« SFソードキル | トップページ | 杉樽は及び腰で開けるべし »

2007年1月16日 (火)

神楽坂銘菓

 そう言えば、去年あたり近所の“セイフー”で『不二家牛乳』を売っていたのですが、最近見かけなかったな……。ブログに“ペコ印牛乳”を載せたら珍しがられました。
 会社が官僚化しちゃいますと何もかもダメになっていくもので、行き着く先は旧ソヴィエト。組織を運営するのが精一杯で、何一つまともにできない会社になる。当然『我々が運営するのだから収益が上がるのは当然』って思考になって行く。その中に『お客様』のことなんか食品添加物ほども入っていない。

 高校生まで北海道でしたから、当然乳製品は『雪印』でした。四谷の坂にあるでかい雪印の看板は、道産子として晴れがましい物でもありましたが、そこへ仕事で行ったことがありまして……。


雪印が大嫌いになりました



 どこの世界に現場も見てない打ち合わせに、『完全な対策案』を持ってくる会社があるんだ。書式が存在するなら先にファックスでも送ってこい! 日本中がお前らの会社に合わせて仕事してるんじゃないぞ!

 まさに中華人民共和国並み官僚世界。あれじゃ問題起こさなくても、組織の重さに耐えかねて、いつか会社が崩壊したことでしょう。
 ……ええ、当然。冷蔵倉庫の消臭作業。思い切り高くなりました。渉外担当の態度が悪いために作業コストまで上昇する悪循環。あれで資材が見える工事なんか当然無茶な値引きを強要しただろうから、請負の会社は作業の方で経費下げるしかなかっただろうな。かくして何もかもスパイラル降下を起こしていく……。

 不二家もまるっきり同じ状態なんだろな(livedoor)。しかも現場のパートの責任にしちゃったりするあたり(iza)、モロにどこぞの国の手口と一緒だわ。官僚化通り越して共産主義化ですか? そんなコトやってると、ソヴィエトみたいにやたらに弾薬庫の爆発事故が起こっちゃう。あれ、兵器横流しの発覚を防ぐための破壊工作だったってのがほとんどらしい。
 神楽坂の『ペコちゃん焼き(好きなことばっかりdiary)』が泣き顔になっています。あの『ペコちゃん焼き』300個に1個『ポコちゃん焼き』ってシークレットが入るって都市伝説……。って思ってたらホントにあったのね……(閃いたら何か書く日記)。
 ここはひとつ。不二家再建のために、残存している不二家レストランを全て『ブロンズパロット』通称『ブロパ』に作り直すしかないでしょう。立川にあったブロパなんか、埼玉あたりからも車でやってくる客がいたくらいですから。

今でも人気な『ブロパ』の制服→『制服コレクション
コスプレーヤーにも人気が高い→『いつきいさむの日記

« SFソードキル | トップページ | 杉樽は及び腰で開けるべし »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

賞味期限のないアイスでも、ミルキーソフトは営業していませんでした。ちなみにミルキーソフト食べたことはないのですが、見た目や雰囲気的に「ミルキーソフトを食べるんだったら、コールドストーンの方がいい」という意見があたしの周りでは優勢です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731356

この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂銘菓:

» 950円の「和食バイキング」、一度食べてみませんか? [さふらんらいす。のぶろぐ☆]
都内屈指のグルメ街「神楽坂」。

そして、なんとも不思議な街「神楽坂」。

今日は、そんな神楽坂と神楽坂でオススメのお店の紹介を。

神楽坂は、その名の通り「坂」のある街です。

では、「何故、神... [続きを読む]

« SFソードキル | トップページ | 杉樽は及び腰で開けるべし »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック