« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

漏電すると情報も漏れるのか?

 すっかり忘れていましたが、『PLC』が12月の初めに発売されていたのですな(livedoor)。コンセントにPLCアダプターを繋げば、トイレでもお風呂場でも(※危険ですからやらないでください)ネットに接続可能です。感電したら脳に情報ダウンロードされてたりして。

 お風呂で危険なコトしたい人にはヤバいこと専用のアヒルがありますので、それ抱いて逝ってください(なぜか18歳未満不可らしい)。三相プラグなんで日本のコンセントじゃ使えませんが、プラグ付け替えたら単相100Vでも充分楽しめ逝けるのではないかと思います。

 え?と、関係なかった……。二部屋分で二万円か……。私と女房の部屋と、あとリビングのルーターだがらターミナルアダプターを1台追加して3万くらいでLANケーブル追放できるんだな……。どのみちウチの回線あんまり速くないから、ダメ元で試してみるか。お昼にちょっとビックカメラ行って見てこよう……。問題はコンセントだな。

足踏みて 人に額ずく初不動

高幡不動尊へ詣でるには、立川から多摩モノレールに乗り換えます。何か、どこぞへ詣でるためには必ず立川を通過しているような気がしますが……。どこぞにダキニ天でもおわしますのでしょうか?

 多摩モノレールはいつ雪が降っても良いように、除雪機付けています。もしかすると『霜取り』かも知れません。中央線には『霜取りパンタ付』車両があるくらいですから。『銀色』には付いてないけど、大丈夫なのか?

 え?。いつものことで、余計なモノが映ってますが、気にしないでください。“初不動”だそうで、すごい人です。「のうまく さんまんだ ばざらだんかん 」(あるでないで)

 おや懐かしい。ハッカパイプ屋なんて最近あまり見かけなくなりました。青いF?104(ジェット機)なんて、一体何十年前の品物なんでしょ? 買っておけば良かったな。

 青梅と並んでここは有名な『だるま市』ですな。景気の良いことで。バブルの頃はどんなだったか知りたかったり。直径2mのだるまがぼんぼん売れた……。はずはないな。眉とヒゲをやたら長く描いただるまもありましたが、あれは『達磨』じゃなくて『ボダーイ・ダルマ』だったのでしょうか?
 最近のダルマさんはカラフルになっておりまして、黄色やらピンクやら。黒いのもありまして、何と効能は『ストーカー除け』だそうな。

 人混みで『稚児行列』なんて見えやしません。僧正様だけはよく見えましたけど。

 やってきた目的がこれ↑。女房がその昔買ってもらったきり、どこへ行っても見かけなくなってしまった正月飾りです。境内の隅っこでひっそり商っていました。廃れつつある風習なのでしょうか。

 『おたから』と呼ぶそうです。北海道の実家では旧正月の飾りでした、つまり1月と2月に正月があったのですな。まあ、こんなに豪華じゃありませんでしたけど。
 木の枝に“まゆ玉”やら小判の飾りをくっつけて、『サイコロキャラメル』や、なぜか『ガーナミルク』までぶら下がっていました。あれは何かへのお供えでもあったのか?

2007年1月30日 (火)

韋駄天Vistaを心で往く

 昨夜9時前の秋葉原ヨドバシ前です。

 確か、『何か』売りに出されるって聞いたのですが……。あんま人気ないみたいですね。面白くないのかな? 大阪梅田のヨドバシ前にも、誰?もいないそうです(GiGAZINE)。
 人が押しかけたのは有楽町ヨドバシだけだって言うから(iza)、何とかってソフトよりイベント見に来たってのがホントじゃないのか(ITmedia)? ああ、アキバは皆ツクモに行ってたのね(livedoor)。
 
 昔はね?“パソコンを使う”ってのは、それはそれは大変なことでございました。電源入れたって白黒画面にカーソルが点滅してるだけなんだもの。何かやらせるにはプログラムを買ってきて走らせるか、自分で打ち込まなくちゃいけない。
 「音楽聞きたかったら楽譜買ってきて自分で演奏する」みたいな状態で、『それができる』ってこと自体結構すごいことでした。
 何せ『OS』ってモノが登場する前、NECの『PC?8801』やシャープ『X?1tubo』なんかを知ってる世代ですのもで……。昔は、真っ黒い画面にひたすらひたすらひたすら…(以下略)、呪文みたいな長???いコマンドを打ち込んで作動(だいたいエラーする)させていたのです。
 ソフトなんかも『5インチ』ってでかくてペラいディスクだったり、カセットテープだったり……。そう言えば『MSX』の『アウトロイド』と『レリクス』まだ持ってるな。SONYの『MSX2』もどっかのダンボールに入ってるはずだな。骨董品で売れないかな?

 それにしても、面倒くさいからOS書き換えるなんてやりたくないな?。XPで不便感じないもの。従ってハード買い換えるまで縁はないでしょう。
 それはそうと、韓国の検索サイトからアクセスが来てるのですが。何なんでしょう?

2007年1月29日 (月)

犬に羊毛を着せるな

 ぼやきばっかで1回書き潰してしまったので、本日2回目の記事になってしまいました。この件についての苦情は関テレにお願いします。
 え?と。ひさびさに質問をいただきました。

『くまった』さんから
どこで質問したらいいのかわからないので、コチラから
質問エントリーさせてもらってよろしいでしょうか?
オークションで買ったジャケットが大変「犬臭い」のですが
どうしたらいいでしょうか?
ちなみにクリーニングに出してもダメでした λ....
その後ファ○リーズしまくって、2、3日放置しましたが駄目です・・・・
現在、エマールにでも、三日ぐらいつけておいてみようかと考え中ですが、
他にいい方法あったらご教授願いたいです。
よろしくお願いしますm( __ __ )m


 『犬臭い』と言えば、以前にこんな記事を書きましたが。そこのお宅が出品したのでない限り、やたらめったら犬臭くなることは考えられませんねぇ。
ちょっと考えられる原因をピックアップしますと。

1.本当に犬の臭いが付いている
2.未脱脂のウール製品である
3.犬の毛で編んだ製品である

 『犬毛』なんて聞いたことありませんから、たぶん『3』はないと思いますが。
まず『1』ですが、オークションマナーでアレルギーの人が落札しないように『猫を飼っています』なんて断り書きをするくらいですから、犬の臭いが付いてしまうほど多頭飼いをしていれば何か断りを入れるはずです。室内犬の臭いが付いたってのは考えにくいですが。
 もし、あとから付いてしまった臭いで、クリーニングでも取れなかった場合には。ダメもとで、思い切って陽にあててみてください。日光の消臭能力ってのはなかなかバカにできません。
 それから。花王の『リセッシュ』P&Gの『ファブリーズ』などは、表面を濡らすほどでは効果が出ない場合があります。裏表から吹きかけて、全体がしっとり湿ってしまうほどかけてよ?やっと効く場合があります。

 それでもまだ臭いが取れなかったら、そのジャケットは『未脱脂のウール』でできているものです。未脱脂ウールってのは、刈り取ったら最低限の洗浄だけしか行わずに毛糸にしたものです。ですから、羊の皮脂なんかはほとんど残ってます。
 何でそんな製品作るのかって言うと、撥水性と防寒性能が段違いに高いから。有名どころでは『元祖フィッシャーマンズセーター』の『アランセーター』とか、『アイスランドウールセーター』とかがあります。『カウチン』も未脱脂ウールですね。私もカウチン1着持ってますが、あれ着ると、中はTシャツ1枚でも充分です。ただし見ている周囲の人が寒がります。あれも確かに独特の臭いがありますが、私はあまり気にならないです。

 で……。能書きが長くなってしまいましたが、臭い対策。
 え?とですね。未脱脂ウール製品の臭いは、消す方法がありません。臭いの元取り除いたら脱脂ウールになって性能ガタ落ちです。羊の脂が残っててナンボの物ですから、どうにもならない。オゾンに半日も晒せばたぶん消えるとは思いますが、ウールがどうなるのか、やったことがないので判りません。
 以前に自分のPコートをクリーニングに出すのが面倒くさいのでオゾンをかけてみましたが、汗くさい臭いとかはしっかり消えましたけどね。
 ご家庭にオゾン発散器があるのでしたら、ジャケットがすっぽり入るビニール袋に入れて、空気もたっぷり入れて、その中にオゾン発生器を入れてみましょう。もしかすると消えるかも知れません。ジャケットが傷む恐れがあることは承知してください。
 安全策ならクローゼットにそれ一着だけ吊して、オゾンの機械を置いて半日くらい放置。でも、脂はそのまま残っていますので、しばらく経つとまた出てくると思います。

 も少し安全な方法。え?と、ケモノ臭か……。ローズマリーかコリアンダー。う?ん、無難なところでミントかな。乾燥ハーブを買ってきて、ジャケットと一緒にビニール袋に入れて放置。ラムやマトンの合いモノですから、たぶん相性は悪くないはず。何回かに分けてゆっくりやれば、あまりハーブ臭がきつく出ないで気にならない程度に消えるかも知れません。

鉄の遺跡

 また仮面ライダーの話で恐縮ですが。あの、バトルシーン撮ってた場所に何となく見覚えがあるような気がして仕方ない。もしかすると千葉県の製鉄所跡地だったのじゃないか? 工場はもっと沖合の埋め立て地に移転して、陸寄りは操業止めちゃってるところ。
 なんか冷延プレス機みたいなのとか、蒸留棟みたいなモノが見えたし。あそこなら少々爆発させようが煙出そうが平気だし。

 ちなみに、工場が動いてた頃の様子はこんな↓。

 これは“スラブ”って1枚数十トンもある鉄板を運ぶ貨車です。溶けた鉄を、火を噴きながら運ぶ貨車とか溶岩運ぶ貨車とか、いろいろ濃いモノがいっぱい見られました。『鉄好き』としてはたまらない現場でしたが…。
 ちなみに。真夏に1ヶ月近く工場の中歩き回ったので、納豆も食べてないのに3キロくらい痩せました。まあどうでも良いコトですけど……。



どうせ私映らなかったし



 この超危険な貨物列車。ディーゼル機関車が引っ張って走るんですけど、何と全部ラジコンです。模型のプロポコントローラーみたいなもの持った人が、一人でゴロゴロ走らせます。一部じゃ完全自動化になっていますけど、あれは見ると感動します。まあ、どうでも良いコトですけど。



どうせ私映らなかったし



 ディーゼル機関車ってこんなの↓。

 これは古い型で、整備待ちちう。隣にエンジン抜かれた新型の車体が見えます。人が乗らないから運転席なんか付いていないのですな。
 『ナベ』って呼ぶ溶岩運ぶ機関車は、熱防御のために装甲板みたいなのを前後に付けています。どうでもいいですけど……。



どうせ私映らなかったし




 何しろ製鉄所ってのは、石油化学工場と比べると火も煙も出し放題でしたから、ちょっとやそっとの爆発じゃ、誰も驚かないでしょう。石油関係で火を出したら大事故ですな。どうでも良いことですけど、実は石油工場の『フレアスタック(社長短信blog)』も好きだったりする……。

2007年1月28日 (日)

もういちどタッチしてください

 日曜だってのに8時前に起き出しまして、コーヒー淹れてテレビの前でスタンバっておりました。今日から新しい仮面ライダーが始まりますもので……。
 しかし何ですな。以前のライダーじゃ『仮面ライダーの戦いさえ正義のためではなくなった』なんて書かれてたのもありましたが……。どこぞの国が地球の裏側まで軍隊派遣してぶちかました戦争が1ミリも合理じゃなかったってあたりを風刺して……。なんてコトはなくて、キン肉マンか天下一武闘会じゃなかったのかって気がしますが。
 まあ、そんなライダーはどうでも良いのですけど……。やはり映像作品としての秀逸さは、『響鬼』の1話?28話に勝るモノはないと我が家では決定しております。はい。
 でも28話以降は……。監督が換わって、ヘタレなトレンディドラマのスタッフが撮ったために、魅力も面白みもなくなってしまいました。『予算を使いすぎたので降ろされた』って話しですが、判らないでもない……。

 で、『桃太郎電鉄ライダー』。悪くありませんでしたねぇ。『生活臭の漂う登場人物がいる』のと、『壊れてるキャラクターがいる』ってところが好みの演出です。
 ゴハン食べるのが大好きな『アギト』の翔一くんとか、甘味処のお店手伝わされちゃう『響鬼』のヒビキさんとか。普段リアルに生活していることが伝わってくるだけの設定と演出がなされていないと作品に入れ込めません。
 『カブト』はぜんぜんダメでした……。一話しか見てられなかった(つれづれ映画・TV日記)。

 『電王』はライダースーツも『デンライナー』って謎の電車もオモチャっぽいですけど、初変身でライダーベルトがうまくセットできなくて手を貸してもらうって『くすぐったい』コトやるあたり、演出が非常に期待できます。これは毎週見ても良いです。あ、響鬼のファンが怒ってる(幻視日報異聞録)。『桃太郎の鬼退治』ねぇ……、なるほど穿った見方をすればそうなるな……。
 でも……。キャラクター紹介の中に『いわゆるカストリ雑誌の編集長』って文があるけど、『カストリ』って生きてる言葉? 死語っぽような気が……。




ところで……。






私の部分だけ





また『ボツビア』ですか?

2007年1月27日 (土)

実際にやっちゃうぞ

 昨日、何でいきなり『おくどさん』になったのか。考えてみたら火事のこと書こうと思ってたんだな、朝。てんぷら油火災ですわ。せっかく調べたデータを保存してなかったよ……、また調べるの面倒くさいから、やめよ。
 何か火災現場の消臭作業見積なんか出てたし。社長?。現場の状況見ないで見積出さないでください。絶対こっちの予想より手間食うんですから……。
 何度も書いてますけど、『焦げくさいニオイ』ってのは危険を感知させる警戒臭ですので、きわめて薄いレベルでも感知してしまいます。腐敗臭も同じ。なモノだから、結構徹底的な消臭やったのに取りきれないこともある。
 そこ行くと体臭なんかまだ消すのは簡単な方とも言えます。ガム噛めば消える場合だってあるそうですからねぇ。まあ、世の中には『トリメチルアミン分泌症』って魚の腐った臭いの成分が出てしまう体質の人もいらしゃるそうで、これは困りますね。汗の分解で発生するんじゃなくて、ニオイ成分そのものが出てきちゃうんだもの。抗菌繊維なんか何の役にも立たない。
 体温程度で発効する触媒で繊維を作って、それを衣類にするしかなさそうです。ジェフユナイテッドが採用した『デオシーム』なんかそれに近いのか?
 どうも、布そのものじゃなくて縫製している糸に秘密があるようです。『Tシャツ1枚で6畳間を消臭』(メーカーHPより)ねぇ……。
 だからね……。アンモニア100ppmなんて人が死ぬような濃度で試験やっても意味ないでしょ。現実にはそんな状態ありえないんだもの。それに活性炭と比較って……、『活性炭はアンモニアに弱い』って承知の上でやってるのか?
 出たばっかだから、テクノラティあさってもアフォリエイト広告しか引っかかってこないし……。何ですかJ?CASTさん、今ごろ『紅茶キノコ』って。ええありましたよ実家に、紅茶キノコも酢タマゴも……。
 え?と。関係なかった。これは自分で実験やるしかないのか? 得意の立米チャンバー組み立てるぞ。

 これなら、まだ編集部から送られてきた『オナラのニオイを消すパンツ』の方が面白みがあるぞ。でもこれ……、着用してるのがバレちゃうような気が……、絶対スカートとかにシルエット出ちゃう……。
 ところで……。日本テレワークから何も言ってこないってコトは。『トリビアの泉』の実験、無事に放送されるってコトだよな……。番宣で、旅館のお布団が爆発してましたけど。あれってオナラ爆発実験か?

2007年1月26日 (金)

おくどさん

 え?。よーやっと復旧しました。試しに現場から携帯でアップしてみたのですが、ダメだったようですね。今朝何を書くつもりでいたのかすっかり忘れてしまいました。仕方ないので思いつきを書いてみる……。いつも思いつきか……。

 昨日だったかな? 駅からの帰り道がやたらに煙い。駅前にお寺がありまして、境内や墓地の枯れ葉を燃やしているらしい。街中でたき火は基本的に禁止ですが、落ち葉を処分する程度のたき火はOKだそうです。昔みたいに一斗缶にゴミ入れて道ばたで燃やすと、廃棄物の不法焼却になります。逮捕されることはないでしょうけど、たぶん怒られます。
 火災予防から、たき火禁止の場所は少なくありませんで、多摩川の河原なんかもそうですな。酒飲んで騒ぐ連中がいるからバーベキュー禁止。川崎側はOKなんだっけ? 相模川なんかはその辺おおらかなモノで、土手にあるお店じゃ薪売ってるのを見ました。でも、でかいカラオケセットと発電機まで河原に持ち込んで、大音量で唄ってるの見たときは呆れましたね。特大の石を投げつけたくなりました。

 たき火を上手にやるのは意外と難しいもので。慣れないと煙ばっかり出て、たき火だかのろしだか判らない状態になる。重要なのは風(空気)の通り道を確保しながら薪を組むことらしい。それがちゃんとできてないと、ガソリンぶっかけたって巧く燃えません。
 上手な人だと湿った薪でも燃やします。生木みたいな状態じゃしょうがないけど、雨があたった程度なら中まで濡れてることはない。割って、乾いた部分から火にあてていけばちゃんと燃えます。(参考までに『たき火入門』)
 たき火で羊のリブロース炙ってかぶりつく、革の水筒からワイン飲んだら美味いだろうな?。
 とまあ、遊び半分でたき火調理する分には悪いモノじゃありませんが、日常的にたき火で調理するのは労力と燃料のロスだそうです。アフリカや中南米じゃ、日干し煉瓦の住居で住み暮らす人たちがたき火の脇に石を置いた炉で煮炊きを行っているそうです(iza)。
 エネルギーロスが多い物だから薪も多く必要として、やっぱ森林資源がムダに消えていくことにもなる。
 で、JICAのプロジェクトで、『かまど』を普及させて、これが実に役にたってるらしい。日本から資材運ばなくても、その辺にある物で作れますからね。
 日本のローカル技術が海外で非常に役立ったのは、人力で井戸を掘る『上総掘り』って技術。重機が要らないものだから、どこでもできる。
 昔の“つつましく暮らしていた日本”が開発した生活の知恵は、途上国で非常?に役にたっています。
 京の町屋の“おくどさん(Allabout)”『竈』じゃなくて『おくどさん』ですよね。日本のは神様入ってますから。猫が入ってる場合もあるそうですが。そうそう、こんな御札も必需品でしたよね(走々日記)。あ、すごくキレイな写真見つけた。(デジタルな鍛冶屋の写真日記)
 そう言えば、大久保にあった“燻玉ラーメン”の『竈』は何であんなに味落ちたんだ? チェーン拡張にばっかかまけて竈を粗末にしたからバチがあたったんじゃないのか?

2007年1月25日 (木)

アシッドフード

 以前にも書きましたが。私、『ドクターペッパー』好きです。それが何故か、たま?にコーラ飲むときは『ダイエット』系を選んでしまう。コーラは甘すぎて持て余す。でも、も?っとクド甘いドクターペッパーは平気。何でなのか自分でも不明。
 何せバイク乗り時代の癖で、直感を信じて行動しますもので。これで20年間ライダーやってて一度も救急車のお世話になったことがないのだからたぶん正しい。ちなみにコークよりペプシ派だったりする。米軍海兵隊ではコーラーと言ったらペプシを指すそうだ。どうでもいいけど……。

 で、新しいコークなんだな(GiGAZINE)。何だかんだ出てきてたけど、レモン除いてみんなコケたような気がするぞ。
 カロリーゼロは結構なのだが、

これって、いったいナニが入ってるの?


 って素朴な疑問が腹の中を渦巻くのは止めようがない。都の環境局が『化学物質の子供ガイドライン』っての発表しましたが、食事に関しては環境ホルモンだけね。遺伝子なんかじゃなくてダイレクトにおかしくなる物質がどっさり出回ってるのだが、まあ、いちいち挙げて行ったらきりがない。そう言えば、こんな本もあるそうです(excite)ので入手してチェックしてみるのも手段かと。でも、何も食べられなくなっても知りません。

 こんな調子ではいずれ地上が毒の廃棄物に覆われて、ヘンテコな植物と巨大昆虫ばっかりになるかも知れないぞ。そう言えば『メーヴェ』見に行きたいな……(iza)。
 技術的な検討を加えて実物化すると、結構巨大なモノが出来上がるらしい。灰色の方、メーヴェより“ラピュタに出てくるロボット”に見えることは秘密です。

2007年1月24日 (水)

今年は昭和84年?

 『竹節まゆみ』さんで検索が来てますが、何があったのでしょうか? 竹節さんの写真って、私がここでアップしたのを含めて3枚しかグーグルにひっかからないらしい。そのうち1枚は泥棒のコスプレですよ。どーしよ……。
 毎年1月のお楽しみ。濁りワインの『ヴァン・ブーリュ』が入荷しまして、早速昨日の夕食にいただきました。毎年予約した数量だけ瓶詰めしてくれるのです。何しろ、『ボジョレ・ヌーヴォー』よりまだ未製状態のワインなものですから、これが毎年味が違う。酵母のまろ味って言うか臭みって言うか、とにかく複雑な味。
 まあ複雑と言えば日本酒の生酒の方がもっと複雑な味ですが、何せデンプンを糖化させるっていう一段階余分なプロセスがあります。その点ワインは葡萄汁が最初から糖ですから、未発酵分はまんま果汁の甘みです。炭酸がなければちょっと甘過ぎるかも知れない。
 フルーツが一番合うのですが、どうしても料理に合わせるなら……。う?ん、軽めのホワイトソースを使ったパスタかな。

 ままぶりさんが昨日書いていましたが、『フライパン1つ、両手鍋1つ、片手鍋1つ、あとは、大きな深い鍋これだけあれば、十分』うん。確かに。それだけあればだいたいのモノは作れる。中華料理なんて、中華鍋と蒸し器さえあれば8割方のメニューが作れるくらいだから。あとは『おたま』ね。対してウチは……。まあいいや……。
 麺好きなもので、パスタやソバを茹でる深鍋は絶対に欠かせません。3リットル以上の熱湯じゃないと2人前のパスタは上手く茹で上がりません。忘れちゃいけないのが塩。『ひとつまみ』じゃなくて『ひと掴み』海水に近い塩分濃度で茹でるのが正しいらしい。後で味付けにも使うしね。あ、賞味期限寸前投げ売りのバジルソース、早く食べないと……。
 およそ麺なら何でも好物でして、中でもインスタントラーメンが好きと言う性悪です。地方出張や旅行に行きますと、必ずスーパーやコンビニを覗いてローカル銘柄のインスタントやカップ麺を漁って行くのが楽しみ。『どんべえ』のスープが東西で露骨に違うってのに驚きました。
 概して西側に優れたローカル銘柄が多いようです。東北方面は少ない。津軽海峡越しちゃうと、サンヨー日清よりも『マルちゃん』が優勢になる。
 そう言えば、マルちゃんの『でかまるカップもやし味噌』は、昔袋で売ってた『もやしラーメン』そのものですな。明星食品は『劉昌麺』復活させないのかな……。
 で……。日清は何を始めたのかと思ったら、『カップヌードル詰め替え用』(GiGAZINE)ですか? あのカップいちいち洗って使うのか? 耐用何回くらい想定してるんだろ。
 絶対アレを100個くらい詰めて、バケツで作るバカが出ると思う。是非やってほしいぞ。そう言えば『ラーメン博物館』じゃオリジナルのカップヌードル作れるんだっけ。具はエビだけっての作りたいな。
 三鷹には、一軒だけでラーメンミュージアムやってる店があります。ベコベコのブリキのカウンター、木の長いす、丁寧にチャーシュー切るお婆ちゃん、化学調味料味のスープ。完全に昭和のラーメン屋がそのまんま営業しています。

2007年1月23日 (火)

枯草熱

 って呼び方もあります。花粉症。スタニフワフ・レムのサイエンスミステリー作品のタイトルにもなっております。サンリオ文庫で出ていたのですが、サンリオ文庫自体が廃刊になってしまっております。版権とかまだサンリオが持ってるのでしょうか?
  『浴槽から発見された手記』も一緒にお願いしたいところです。ぐぐってもアマゾンの古本しか出て参りません。国書刊行会って、これ今売ってるのかな?
 今年は花粉の飛散が少ないそうですが(iza)、油断はなりませんので。年明けから目覚めのお茶は甜茶にしています。会社で飲むお茶も『そのテ』のもの。去年か一昨年は“ミントティー”だったのですが、今年はありません。その代わりホップ入り緑茶ですか?

 なんか、『生搾り』みたいなデザインです。お茶じゃなくて機能性ドリンクもあるらしいです(ジャンクフードマニア別館)。こちらのお味は『薄いファンタオレンジ』だそうです(コン美味食文化論)。
 しかし同じホップのエキスが入っていながら、ビールや発泡酒では花粉症改善効果がないってのは言うことだ?(痩身・ダイエット健康情報) 何とか製品作ってくれないかなサッポロビール。そう言や『ジョッキ生』はホップ増量した途端に好みの味じゃなくなったなぁ。最初の味に戻して欲しいぞ。
 しかし人間の体ってのは不思議なモノで、以前は『ネコ毛アレルギー』だったのです。女房の実家に行くと2時間程度で目は真っ赤鼻はグズグズになったものでしたが、現在は“にゃぢ(5.2kg)”の毛がくっついたコートを着ていても平気です。試しに花粉最盛期に檜原村あたりに突入してみるか。
 あら? “PASMO”で買い物すると、花粉症基金に自動的に寄付が行われて、花粉が少ない杉に植え替えされるんだ(iza)。
 良いことではあると思いますが、この期に及んでまだ杉ですか? ブナとか植えて山を自然の姿に戻そうって気はないのですかね?

2007年1月22日 (月)

電線温度

 ここは柏市にある工場の研究棟でして。原因不明のニオイが発生して困ってらっしゃるそうです。呼んで頂いたおかげで、始めて『つくばエクスプレス』に乗ることができました。
 研究学園都市に向かわれるとしか思えない人が、英文のレポート読みながらノートパソコン使ってたり、そう言えば車内は無線LANになってるんだっけ。
 で……、スゴいニオイですな。トイレは臭わない? そりゃそうでしょう、これ排水関係のニオイじゃありません。どうでも良いですけど、エアコン何でこんなに暑くしてるんですか?

 部屋中にニオイが充満してるもので、一度換気しなくては探せない状態です。しょーがないうのでお昼休みに窓を開け放して、再度サーチを行うことに……。早めのお昼食べに行くついでに、近くに諏訪神社があるからご挨拶と……。
 ところで、私はどこにお参りに行っても『お賽銭』は10円玉2枚です(levedoor)。国技館の大入り袋がそうだったからってのと、神様にニッケルなんか供えるのがどうも馴染まない気がするから。

 え?、それで。再度サーチを開始して15分……。何とはなく、そんな予感はしていたのですが。やっぱコレかいな……。

 またケーブルですね?。前にもあるはずのないカツオだしのニオイが出ている現場がありましたが、きっちり電線からニオイが出ています。今度のはちょっとゴムっぽいですけど。
 これは?。通電して熱持ったのと、エアコンの風が直撃するのでニオイが出たんでしょうね?。他にニオイの元ありませんから。う?ん、もう1例出てきたらYAZAKIに訊いてみようかな。

 ところで。『IKEA』が“ワーストクローゼットコンテスト”なんての始めるそうですが。応募したろかな……。作りつけじゃダメなのかな?

2007年1月20日 (土)

蒟蒻切れぬ斬鉄剣

 土曜の現場が立て続けだったもので、いつもの“H2”さんに行くのが遅くなってしまいました。カゼでもないのに頭重いです。

 え?。……また何か飾っておりますが。『朝風』ってぇと、神風型の弐番艦でしたか。それとも海自のDDG169か……。モノホンのヘッドマークだそうで、またぞろマニアのお客さんが持ってきたらしい。
 マスターお手植え&お刈り取りの米による日本酒も、もうじき仕上がるそうです。次に来た時は刈って貰うついでに1杯いただけるな。
 江戸の昔、髪結いは紳士のサロンだったそうで、用がなくても立ち寄って世間話に興じたとか。自然、床屋の耳には街の情報が集まる。
 
 剃刀に凝ってらっしゃるマスター、また新しい物を仕入れていました。
 右は『井上藤助』のステンレスもの。全部で200丁しか打たれなかった貴重品。
 左のは柄に『手打ち』と書かれた謎の逸品。「痛むからなるべく使いたくない」と言いながら、これで剃ってもらいました。鋼で重い刃なのに、当たりは実に軽い。奥さんに剃ってもらったので力の加減かと思ったらそうでもないらしい。
 玉鋼ともステンレスとも違う、実に不思議な剃刀です。




“日立ヤスキ鋼”と彫られております↓。

 ちょっと調べてみましょう。……ほお。『日立金属ヤスキ鋼』ですか? マテリアルナンバー『ATS?34』とな。なるほど、クロムモリブデン鋼ですか。“ヤスキ”は“安木節”の安木市のことなのですな。おお、和鋼博物館なんてものもある。あ、鍛冶屋さんのブログ見つけちゃった。
 現在のヤスキ鋼は、戦前の物と比べてかなり劣るものらしい。従ってこの剃刀、戦前ものだったら貴重品ですよ。

 奥さんにグリグリマッサージしていただいて、コンニャク温灸を教えてもらいました。寝るときに、コンニャクを暖めたものをタオルで包み、丹田(ヘソの下)と肝臓や腎臓のあたりにあてるのだそうです。どこも血の巡りの中心ですな。スーパーで使ってるゼリー状の液が入った保冷剤なら、万一寝て下敷きにしても潰れないぞ。
 そう言えば、“にゃぢ(5.2kg)”が外ネコだった時に使ってた『チンする湯たんぽ』があったはずだけど、どこ行ったかな?

2007年1月19日 (金)

食生活を香風に

 え?。非常にどうでもいいコトですが、本日の朝食です。

 “変なモノ好き”ではありますが、あんま食指は動きませんでした。それが何で目の前にあるのかって言うと『メガマック食べたら当たっちゃった』から。実食の記事は激しく関係ないので、もし読んでみたいと思った奇特な方がいらしたらこちらをどうぞ。

 いま、アラートで『悪臭』ネタが配信されてまいりました。悪臭苦情が2年連続で減少ですか。良いことです。でも相変わらずごみなんかの屋外焼却が苦情のトップってのは、何とかならないのかな? 悪臭だけじゃなくて大気汚染の原因でもあるのですから。
 汚染と言えばですね、前々から気になっていたのが『家庭用殺虫剤』。バルサンとか燻蒸タイプの殺虫&防虫剤って、あれモロに残留農薬ですからね。ウチは庭があるもので、夏から秋にかけてヤブ蚊が出まくるために『電気蚊取り』が欠かせないのですが、あれだって空中に化学成分漂いまくりだから、できれば使いたくはない。
 そう思っていたら、『ライオン』が農薬成分含まない殺虫スプレーを開発したそうで、『氷殺バルサン』ですか。冷却ガスで液体を氷らせつつスプレーすることで、虫を氷りに閉じこめて殺す。
 私が庭のナメ軍団と戦ったときは『液化ブタン』で氷らせましたが、こっちは自爆する心配がなさそうです。これで安心して海底軍艦ごっこができます。「冷線砲発射!」

 毎度お世話になってる『GiGAZINE』で、“肥満=多汗=腋臭 というのは ウソ”って記事が出ています。私も前からそう思ってた。
 だって、痩せていて脂っ気なさそうなのに、すれ違いざまに『ニオイを感知』するヒトいますから。あれは分泌と、脇の下で繁殖する微生物の種類によってニオイが出たりでなかったりするのではないかと思います。やたら汗だくだくなら、脇の下のにおい物質だって流れ落ちるような気もするし……。
 そのヒトの、普段の食事内容によってもまた変わるでしょうね。何せホラ、ガムから香料吸収させて一時的に体臭を変える製品だってあったくらい。あれと一緒で、特定の食品を摂取し続けることによって体臭は絶対変わってくると思っています。毎日ローズマリー噛んで実験してみようかな。
 それと。脇の下のニオイには、フェロモンが含まれておりますので、女性が嗅ぐと生理不順が治ったりとか、そこそこな効能があるらしい。そう言や、『フェロモン入り香水(薫る香りのブログ)』なんてモノがありますが。あれにもそんな効用があるかどうか激しく知りたかったりする……。

2007年1月18日 (木)

理想は“蔵フトワーク”

 昨日、仕事が終わりましてから雨の中を原宿へ。『週間○○』みたいなホビー雑誌の座談会に出席しました。ネットのアンケートやってると、たまに謝礼付きインタビューとかの依頼が舞い込みます。楽天とかのポイントも溜まるし、銀行の利子なんかよりよほど実入りが良いですな。
 出席者は私を入れて8名、一番若くても30代ってところだったでしょう。最近のこのテの本は値が張る上にシリーズ長いですから、そこそこ購入力がある年代から意見を聞こうってコトでしょうな。でも、面白い企画なら、若くたってヲタクはガンガン買うぞ。

 何の企画で値段がどうのこうのってのは口外できませんが、ちょいと気になることに気が付いた。クラフト物なので当然組み立て作業とか塗装とかを行うのですが、『スプレー塗料を使用すべし』となっている。まずいっしょ、これ。
 プラシンナーと言えども有機溶剤だから、家の中で『シュー』はマズいでしょ。特にお子さんがいる家庭じゃ。ベランダでやったら今度は近所迷惑になるし。溶剤臭だけじゃなくて、ペイントミストも飛びますからね。
 スプレー塗装を上手にやろうと思ったら、缶の中身4分の1ほどはムダにする気で吹かなくちゃいけません。吹き始めと止める寸前はペイントの粒子が乱れますから。
 なモノで、それを指摘したら。やはり「子供がいるから水性塗料使ってます」との声が。同志、苦労なさってますな。最近の水性塗料、発色と筆ムラは改善されたのでしょうか?
 こーゆうモデリングに手を付けようと思ったら、『作業スペース』を抜きにして物事は考えられません。だってディアゴスティーニ社の『戦艦大和を作る』なんて、完成したら1m超えるんだもの。私の部屋だったら、完成した後に運び出せなくなる。座談会の出席者で“製作ちう”の方がいましたが、後のこと考えずに始めてしまったそうです。あれ確か、シリーズ全部買ったら10万円……。
 某国の有名な戦艦をキットにする企画も見せられましたがやはり1m級。あれも好きだけど、絶対に場所がない。ドック作らないと船体歪むし、建造を妨害しに1/144のランカスターが爆撃しに来るかも知れないから、周囲に88ミリ高射砲陣地も作らなくちゃいけないし……。“にゃぢ(5.2kg)”の襲撃に備えて……。
 自分も家族も安心してホビーにいそしむには、せめて子供と猫立ち入り禁止にした3畳程度の作業部屋が必要ですな。乾式塗装ブース(Garage Seven&Half Ver.B)を装備して、1畳サイズの作業台。でもそのまんま外に排気しちゃうとやっぱ迷惑だから、ウチの消臭フィトンチッド“ウッディーマイルド”を使用しましょう(宣伝)。あと床にごろ寝するスペースとビール入れとく冷蔵庫があればいい。

 しかし子供が減りまくっている昨今、使っていない部屋がある世帯が多くなるなんてこともあるかも知れない。現に、日本じゃ子供より犬猫の方が多くなっちゃったらしいですから(空を見上げて犬は今日も歩く)。
 少ないからって決して甘やかしてはいけませんが、無意味に子供を傷つける人間は言語道断です(livedoor)。このようなヒトは、これ以上悪行を重ねないようにしっかり仕舞っておきましょう。

2007年1月17日 (水)

杉樽は及び腰で開けるべし

 昨日は、記事を書いてから世田谷へ出向きまして。13日の代休です。さっさと取っておかないと忘れちゃいますもので……。
 1月の世田谷ボロ市です。東急世田谷線、ボロ市の間だけボロ電車のデハ80を走らせたら良いのではないかと思いましたが。女房に「写真撮りに人がおしかけて、もっと混んじゃうでしょ」と言われました。確かにそうだ。

 バナナチョコの屋台が焼き鳥の煙に襲撃されております。これでは2階の住居もたまりませんな。24時間換気が付いていたら大変な状態になるところです。

 中古の料理道具。炒飯はこの“おたま”で作らないと美味くありません。しかしこれを使うためには別途中華鍋を装備する必要があります。また、大量のオイルを保存しておくキーパーも要ります。それだけの油を使うとなりますと、換気扇にはグリストラップが欠かせなくなります。油滴も飛びまくりますので床を滑り止め加工する必要も出てまいります。
 おたま一個のためにキッチンを改造する度胸はありませんので、残念ですがここは見送りとします。ところで、下にある木製品はいったい何でしょう?

 これはまた、レトロ臭プンプンな壁面スイッチです。全部ブラス(真鍮)製でしょうから、錆びない限り材質劣化の心配はありません。すり減ったら鉛でも盛れば良い。こんなスイッチを使うなら、照明器具もそれなりに見合ったモノを選びたいところ。蛍光灯は不可ですな。ところで、今気づいたのですが“スイッチ”の日本語訳って存在するのでしょうか?
 1個7000円って強気なお値段です。ここまで怪しいと、単に照明のスイッチじゃなくて『隠し扉』を開けるためとか、『おとしあな』の作動とか、『けるべろす』の檻を開放するとかに使ってみたいものです。

 人間にもいろいろスイッチが付いていまして……、そういえば猫にも付いていますな。私は“にゃぢ(5.2kg)”の『あくびスイッチ』入れるのが得意です。
 『ニオイを感じる』ってのも一種のスイッチでして、光学接点ならぬイオン接点でニオイ粒子のキャッチ信号を脳に伝えます。このとき働くのが“カリウム”とか“ナトリウム”なんかの金属塩のイオンです。
 だからその辺の物質が体内に不足すると、体の中でいろいろな伝達信号はうまく伝わらなくなっちゃう。
 カリフォルニアで、子供に“Wii”を獲ろうとしたお母さんが『水中毒』でお亡くなりになったそうですが(iza)、その辺の伝達信号途絶なんてのもあったのでしょうね。
 昔々。拷問つーか拷殺の手段として、罪人の口に漏斗を押し込んでムリヤリ大量の水を飲み込ませるってのがありました。しかし、半パイント(240ml)8本以上、10本飲んだとしても2.4リットル……。それで死んじゃうのか。大食い王の誰かは食い物をガバガバ口に押し込みながら、2リットルペットの水を何本も飲んでいたけど……。
 これで「水は危険なモノ」なんて誤解が起こって、みんな水を飲まなくなって。脱水症状続出なんて……。なるかもしれないな。
 そう言えばスーパーの棚に納豆が戻って来ました。市場から消えたのじゃなくて、ありゃ物流が偏っただけだな……。

2007年1月16日 (火)

神楽坂銘菓

 そう言えば、去年あたり近所の“セイフー”で『不二家牛乳』を売っていたのですが、最近見かけなかったな……。ブログに“ペコ印牛乳”を載せたら珍しがられました。
 会社が官僚化しちゃいますと何もかもダメになっていくもので、行き着く先は旧ソヴィエト。組織を運営するのが精一杯で、何一つまともにできない会社になる。当然『我々が運営するのだから収益が上がるのは当然』って思考になって行く。その中に『お客様』のことなんか食品添加物ほども入っていない。

 高校生まで北海道でしたから、当然乳製品は『雪印』でした。四谷の坂にあるでかい雪印の看板は、道産子として晴れがましい物でもありましたが、そこへ仕事で行ったことがありまして……。


雪印が大嫌いになりました



 どこの世界に現場も見てない打ち合わせに、『完全な対策案』を持ってくる会社があるんだ。書式が存在するなら先にファックスでも送ってこい! 日本中がお前らの会社に合わせて仕事してるんじゃないぞ!

 まさに中華人民共和国並み官僚世界。あれじゃ問題起こさなくても、組織の重さに耐えかねて、いつか会社が崩壊したことでしょう。
 ……ええ、当然。冷蔵倉庫の消臭作業。思い切り高くなりました。渉外担当の態度が悪いために作業コストまで上昇する悪循環。あれで資材が見える工事なんか当然無茶な値引きを強要しただろうから、請負の会社は作業の方で経費下げるしかなかっただろうな。かくして何もかもスパイラル降下を起こしていく……。

 不二家もまるっきり同じ状態なんだろな(livedoor)。しかも現場のパートの責任にしちゃったりするあたり(iza)、モロにどこぞの国の手口と一緒だわ。官僚化通り越して共産主義化ですか? そんなコトやってると、ソヴィエトみたいにやたらに弾薬庫の爆発事故が起こっちゃう。あれ、兵器横流しの発覚を防ぐための破壊工作だったってのがほとんどらしい。
 神楽坂の『ペコちゃん焼き(好きなことばっかりdiary)』が泣き顔になっています。あの『ペコちゃん焼き』300個に1個『ポコちゃん焼き』ってシークレットが入るって都市伝説……。って思ってたらホントにあったのね……(閃いたら何か書く日記)。
 ここはひとつ。不二家再建のために、残存している不二家レストランを全て『ブロンズパロット』通称『ブロパ』に作り直すしかないでしょう。立川にあったブロパなんか、埼玉あたりからも車でやってくる客がいたくらいですから。

今でも人気な『ブロパ』の制服→『制服コレクション
コスプレーヤーにも人気が高い→『いつきいさむの日記

2007年1月15日 (月)

SFソードキル

 ってトンデモ映画がありまして。主演は『藤岡弘、』でした。400年前に、氷河(どこにあったんだ?)に落ちて冷凍保存された武士がアメリカに運ばれて蘇生するってムチャなストーリーでしたが。どうやらイギリスにもいたらしい(yahoo-時事)。
 『サムライ・マン』と呼ばれておりますが。名も告げず、黙って立ち去ったからサムライなんだろうな。剣でもって悪漢をやっつけて高笑いしながら去っていけば『ダルタニャン』って呼ばれたかも知れない。犯人の着衣に『Z』を刻んで去ったら……。
 しかし。手加減したのか、それともあんまり切れない剣だったのか、強盗5人組は2人が逃走3人だけ逮捕。どうも死人は出なかったようですな。峰打ちか?
 日本刀だったら、記事にある『強盗の腕を攻撃』したら切り落としてます。速報直訳はどうにも歯がゆくてならない。

 テレビで、達人がマグロ(だったと思う)の頭を断ち切るシーンを見たことありますが。刀を振り下ろされて両断されたのに。マグロの頭、揺れもしないのですな。スロー再生しても刀は一瞬しか写っていないんです。時代小説で『斬られてもしばらく気がつかない』ってのも、まんざらホラとも思えない。

 誰の逸話だったのか思い出せませんが江戸時代の話。どこぞの用人が主人の使いで歩いていると、見知らぬ武士にいきなり「立ち会いをお願いしたい」と呼び止められます。何つーか、礼儀正しい辻斬りみたいなもので、新しい刀を試したいってことらしい。迷惑なことです。
 用人は「主人の用の途中である、必ず戻って参るのでどうかお待ち頂きたい」と言ってその武士を待たせます。ちょうど用事を言いつかって行った先が将軍指南役まで勤めた達人。誰だか忘れてるけど。
 用人は主人からの用事を済ませると、達人に「実はかくかくしかじか……」と事情を話し、どうしたらいいのか教えを請います。刀は差しても立ち会いの心得などなかったのですな。すると達人。
「大刀を振りかぶって力を抜き目を閉じよ。ひやりと冷たく感じれば、すなわち斬られたなり。其処へ向かって刀を振り下ろせ」
 かように。“相打ち”の仕方を伝授されたそうです。そして本当に待たせてある武士の所まで戻って行きます。心得はなくても逃げちまったらやっぱ武士がすたる?
 教わったとおりに構えると、武士は恐れ入って立ち会い中止を申し入れ、その後二人は友人になったそうです。めでたしめでたし。って、どうも最後がウソくさいな……。

 何しろ『トリビアの泉』でやった実験では、50口径(12.7mm)機銃弾を2発まで真っ二つに斬ったって言う、そりゃもう恐っそろしくよく切れる日本刀です。本気で斬られると痛くないらしい。
 ところでスコットランドヤード。『サムライ男』を探しているらしいけど、逮捕に協力で表彰したいのか、それとも違法な武器を所持していたから逮捕したいのか……。原文ニュースのイラスト、まるで『サムライトルーパー』か『武者ガンダム』ですな(『終わらない日々を生きる』より)。

2007年1月14日 (日)

睦月中 いそぎ食べるや田舎餅

 何か……。“某掲示板”っぽいジャンプページからアクセスが来てるのですが、何の板にリンク貼られたんだろ?

 本日の朝食。女房の実家からいただいた田舎餅。粒々が残ったいかにも手搗き。あんこは吉祥寺『御座候』、姫路の会社だったんだ。甘い物はそれほど得意じゃありませんが、御座候のなら連続2個食べることができます。ハムスターは海洋堂の『ハムスターランチ』、以前これにそっくりのキンクマ飼っていました。
 お餅に何となくエチレンみたいなニオイが移っています、そろそろサランラップでくるんでおかないと……。

 “盛人式”も終わりまして、世の中は早くも節分に向かって動き始めております。このまま納豆ブームが続くと、豆打ち用の大豆が不足することが心配されます。
 『大手スーパーへの番組内容情報漏洩』(livedoor PJ報)ですか、充分あり得るわな……。売る側として試みないはずがないもの。
 ここ最近『恵方巻き』が流行っているって言うか、流行らされている雰囲気ですが。小学生か中学生の頃、室蘭のスーパーで“丸かぶり”ってポスター見たことがあるなぁ。『今年は南南西』なんて書いてたから、その時点でそれなりに続いていたのかも知れない。
 何か『色町の風習』だったなんて何かで読んだこともあるけど、海苔巻きが発明されたのっていつ頃だ? ちょっと調べて……。あら、ウィキペディア、『キムパブ』の項はあるけど『海苔巻き』はないのね……。はあ……、『キムパブの起源が日本の海苔巻きであるという事実は確認できない』ですか……。どうでもいいけど……。

 初めての板海苔である“浅草のり”が作られたのが享保年間(1716?1736年)だって言うから、これより前には作ろうったって不可能だったワケだな。でも長谷川平蔵さんが活躍なさっていた頃、寿司と言えば“いなり寿司”を指していたっって言うから、“のり巻き寿司”が普及したのはもっと後なのかも知れないなぁ。
 おや。気仙沼の“横田屋本店”のHPじゃ『安永年間(1770年代)に海苔巻きすしが考案され……』とかなり明言しているぞ。ソースはどこだ?
 “中野海苔”の“海苔の歴史”には『1780年頃に海苔巻きが大流行した』とある。参考文献は『宮下章』氏が書いた“海苔の歴史”だそうだ。

 となると。新しモノ好きな江戸っ子のことだから、新商品ができてから10年も放置するはずもない。1779年あたりに初めて売り出されて、便利で食べやすいものだから翌年から大流行って具合に推理できますな。
 どれ。ついでだから“キムパブ”も調べてみるか……。放っとくと何でもすぐ「我が国が紀元だ」って言い出すから。韓国のお年寄りの中には「キムパブ」でなく「のりまき」と呼ぶ人もいるそうですから、日本から伝わった可能性が高いのですが、一応調べて……。

※45分経過

 あの?。全然キムパブの歴史とか由来って出てこないんですが……。もしかして歴史なんか全然ないとか……。
 ちょっとまて……。『三角キムパブ(むむむの610)』だと? 韓国じゃおにぎりとのり巻きは同じモノなのか?
 それに、韓国の板海苔って日本の板海苔みたいな強度がないから、巻こうとすると破けちゃう(ぽつりとつぶやく…)。
 う?む。次第に怪しさばかりつのっていくキムパブの起源。誰かキムパブの正しい起源とか知ってたら教えてください。気になって気になって、すごく海苔巻きが食べたくなってしまいました。

2007年1月13日 (土)

危険ですから窓から手や顔を投げないでください

 タイトルは、昔懐かしラジオの『欽ドン』で放送されたネタだってことをお断りしておきます。しかしすごい番組でした。月曜から金曜のたった5分番組だったのに、投稿していた人間から何人の放送作家が出たんだろ? 私も『明星賞』とって主題歌のレコード貰いました。
 今持ってたらヤフオクで結構な値段になるような気もするが、生憎と大学で東京にいた間にお袋にレコード類とか全部捨てられてしまいました。アグネスチャンの等身大ポスター返せー!
 そして、今や私もしょっちゅうレンズの前に身を置くように……。

 『トリビアの泉スペシャル』は27日午後9時から放送です。そう言や私が載った『へぇ?』の本、いつ出るんだろ? あ、日本テレワークのスタッフに納豆の苦情言うの忘れた。ついに武蔵境の7&iでも納豆切れになってしまいました。いざとなったら冷凍庫に川口納豆の在庫があるからいいけど……。愛好者も多いらしい(日々日記)。

 え?と……。何でこんなタイトルにしたんだっけ? あ、そうだ。アメリカの『バカげた警告ラベル大賞』ってのがありまして(livedoor-AP)。優勝作品(?)は『この洗濯機のなかに人を入れないで下さい』だそうです。付けておかないと人が列為して洗濯機に入っていくのか? アメリカじゃ。
 そう言えばニューヨークの異臭騒動、結局原因不明のままジョークのネタにされて埋もれていくようです(U.S.FrontLine)。
 これからマンションで調査の現場2件、夜は自分のマンションで自治会委員会です。

2007年1月12日 (金)

粘?アゲイン

 昨日、「今夜のツマミはまぐろ納豆?♪」と鼻歌唄いながら7&i武蔵境店の地下に降りましたところ。


納豆が……。ない……?shock


 石原都知事の陰謀か、みのもんたの軽口か。あれほど量も種類も揃っていた納豆の棚がすっからかん。
 アメリカが大豆を戦略物資として禁輸に踏み切ったのか? 大豆からは燃料用エタノールはできないはずだぞ。それとも誰かが節分を妨害しようとしているのか。
 
 なんてコトは考えませんでしたが。マジで、『おかめ納豆』なんか全種類なくなってる。あっ、一番美味しい『水戸の副将軍納豆』もないぞ。『納豆一』だけ、何とか確保したらしい。これも明日には品切れになるんじゃないだろうか? 明日の私のつまみをどうしてくれるフジテレビあるある大辞典(iza)。あ、製作は『トリビアの泉』と同じ日本テレワークか。今日トリビアの撮影に来るから苦情言っておこう。
 しかし……。こうも極端に品物が動くか? 大豆の市場価格が上がってしまうじゃないか。先物取引市場は……、あんま影響ないか? どうせ一時的な現象だって見切ってるんだな。今日買ってるヒトのほとんどは、どうせ来週の月曜には別の何か追っかけてるだろうし……。
 「イソフラボンの過剰摂取は発ガンの危険性あり」ってこと覚えてるのかな? 痩せられるならガンになっても構わないのか?

 とまあ、呆れながら『納豆一』と30%値引きのマグロを買ってきたワケなのですが……。ふた切れ“にゃぢ(5.2kg)”に取っておいて……。あら、青じそ買ってくるの忘れてしまった。
 しかしどうも…。3個パック100円以下の納豆ってのはニオイが薄いな。いくら混ぜても低級脂肪酸の独特のニオイが立ってきません。バチルスナットが弱いのか、発酵時間が少ないのか。どうにも物足りない。醤油に基準臭液の“イソ吉草酸”でも混ぜたろか?(※危険ですから絶対にやらないでください

 以前、同じ“あるある”で納豆の効能を紹介していましたが。『室温に戻して良く練って、できたら卵を混ぜ込んで菌の栄養源にして、ちょっと置いてから食べる』ってのが良いらしい。カラシは殺菌しちゃうからダメです。

 この、納豆臭の原因物質『イソ吉草酸』ってのは、悪臭防止法で『○ppm以上出しちゃダメ』となっている悪臭物質でして……。小学生が読んでいるかも知れないので、ちょっと教養ネタも混ぜます。
 『納豆のにおい』のほかに『汚れた靴下のにおい』なんて表現もされます。汚れた運動靴も同じようなニオイになりますね。だから月に1度は洗おうね。
 で、この『イソ吉草酸』ほとんどの人が「良いニオイ」とは感じませんけど、イヌイット(旧称エスキモー)の人たちは「食欲をそそる良いニオイだ」とおっしゃるそうです。何でかって言うと、イヌイットの人たちはアザラシの内臓とかナマで食べます。獲ってすぐだとにおいませんが、時間が経つとアザラシの腸なんかの一部が発酵して、イソ吉草酸のニオイが出るんですね。風味が増して美味しいらしいです。以上教養コーナー終わり。

 スーパー納豆食いスポットは何と福岡市にあるそうで、立川の『マヨキッチン』も真っ青って言うか真っ褐色になるネバネバネバネバ料理づくし(奇食の館)。
 極めつけは『納豆プリン』→(アナログ人間の食い走り日記)だそうです。(ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ)

2007年1月11日 (木)

救いの円盤

 突然ですが。

銚電CD買ってください

『濡れせんべい』の出荷が間に合わないので、CDに醤油塗ってお年寄りでもどなたにでも聞きやすい音色にして……。るワケはないのですが。
何せ老窮貧乏鉄道、運賃+煎餅でも立ちゆかないようです(J-CAST)。市民有志による支援団体も立ち上がったようですが(iza)、何しろそう簡単にお金は集まらない。このテーマソングCDを100万枚売ろうってのだから良い度胸企画です。
良かったら、可愛いデキ3にためにも1枚。がったんぼ?♪

銚電オンラインショップ

 で、これが本題。リスペクト投票の2。
住まいの心理学「冷蔵庫のある暮らしと…」
“部屋が全ての個人的生活の完結性をパッケージしてしまう」事は、場合によっては選択の自由度をスポイルする”って分析が良いです。

お静かに。『何か』が眠っています

 遠くカナダはバンクーバーからリスペクトいただきまして。ありがとうございます。かなり以前の記事だったもので探すのにえらく苦労しました。

 って言うより……。
 記事一覧見ていて、あまりにも馬鹿げたタイトルばかり並んでいたので目眩がした……。
 記事書いてからタイトルを考えることが多いモノで、脱線しまくると何て付けたらいいのか、記事書くのと同じ時間を使うこともある始末……。今日も先に記事書いてます。しかも、またもやいつものように何書くか決めてません。小学5年の男の子から『においについての取材』が来ていますが、このブログ読めとはとても言えません。“総合部5年生”だそうですが、他にどんな部があるのだ? あとでぐぐって見るか……。

 え?。それで、ニューヨークの異臭騒ぎ(CNN)。原因不明のままですな。「メルカプタンが漏れた疑い」とかコメントが出てますが、原因不明よりは良いだろうって推測で言ってるのが見え見えです。
 まあ、確かにメルカプタンの類は非常?な微量の濃度でもニオイを感知します。カビ臭の成分『ジオスミン』も微量で臭いますが、ゼロいっこ違います。
 まあ、自然でもってそこらにメルカプタンがボコボコわき出すって現象はないとは思います。全て人間が何かやった結果ですな。
 そんなモノですから、人間が地球弄るってのは感心できません。スイスでもって、地下5000メートルの熱を持った花崗岩塊に高圧水を注入して、できた蒸気で発電しようとしたら地震が頻発したもので操業中断だそうですが(excite)。
 確か、アメリカで工業廃水か何かを深深度地中に注入して処理する実験でも地震起こってなかったか? あんまり深いとこ弄って地球が割れても知らんぞ。
 いじくってヤバそうなところと言えば、古代文明系なんかも絶対ヤバいです。そこの人たちがどこ行ったか判らないような消え方した場所なんて、ヘタに触らない方が絶対いい。帰ってくるかも知れないし……。モアイだって自然に転んじゃったものはわざわざ起こさない方が良いと思います。島をやたら開発すると、絶対祟りがある(iza)。
 韓国の“チャンスイ”(だったかな?ぐぐっても出てこないから違うかも)なんか、倒れたらそのまま朽ちるに任せるのが正しい神様だし……。あ、あった“ジャンスン”ですか。
 こーやって、思いついたことダラダラ書いてるから収拾つかなくなるんだよな。同じ木の像でも、トーテムポールは倒れたらどうしたんだろ? 起こすのかな? 村を引っ越すのかな?
 モアイ像を起こしたのはハイエルダール氏ですが、あの本のタイトル『アク・アク』って、死後に地上に残る霊魂のことですからね。人が死んだ後の『アク・アク』と、元から自然の中に存在している『アク・アク』がイースター島にはモヤモヤと満ちているわけだ……。

 やっぱヤバいって……。

 ここは本物には触らないで、別にディズニーランドみたいな作り物世界を用意した方が良いです。魂のないマニュアルな世界でFRP製モアイを人力で起こすショーとか、岩運んできてお客さんにモアイ刻んでもらうとか……。スポンサーは絶対コナミだな。あああ……、全然関係ない……。

2007年1月10日 (水)

『特急』と言えば

 北海道ですと『おおとり・おおぞら』なんて懐かしい名前を思い浮かべます。北見のおばあちゃんの家に行くときには、札幌から延々4?5時間。キハ82の特急列車に乗り続けて行きました。確か遠軽かどっかでスイッチバックしてたような記憶があります。車内販売のかにめし弁当美味かったな?。

 と、そんなコトは全然関係ない。
『住宅ブログ OF THE YEAR 2006』のリスペクト賞をリスペクトしなくてはいけません……。って、私は住宅のこともローンのこともまるっきりのシロートですので、「笑かしていただきました」ってことで選ばせて頂きます。考えてたら〆切になってしまいそうなので、まず1票選んでおきます。
 『特急! にっぽん(電話男)』潔い業務報告に萌えました。一緒に銚電濡れせん食べましょう。
 特急と言えば、『江戸むらさき 特急』なんてモノも懐かしいですが、まだ作ってるんだ。ホントに関係ないけど……。

コンクリートで国を護る

 新築の、高断熱24時間換気装備の住宅トラブルが一段落したと思ったら、今度は築20年とか30年の戸建て住宅から調査依頼が続いています。昔の住宅はあちこちに人が入り込むことを想定していないので、調査は大変なんだな。

 しかもこんな住宅密集地だと、他の家からの排気やら排水やらの影響もあり得るから大変です。こんな場所で、臭いが元で隣人とトラブるになるなんて想像しただけで気が重くなります。え? 奥さん自分で床下コンクリート流す? 危ないからやめときなさいって……。
 
 コンクリートと言えば、コンクリートだけでできた国がありまして。イギリス沖合の『シーランド公国』って、大戦中の海上防空要塞だった構造物ですが、裁判で英国領内じゃないことを認められて国を名乗っていたそうです。これが売りに出ていますな(livedoor)。売買が成立したら名実ともに立派な“売国奴”になれます。
 昔のコンクリート構造物、特に軍用の建物は滅多やたらに頑丈でして。そりゃそうだ、昔は強度偽装とか談合とか丸投げとかやらなかったもの……。今の原発よりよほど丈夫。
 ウイーンにあるドイツ軍がぶっ建てた『高射砲塔』なんか、1基壊すのに150億円もかかるそうな。再利用しようったって、超ぶ厚いコンクリートだから改造するのも大変。暖房効かなそう。
 まあ、そんなモノだから荒波に耐えてシーランド公国の「領土」は残っていたのでしょうが。『英国海軍のいやがらせがあった(excite)』って書かれていますが、何されたんだろ? 艦砲射撃? それとも腐ったニシンでも投げ込まれたのか?
『GiGAZINE』の記事で中の様子を見ることができます。

 日本も隣近所からいやがらせなんか受けないように、ハッタリの効く自衛隊に改造することを望みたいところです。とりあえず横須賀でコンクリート付けになっている『三笠』を掘り出して、海自の旗艦として戦列に復帰させて……。あ、水上偵察機も積めるように改造しておいてくださいね。九〇式二号水偵なんかが似合いそう(そんなモノどこにあるんだ…)。
 このように……。国防コンクリートってのは何となく『あり』だったような気がするのですが。
『多自然型川づくり事業』で川岸をコンクリートで固めるってのは一体どーゆうことだ!

 「自然の素材に由来するなど、“自然に優しい”タイプの護岸を作ればコンクリートでも事足りると工事担当者が誤解していた」って……。

バカかこいつ!! 切腹だ!切腹させろ!!!

2007年1月 9日 (火)

まちの渇静化に貢献する…

 高木さんが早速情勢分析をしてくださいまして、ありがとうございます。まあ何分……、武蔵境には『野菜の庭先無人販売がけっこう多い』って事実が、吉祥寺との落差を雄弁に物語っております。
 『まち作り』『商店街の活性化』って看板が上がってますが、そう思った通りに進むかどうか……。なぜなら。
 まち作りに貢献しなくてはいけないはずの建設会社が、駅前商店街を無視した自社ビル建てちゃいましたから?!
 商店街に面した出入り口には頑丈なゲート。すきっぷ通りからは豪華なエントランスをのぞき見ることができます。はっきり言ってこの会社、デザイン趣味悪ギザキモワロスです。ここが建てたマンションなんか住みたいとも思いません。
 大地主の土地があまり好ましくない会社の手に移っただけですので、今後も順調に開発は滞ったり市の計画に沿わなかったりするのではないかと思われです。せめてこれ以上パチンコ屋が増えないことを祈るのみ。

 まあ地元の悪口はこれくらいにして……。ニューヨークが巨大ガス漏れパニックですか?(ロイター)
 外洋船も通れるハドソン川からガスが沸くはずもなし、今の季節はカナダからの吹き下ろしが強いはずだから、下水からのニオイが溜まるってのも……。あるかな。何しろ街全体の設備は古いからな……。
 今年は暖冬だって言うから、名物マンホールの湯気に温められた……。あれはビル暖房の廃蒸気ですが……。下水のトンネル内があまり冷えてないとこ持ってきて、廃蒸気で下水管内部が温められて下水が腐敗。硫化水素にメチルメルカプタンなんかが『ど?っ』と発生して湯気と一緒に路上に拡がったのではないかと…。
 マンハッタンからニュージャージーまで拡がるガス漏れがあったら、必ずどっかで大爆発しますからねぇ。あらら、7人が手当を受けて避難騒ぎまで……(livedoor)。そう言えば、ニュージャージーと言えば中村さんがいらっしゃる辺ではありませんか。そのうちレポートがあるかも知れませんね。

2007年1月 8日 (月)

塩化の花路

 祝日ですが、今日は仕事じゃなくてイベントに参加するものでこんな時間に書いてます。成人の日ですな。相変わらず幼稚な“成人”が出現しているようで(yahoo読売)。こんな奴は世の中に出るのが早いってことにして成人認定取り消した方が良いのではないかと思います。1年間の選挙権停止とか。あ、そんなコトじゃ痛くも痒くもないか……。こんなコトやる人間が選挙に行くはずもない。
 しかし、役所も何でそこまでして成人式やりたいのでしょうね? 予算を計上してるから? 夕張市なんか、予算がカットされちゃって繰越金が1万円しかなく。仕方ないから参加する新成人が資金集めを行って、自力で成人式を敢行したそうな。こんな成人は国の財産。ただ目立ちたいために式を壊そうとする人間は『罪散』だな。追い出して塩撒け。

 『清めの塩』と言いますが、一番古い防腐剤だからですな。あとは蜂蜜やら灰やらもありますが、天然で簡単に手に入るのはやはり塩。まあそれも海が近い日本だから言えることで、海も岩塩もない中国内陸じゃ塩は官制品で、闇塩盗塩は死罪でした。塩で役人が懐を潤すのも簡単なモノだったから梁山泊が立ち上がっちゃう。北方『水滸伝』がよーやっと文庫になりました。文庫じゃないと置く場所もないからじっと待ってた……。
 関羽と張飛が放浪の旅に出た原因も塩だったよな……。いかん、また関係ない話しになるぞ。
 競馬新聞をバイクで運ぶアルバイトをしていたことがありまして。……結構ハードな仕事でもありましたが。昼飯なんかショウガ焼き定食ご飯大盛りで、ご飯に塩振って食ってました。夏でも長袖ジャケットにヘルメット被るモノだから、ひどく汗をかくせいもあったのでしょうな。
 塩と言えば、料理番組で使う塩はサラサラのものですが。あれってJTの精製塩か?
 独身時代から、料理にあの塩を使うのは止めていました。確か大根かカブの葉を揉んだ時に酷い味になったことがきっかけだったと思う。それ以来、高い赤穂の天塩とか伯方の塩を使い始めて今に至る。しかしあの塩も、JTの精製塩にわざわざ“にがり”足して作ってるんだっけ? 日本ってのはおかしな国だ。
 『塩分は体に悪い』ってのも、JTの『純粋な塩化ナトリウム』の塩が原因じゃないのか? 確かいろいろな塩が出始めた時に「混ざりものがない純粋な塩が良い物だと考えています」ってJTの技術者が言っていたのを何かで読んだ記憶がある。
 “塩の味”ってのは塩化ナトリウムだけじゃないんだけどな……。塩の錠剤じゃないんだから、純度上げりゃ良いってものじゃない。そう言えば、『塩の錠剤』ってのを初めて知ったのは“眼下の敵”って映画だったな。また見たいな……。
 ちなみに。ハロゲン化されていない純粋な金属ナトリウムは水より軽いんです。なので、水に入れると水面に浮いて激しい勢いで水素を発生させて激しく発熱して、こんなコトになります(GiGAZINE)。
※危険ですから絶対にマネしないでください

2007年1月 7日 (日)

武蔵野不尽

 先ほど、地元の杵築神社に詣でまして。松飾りと、その他置きっぱなしだった高尾山の札をお返ししてまいりました。天気は良いものの、凄ンごい風で色んなモノが吹っ飛んでいます。
 神社は駅から見てイトーヨーカドーの裏にあたります。まだまだ駅前と呼べる位置ではありますが、もう何にもありません。写真で見るとお解りの通り、歩道もありません。

 右手が神社ですが、摂社の弁財天が道路で切り離されちゃってる。この弁天様のあたり、今は駐車場になっていますが、以前は結構大きな池がありました。ため池でも防火用水でもないのに周囲をコンクリートで固められていましたので、昔は結構大きな池だったのがどんどん埋められてしまったのではないかと思います。

 この道、駅から日赤病院に向かう道である上に、この周辺で中央線を横切ることが出来る一番太い道なんですな。ええ……、これでも。
 武蔵境駅周辺で車が通れる踏み切りは3カ所あるのですが、そのうち2カ所は一方通行の上にやたらと道幅が細い。そのため、南北に移動しようとする車はみんなここに集中します。昔から混んでいたところへ持ってきて、イトーヨーカドー目当てに遠くからも車がやって来るものだから、この周辺だけ一年中渋滞します。まあ、吉祥寺に比べたら、まだまだ車の数は少ないですけどね……。
 で、その吉祥寺。『住んでみたい街(駅)ランキング』で三年連続トップだそうですな(iza)。武蔵境はとても同じ武蔵野市内とは思えませんな。同じ市内なのに隣の駅は三鷹市で、その次がまた武蔵野市なんだな。きっと三鷹が吉祥寺のパワーを吸い取っているから、境まで伝わってこないんだ。これは石原都知事の陰謀に違いない。三鷹の高木さん、どう思われますか?

 家から、自転車でものの数分走ると三鷹市に入りますが、そのとたん道幅がぐっと広くなって歩道も整備されます。この露骨な差はなによ?
 三鷹市は横河電気があるから税収が10億くらい多いのか? 吉祥寺が繁盛してるって言っても、賑わってるのは井の頭公園とサンロード周辺とロンロンユザワヤくらいだからな。人気投票の通りに住人が増えてくれたら市税も入って少しは道も良くなるはずなんだが……。

2007年1月 5日 (金)

阿古に惹かれて町めぐり

 仕事初めなのですが……。当然仕事ネタなんかありません。まあ、今日の仕事と言っても挨拶回りに行くくらいしかありませんし……。あ、暮れの調査報告書が残ってるか……。休みの間にヒマがあったら片付けようと思っていたけど、結局ヲタクは『暇を持て余す』ってコトにはならないんだよな……。
 それで……。正月も4日になって、よーやっと初詣に行って参りました。何しろ、3が日の参詣はどこも人が押しかけて、この時ばっかり好き勝手な願い事するものだから、境内の雰囲気が悪くてしょうがない。
 かなり昔に友人達と元旦ツーリングの途中で寒川神社に立ち寄ったことがあるのですが。境内に1歩入った瞬間、3人揃って「まずい。やめよう」と踵を返しました。人の多さもさることながら、境内の空気が『どんどんどろどろ』と重たかったので……。ライダーは結構そー言うのに敏感でした。
 私がここ数年、真っ先に詣でるのは国立にある『谷保天満宮』、道真公ですな。参道から階段を『下りて』境内になるという珍しい神社です。ちゃんと梅園もありまして、もう蕾がふくらんでいました。私の目当ては参道途中にある小さな稲荷社で、これが『悪狐を封じた』のじゃないかって思うくらい妙?なパワーを感じるポイント。
 神様からの今年のお導き『ひそみ居しふちの龍らも時を得て雲井に登るかげのめでたさ』おお、「行けるぞ?!」と言うことですか。ありがたいありがたい。

 谷保天満宮から、中央線と埼京線を乗り継いで今度は王子です。滅多にやらない初詣のハシゴ。もう一箇所稲荷社に行きます。
 あら……。何で鳥居が赤くないのでしょうか? 全然それらしくありませんが……。って、人の流れに付いて行ったら王子稲荷じゃなくて王子神社に来てしまいました。
 う?ん。鳥居潜ちゃったから、このまま帰るのも失礼だな……。参拝はして行かないと……。でも全然パワーないな、ここ。
 そこから歩いて10分ほど。こちらが本来の目的地。

 境内は幼稚園になっているので、平日は正面鳥居からは入れません。石段を登ると、う?ん。来てます来てます、さすがは板東狐の総本拠地。東伏見稲荷や豊川稲荷より強烈なパワーです。やはり侮れません。ちなみに仏教稲荷は肌に合わないので、豊川稲荷には詣でません。
 こちらでもお導きをいただいてみる。『神と言上といへるもひとつにて神と上との法にそむくな』あらら、もう「あんまり調子に乗るんじゃないよ」と諌められてしまいました。

 ここからまた歩いて、埼京線と新幹線を潜りまして。商店街の中程に小さな稲荷社があります。こちらは装束稲荷と呼びまして、毎年大晦日に関東一円から狐が集まって、こちらで装束を整えてからぞろぞろと王子稲荷に詣でるのだそうです。【主催のHPって言うかブログ

 あら……。手前にある『世界の飲料水』って変な店、今初めて気が付いたぞ。入ってみたかったな、惜しいことをした。
 こちらは王子稲荷とは違って、こぢんまりとしながら何やら騒々しい雰囲気の社です。これがなめ子先生の言うところの『残留思念』ってモノでしょうか?

 ちなみに。「ううむ、残念……」って時に使う『残念』は、まさに残留思念のコトです。体は滅びてなお念のみ残るってやつですな。それじゃ『国滅びて山川あり』ってのは『残国』って呼んで良いのでしょうか?

 大晦日当日の前に3日予定日があるのですが、何やるんでしょ? 予行演習? 参加された方のブログがありますが、そっちには何も書かれていません。
 私もトンビ着て、ソフト帽かぶって、怪しいカバン持って『昭和初期の町狐』に扮して参加してみたくなりました。

2007年1月 4日 (木)

残留思念

 正月3日は、女房の実家に挨拶ってのが恒例でして。毎年義父が釣ってきた鱚やらメゴチの天ぷらを山盛り食べるのが楽しみでした。今年はちょっと体調を崩されたために、しばらく釣りには出ていないようで市販の具材で天ぷらを揚げてくれました。
 向こうも恒例になってしまっているようで、正月は天ぷらをやらないと物足りないのかも知れません。ごちそさまです。またぜひ釣りに出てください。
 お昼からご馳走頂いて昼酒飲んで、箱根駅伝(復路)見て。完膚無きまでの『日本のお正月』を満喫してますってぇと、芸能人ではないのに何やら見覚えのある女性がテレビに……。おお“辛酸なめ子”先生ではありませんか!? しかも“しょこたん”まで!

 『先生が“せんせい”を描く』とな!? これわ大変。おお! 描くにあたってやはり現地取材は欠かせませんか! おお!大変です! 子供たちの『残留思念』がなめ子先生を襲う! そして骨格標本から何かを感じ取ろうとしている! これはなめ子先生自然にやっているのか! それともディレクターの注文なのか!? たぶん演技付けられてるんじゃないかと思いますが! テレビのやるコトは想像付きます! きっとなめ子先生言われるがまま動いていたのではないかと思われです! でもあのチョーク投げの見事さは昨日今日身につけた技術とは思えません! なめ子先生の授業は『日本史�T』に違いありません! 理由は特にありません! しかし何で全部に感嘆符が付くのでしょうか!
 おお! たて笛だ!た?て笛だ! なめ子先生は私が“アマリリス”を吹けなくて居残り特訓させられたコトをご存じに違いありません! もう自分がうるさいです! 昼酒のせいで変にテンションが舞い上がって上昇してしまいました!


居つきネコの『ナナ』ちゃん。義母のショッピングカートを寝床にしています。

メポ

2007年1月 3日 (水)

ジェット猿人

 まだ『3が日』の内ですが……。ウチはとっくに正月終わってます。昨夜はパスタとミートローフとワインで、もう正月の痕跡も残っていません。あ、残ってた春菊をパンチェッタとオリーブ油で焼いたから、ホントに痕跡程度はあったかな?
 昨日買った『ロクシタン』の福袋、中身を定価で計算すると17,000円位だそうです。店によってかなり中身が違っているようですな。

 それでまあ……。読んで気が重くなるようなニュースがなくて良かったですな。ちょこちょこイヤな話題は散見できますが……。あんま、イヤなことばっか多くて、悪いニュースに麻痺してしまったような気もします。
 インドネシアの事故は(iza)、熱帯雨林か海に墜落したんじゃ発見難しいでしょうね……。『残骸を発見』なんて良く見たら、太平洋戦争中のブレンハイム爆撃機の残骸だったなんてことも……、あるわけないか。
 日本じゃ……。墜落して土手の枯れ草がが2ヘクタール燃えた? ジェットラジコンかいな。ラジコンでもジェットエンジンだと、結構な燃料積むことになるから火事にもなるわな……。
 昔、銀座の天賞堂の、1階から売り場に上がる途中に模型用ターボジェットエンジンが展示されていました。それを自転車に積んで走った記事がありましたが……。ネットだったかな? 雑誌だったかな? やっぱケロシンで動くのか。あら、『パルスジェット』の模型エンジンまであったのね。“ブンブン爆弾”ことV1号に使われたエンジンですな。
 世界にはもっとアホなこと考えて実行しちゃうヒトもいて……、車椅子にジェットエンジンつけちゃったとか(AZOZ)、折りたたみの翼に4発積んで背中にしょったとか(GiGAZINE)、背中にしょった記事には『小型ロケット』と書いてありますが、どう見たってジェットエンジンです。ロケット積んだら“ジェットマン”じゃなくて“ロケッティア”です。
 しかし……。どうやって操縦してるのかと思ったら。一応エルロンは付いているものの、トリム(前後つり合い)はパイロット(?)の吊り角度を調整するって恐っそろしく剛胆な設計。横安定大丈夫なのか? ちゃんと飛んでるってことは大丈夫なんだろうな。
 さすがに地上から離陸はできないので飛行機から飛び降りるのですが、機内ですでに「キーン」ってタービンの始動音が聞こえてる(恐)。どうやって始動したのかと思ったら、ユニット内にスターターモーターがちゃんと入っているらしい。

2007年1月 2日 (火)

覗かぬと 求め急ぐや福袋

 本日は午後になってからのアップですが。飲み過ぎで寝ていたワケじゃありませんで、吉祥寺の“初売り”に出撃しておりました。

 開店直前の吉祥寺東急前でございます。どこでも平気で『ちゃむり』出して写真撮ります。吉祥寺は三越が撤退いたしまして、その分伊勢丹と東急に客が集中しているようです。他は丸井とパルコですから客層が違います。マダム様方はどうしてもこっちに来ますな、何しろ丸井もパルコも『デパ地下』がありませんから。
 開店待ちの列は、伸ばせば東急を半周以上はあったでしょうか。
 そんなワケで、私達は夫婦で手分けして走ります。衣料なんか目もくれず、地下と9階へ。地下は女房の方が詳しいので、私はエスカレーター駆け上って……。混んでいて上れませんが、9階の『ロクシタン』(←重たい)へ。何しろ買うモノいっこしかないので考えなくていいから……。

 限定40個、何とか間に合いました。あまりにもレジの手際が悪いので、腹立ち紛れに写真を撮ったら。釣られたのか列のあちこちで写メの撮影音が……。

 本日の戦利品。『マキシム・ド・パリ(20個)』なかなか優れモノだったそうです。『オッジ』は毎年同じらしい。『花園饅頭』は名物“ぬれ甘納豆”他、これは実家へのおみやげ。
 も1個。イベントコーナーで買った『人形・ぬいぐるみ工房“てっち”』さんの福袋。

 手前の『お年玉袋』と『つき羽根』はネコのおもちゃだそうです。

 おまけ。中身が何だか判らないけど……。これはあまりにもムリがあるだろ……。

2007年1月 1日 (月)

芹香る 椀に想うや氷点下

 あけましておめでとうございます

 北海道の実家では。何のこだわりがあったのか、雑煮はずっとオヤジが作っておりました。祖父がそうして作っていたからかも知れませんが、今となっては知りようもない。
 濃いめの醤油味に、ニンジン大根サトイモを千六本、鶏肉とセリ。根菜類は雪の下に埋めておく貯蔵食品です。判らないのは何で『セリ』なのか?
 1月の北海道ですから、もう一日中氷点下。そこらの小川だって凍り付いてしまうのにセリが採れるはずがない。それなのに何でわざわざセリなのか?
 おかげで私も、雑煮にセリの香りがないと非常に物足りなく感じてしまいます。万葉集などではセリ摘みや野草摘みが春の行楽みたいな書き方をされています。誰だったか、そこそこな身分のお方が女性を訪ねて行く手みやげにセリを摘んでいき、『太刀を掃いてセリなど摘まれたのですか』と笑われてしまう歌がありました。
 まあその時代は、セリの根が強壮剤だったって裏ネタも含んでいるらしいのですが。

 で、やっぱり我が家でも私が雑煮を作る。

 雑煮椀がないもので、適当な器を使っています。ミスタードーナツのカフェオレカップだってコトは秘密です。大根で遊んでいることも秘密です。
 昨日銀座に買い物に出かけ、新橋にある四国の物産館で『雑煮用餡もち』ってのを見ました。白みその汁に、大福みたいな餡の入った丸餅を入れた雑煮ってコトですな。香川県の風習らしいです(和菓子教室)。
 非常?に好奇心惹かれましたが、取り返しのつかない味に作って四国のドメスティックな誇りに傷を付けてはいけないと断念しました。でもどっかで食べようとしたって、地元じゃないとお目にかかれないのだろうな。
 天気は良いですが冷え込んでおります。皆様うっかりお屠蘇を過ごして、コタツで居眠りなんかしないようにお気を付けくださいませ。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック