« お静かに。『何か』が眠っています | トップページ | 粘?アゲイン »

2007年1月11日 (木)

救いの円盤

 突然ですが。

銚電CD買ってください

『濡れせんべい』の出荷が間に合わないので、CDに醤油塗ってお年寄りでもどなたにでも聞きやすい音色にして……。るワケはないのですが。
何せ老窮貧乏鉄道、運賃+煎餅でも立ちゆかないようです(J-CAST)。市民有志による支援団体も立ち上がったようですが(iza)、何しろそう簡単にお金は集まらない。このテーマソングCDを100万枚売ろうってのだから良い度胸企画です。
良かったら、可愛いデキ3にためにも1枚。がったんぼ?♪

銚電オンラインショップ

 で、これが本題。リスペクト投票の2。
住まいの心理学「冷蔵庫のある暮らしと…」
“部屋が全ての個人的生活の完結性をパッケージしてしまう」事は、場合によっては選択の自由度をスポイルする”って分析が良いです。

« お静かに。『何か』が眠っています | トップページ | 粘?アゲイン »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731351

この記事へのトラックバック一覧です: 救いの円盤:

» 瀧山町ビルヂング(前編) [住まいの心理学(retour&kagewari)]
「京橋の瀧山町の新聞社 灯ともる頃のいそがしさかな」
石川啄木の詩で知られる当時の町名に由来するこのビルは、築1928年であり知る人ぞ知る名作です。RC建築がひょっとしたら100年もつって事を実証する意味でもその存在は欠かせないでしょう。

さて、この瀧山町ビルヂ... [続きを読む]

» 銚電ぬれせん [賃貸シュギ]
「においの事件簿」の石川さんが以前から「銚子電鉄」について書かれています。

実は花子も「ぬれせん」を買ったのです。

それは2カ月くらい前のことで(もっと前かも?)、
ちょうど「銚子電鉄」の困窮ぶりが騒ぎになってきたころでした。

が、いつまでたって... [続きを読む]

« お静かに。『何か』が眠っています | トップページ | 粘?アゲイン »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック