« 電線温度 | トップページ | 今年は昭和84年? »

2007年1月23日 (火)

枯草熱

 って呼び方もあります。花粉症。スタニフワフ・レムのサイエンスミステリー作品のタイトルにもなっております。サンリオ文庫で出ていたのですが、サンリオ文庫自体が廃刊になってしまっております。版権とかまだサンリオが持ってるのでしょうか?
  『浴槽から発見された手記』も一緒にお願いしたいところです。ぐぐってもアマゾンの古本しか出て参りません。国書刊行会って、これ今売ってるのかな?
 今年は花粉の飛散が少ないそうですが(iza)、油断はなりませんので。年明けから目覚めのお茶は甜茶にしています。会社で飲むお茶も『そのテ』のもの。去年か一昨年は“ミントティー”だったのですが、今年はありません。その代わりホップ入り緑茶ですか?

 なんか、『生搾り』みたいなデザインです。お茶じゃなくて機能性ドリンクもあるらしいです(ジャンクフードマニア別館)。こちらのお味は『薄いファンタオレンジ』だそうです(コン美味食文化論)。
 しかし同じホップのエキスが入っていながら、ビールや発泡酒では花粉症改善効果がないってのは言うことだ?(痩身・ダイエット健康情報) 何とか製品作ってくれないかなサッポロビール。そう言や『ジョッキ生』はホップ増量した途端に好みの味じゃなくなったなぁ。最初の味に戻して欲しいぞ。
 しかし人間の体ってのは不思議なモノで、以前は『ネコ毛アレルギー』だったのです。女房の実家に行くと2時間程度で目は真っ赤鼻はグズグズになったものでしたが、現在は“にゃぢ(5.2kg)”の毛がくっついたコートを着ていても平気です。試しに花粉最盛期に檜原村あたりに突入してみるか。
 あら? “PASMO”で買い物すると、花粉症基金に自動的に寄付が行われて、花粉が少ない杉に植え替えされるんだ(iza)。
 良いことではあると思いますが、この期に及んでまだ杉ですか? ブナとか植えて山を自然の姿に戻そうって気はないのですかね?

« 電線温度 | トップページ | 今年は昭和84年? »

臭気判定士のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731362

この記事へのトラックバック一覧です: 枯草熱:

« 電線温度 | トップページ | 今年は昭和84年? »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック