« 混沌の天獄 | トップページ | 覗かぬと 求め急ぐや福袋 »

2007年1月 1日 (月)

芹香る 椀に想うや氷点下

 あけましておめでとうございます

 北海道の実家では。何のこだわりがあったのか、雑煮はずっとオヤジが作っておりました。祖父がそうして作っていたからかも知れませんが、今となっては知りようもない。
 濃いめの醤油味に、ニンジン大根サトイモを千六本、鶏肉とセリ。根菜類は雪の下に埋めておく貯蔵食品です。判らないのは何で『セリ』なのか?
 1月の北海道ですから、もう一日中氷点下。そこらの小川だって凍り付いてしまうのにセリが採れるはずがない。それなのに何でわざわざセリなのか?
 おかげで私も、雑煮にセリの香りがないと非常に物足りなく感じてしまいます。万葉集などではセリ摘みや野草摘みが春の行楽みたいな書き方をされています。誰だったか、そこそこな身分のお方が女性を訪ねて行く手みやげにセリを摘んでいき、『太刀を掃いてセリなど摘まれたのですか』と笑われてしまう歌がありました。
 まあその時代は、セリの根が強壮剤だったって裏ネタも含んでいるらしいのですが。

 で、やっぱり我が家でも私が雑煮を作る。

 雑煮椀がないもので、適当な器を使っています。ミスタードーナツのカフェオレカップだってコトは秘密です。大根で遊んでいることも秘密です。
 昨日銀座に買い物に出かけ、新橋にある四国の物産館で『雑煮用餡もち』ってのを見ました。白みその汁に、大福みたいな餡の入った丸餅を入れた雑煮ってコトですな。香川県の風習らしいです(和菓子教室)。
 非常?に好奇心惹かれましたが、取り返しのつかない味に作って四国のドメスティックな誇りに傷を付けてはいけないと断念しました。でもどっかで食べようとしたって、地元じゃないとお目にかかれないのだろうな。
 天気は良いですが冷え込んでおります。皆様うっかりお屠蘇を過ごして、コタツで居眠りなんかしないようにお気を付けくださいませ。

« 混沌の天獄 | トップページ | 覗かぬと 求め急ぐや福袋 »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

師匠大根の向きはこれ↑ですか?で、絵柄は何かの顔?それとも……。

この向きです。プレーリードックの型抜きで、時々写る縫いぐるみが雑煮に入ってしまった状況を作っております。やってる本人にしか判りませんけど……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731340

この記事へのトラックバック一覧です: 芹香る 椀に想うや氷点下:

« 混沌の天獄 | トップページ | 覗かぬと 求め急ぐや福袋 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック