« 『特急』と言えば | トップページ | 救いの円盤 »

2007年1月11日 (木)

お静かに。『何か』が眠っています

 遠くカナダはバンクーバーからリスペクトいただきまして。ありがとうございます。かなり以前の記事だったもので探すのにえらく苦労しました。

 って言うより……。
 記事一覧見ていて、あまりにも馬鹿げたタイトルばかり並んでいたので目眩がした……。
 記事書いてからタイトルを考えることが多いモノで、脱線しまくると何て付けたらいいのか、記事書くのと同じ時間を使うこともある始末……。今日も先に記事書いてます。しかも、またもやいつものように何書くか決めてません。小学5年の男の子から『においについての取材』が来ていますが、このブログ読めとはとても言えません。“総合部5年生”だそうですが、他にどんな部があるのだ? あとでぐぐって見るか……。

 え?。それで、ニューヨークの異臭騒ぎ(CNN)。原因不明のままですな。「メルカプタンが漏れた疑い」とかコメントが出てますが、原因不明よりは良いだろうって推測で言ってるのが見え見えです。
 まあ、確かにメルカプタンの類は非常?な微量の濃度でもニオイを感知します。カビ臭の成分『ジオスミン』も微量で臭いますが、ゼロいっこ違います。
 まあ、自然でもってそこらにメルカプタンがボコボコわき出すって現象はないとは思います。全て人間が何かやった結果ですな。
 そんなモノですから、人間が地球弄るってのは感心できません。スイスでもって、地下5000メートルの熱を持った花崗岩塊に高圧水を注入して、できた蒸気で発電しようとしたら地震が頻発したもので操業中断だそうですが(excite)。
 確か、アメリカで工業廃水か何かを深深度地中に注入して処理する実験でも地震起こってなかったか? あんまり深いとこ弄って地球が割れても知らんぞ。
 いじくってヤバそうなところと言えば、古代文明系なんかも絶対ヤバいです。そこの人たちがどこ行ったか判らないような消え方した場所なんて、ヘタに触らない方が絶対いい。帰ってくるかも知れないし……。モアイだって自然に転んじゃったものはわざわざ起こさない方が良いと思います。島をやたら開発すると、絶対祟りがある(iza)。
 韓国の“チャンスイ”(だったかな?ぐぐっても出てこないから違うかも)なんか、倒れたらそのまま朽ちるに任せるのが正しい神様だし……。あ、あった“ジャンスン”ですか。
 こーやって、思いついたことダラダラ書いてるから収拾つかなくなるんだよな。同じ木の像でも、トーテムポールは倒れたらどうしたんだろ? 起こすのかな? 村を引っ越すのかな?
 モアイ像を起こしたのはハイエルダール氏ですが、あの本のタイトル『アク・アク』って、死後に地上に残る霊魂のことですからね。人が死んだ後の『アク・アク』と、元から自然の中に存在している『アク・アク』がイースター島にはモヤモヤと満ちているわけだ……。

 やっぱヤバいって……。

 ここは本物には触らないで、別にディズニーランドみたいな作り物世界を用意した方が良いです。魂のないマニュアルな世界でFRP製モアイを人力で起こすショーとか、岩運んできてお客さんにモアイ刻んでもらうとか……。スポンサーは絶対コナミだな。あああ……、全然関係ない……。

« 『特急』と言えば | トップページ | 救いの円盤 »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731350

この記事へのトラックバック一覧です: お静かに。『何か』が眠っています:

« 『特急』と言えば | トップページ | 救いの円盤 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック