼ろうと思ったら、izaがメンテちうだ。
 大学時代の友人に、家が『某学会』なヒトがいまして。小学校まではクリスマスはあったそうですが、小学校を卒業して以降は一切禁止となったそうです。子供思いかそれとも妥協か。
 「メリークリスマス」と言って良いのかどうか非常にあやふやなアメリカでは、8割の成人が天使を信じてらっしゃるそうです(livedoor)。6割の子を持つヒトはサンタを『欠かせない存在』と思っている。「言うこと聞かないとプレゼント貰えなくなるよ!」って脅し文句が使えなくなるからだな。
 翻って、現在の日本人が『神』を信じているかどうってのは非常?にあやふやなところで。初詣で明治神宮に○○万人の参拝客が訪れたとしても、そのうち何割が信じて手を合わせているのやら。御利益が欲しいから拝むってのは人間に対してもやる行動だわな。
 最近ではネット参拝ってのもありますが(J-CAST)。光や電気信号で本当に神様に繋がるのか、それとも繋いだパソコンまで降りていらっしゃるのか。その辺説明してほしかったりする。そう言えば、悪事がバレないようにファックスで請願かけた大罰当たりがいたな……。
 神様においで頂く『勧請』ってのがありまして。全く新しく神社を建てる時にはどっかから神様にお越し願わなくちゃいけませんので、作法に則ってどこぞの大きな神社から来て頂きます。そんな感じで、神様をデジタル高速勧請してるのか、それともパソコン媒体で人間が神様接続モードに入るのか。これが本当の『光接続』ってか? でも接続だったらわざわざパソコンに頼ることもないと思うのだが……。ちなみに、神様との通話は無料です。自分でする限りですが……。

 え?と……。いかん。また現場にたどり着かないぞ。

 いきなり床下に潜入しています。
何しろ昔は“汲み取り”だった古い戸建てですので、下は土です。ここんとこ『○○ハウスの家作り』みたいなキレイな床下ばかり見慣れておりましたので、羽目板外して土が見えるとちょっとしたカルチャーショックみたいなものを感じたりします。
 そんなコトより、メチャクチャ狭いんですが……。入って、出て来られるんかいな?
 こんな場所から出入りするしかないなら、“ぁゃιぃコンクリート塊”に出くわす心配はなさそうです。しかし、カマドウマの大群に遭遇しないか非常に心配なところではあります。なにしろ殺虫剤の用意なんかしていません。どうなる、臭気判定士の石川さん。

 ?続く?

« “米国”だけどアメリカじゃない | トップページ | “缶詰め”の家 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731308

この記事へのトラックバック一覧です: 樅の木や 雪を落とされ松飾り:

» 信じる者は救われるのか [黄昏ミニヨン想録堂]
 先の記事関連のBlogを見ていた所、ネット参拝の是非が問われていた。
[続きを読む]

« “米国”だけどアメリカじゃない | トップページ | “缶詰め”の家 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック