« 濃縮過重飲料 | トップページ | 高性能を維持するには整備と補給が欠かせない »

2007年2月23日 (金)

ふたつで充分ですよ

 こう毎日毎日いろいろなネタをダラダラ書いていますと、「何となく前に書いたよ?な気が……」なんて気がしてくることも一度や二度じゃありません。
 アイザック・アジモフ博士だって。連載のエッセイを8割方書き上げた頃になってから、別の雑誌にほとんど同じネタを書いていたことに気づいたこともあったそうですから。
 あの天才先生にしてそんな状態なのだから。一介の、作家でもない臭気判定士がネタをダブらせたところで誰も、何も言わないはずだよな……。いや、布石とかそんなんじゃなくて……。

 書くネタはいっぱいあっても、脱線ばかりして埋まるモノだから、書きたいネタを逃していたり。
 この九州大学の『こげ臭発見ロボット開発(iza)』ってニュースだって、書こうと思っている間に、叶姉妹とかに埋もれてしまった。
 『無臭』『香水』『ニンニク』『タバコ』のにおいを発生させた部屋を自走で巡回してタバコ臭を選別できたって言うからすごい。どんなセンサー使ってるんだ? あ、『ひびきの市消防局』経由で詳しい記事見つけたぞ。
 この探知システムをalsokのこのロボット(PC Watch)に組み込んだら凄いな。(記事はこちら

 街を巡回させたら、歩きタバコのヒトを片っ端から襲ってくれるぞ。もっと大型の4足歩行機にして所沢あたりをパトロールさせれば、産廃屋の“野焼き”を撲滅できるぞ。もちろん放水銃を強力にして、妨害してくるヤクザなんかを吹っ飛ばせるようにしておく必要がありますが。
 
 なんせホラ、カリフォルニアに続いてオーストラリアも白熱電球を使用禁止にしちゃうそうですから(GiGAZINE)。まあ、100ワット球点けてたら、結構部屋が暖まるくらいの熱を出しますからねぇ。確かにロスが大きいっちゃ大きい。
 蛍光灯も小さくなって電球色だの白昼色だのが出ていますから、風情を損なわずに部屋の“電球のタマ”を白熱灯から蛍光灯に替えるコトができますな。
 だいぶ以前にアメリカの作家が、「日本の住宅は、全てあのチカチカした蛍光灯で不必要なまでに明るく照らされている。まるで事務所のようだ」と不満を述べたそうです。
 確かに。世界のどこも日本ほど執拗に明るくしていないようです。北朝鮮なんか照明ほとんど使ってないし。

 まあ、こんなにしてまで省エネ=地球温暖化防止に努めなければ、そのうち太陽光を遮ってまで地球を冷やさないといけなくなるかも知れません。
 『月の砂を取ってきて衛星軌道上にばらまく』とか『海水を水蒸気に変えて世界中を毎日“雲り”にする雲発生装置(Technobahn)』とか……。
 世界中がリドリー・スコットの映画みたいになるワケだ……。だんだん現実がSFに追いついてきたぞ。やな方向で……。

 関係ないけど、『警備ロボ』でテクノラティ漁ったら、こんな記事見つけた。「ハム9000」って……。

« 濃縮過重飲料 | トップページ | 高性能を維持するには整備と補給が欠かせない »

ニオイと香りといろんなコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731398

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつで充分ですよ:

» ジャイロキャノピーに関する情報を集めました [ジャイロキャノピー]
ジャイロキャノピーに興味がある人のサイトです。ジャイロキャノピーに必要な情報を流します。 [続きを読む]

« 濃縮過重飲料 | トップページ | 高性能を維持するには整備と補給が欠かせない »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック