« 恵方巻きの歴史?花街叙情編 | トップページ | 悪臭退散 »

2007年2月 3日 (土)

恵方巻きの歴史?疾風怒濤編

 追儺本番でございまして。豆撒いて柊にイワシの頭挿して飾らなくちゃいけません。やりたい方はご自由に、恵方巻きにかぶりついてアゴ外してください。
 しかし、こうも行事盛りだくさんですと何からやったらいいのか判らなくなります。また年末が来たような騒ぎ。間違ってヒイラギかじってイワシの頭撒かないように注意してください。
 これだけいろいろ言ってる私が何もやらないってのも何ですから、昨日ヒイラギとウルメイワシ買ってきました。夕方には大豆を鉄鍋で炒ろうかと思っております。

 それで、まだしつこく『恵方巻き』でございます。ホントに食い物ネタになると、もの凄い情熱傾けます。
 恵方巻きの起源について、大阪船場の商人が始めたってのと同じくらい登場するのがこのエピソード
 海苔問屋の陰謀って説ですが、これは私が経験した『丸かぶり』の時期ですから、この時点で発明されたワケではない。

 さて。この大正時代には見られていた『尺八食い』なる風習、一度廃れてしまうわけですが。オールアバウトでは1932年に大阪鮓商組合が「節分の日に丸かぶり?」ってキャンペーンを打ったと記されております。
 ふむ……。1932年と言えば満州国が建国され、世界がいよいよきな臭くなってきた頃でございます。
 それで、この頃になってまたのり巻きが引っ張り出されるってのは、『尺八食い』が完全に廃れきってはいなかった証拠だと思ったりするのですな。
日中戦争へと続く満州事変のまっただ中、関東軍はハルビン攻略中です。この時期、すでに陸軍の偵察機やら小型の爆撃機なんかが飛んでおりまして。
こんなモノ(三菱重工業製九二式偵察機)でしたけどね。これでも敵地奥深くまで行って写真撮ってくるから4?5時間も飛んだりする。当然航空弁当を持たされています。これが太平洋戦争まで変わらず『のり巻き』だったのですな。やれやれ、やっとここまでたどり着いたぞ。しかし、航空弁当のこと書きたくて2日も前振りやってたのか?
 歩兵はカチカチになった飯やカンパン食べていましたが、航空兵はそれに比べりゃはるかに良いモノ食べてました。損耗率高いから。それに、飛行手袋してたらカンパンなんて食べられないし。

 航空兵が、飛行機空輸の空き時間を利用して花街に遊びにやってくる。大阪には昔、軍用の飛行場が2カ所もありました。たぶんひとつは現在の伊丹なんだろな。
 軍の飛行場に納入された飛行機を博多まで飛ばして、そこから船に乗って上海へ。そのまんま戦地へ飛ぶなんてパイロットがいたのかも知れません。ところで私のグーグルアース、何で大戦中の米軍潜水艦の戦没地点が出るんだ? 登録した覚えがないのだが……。どうせなら伊号とか呂号の戦没地点も出してくれ。
で、また。空想のり巻き小説。今日は誰風だかわからない。

 時代は過ぎても花街の風情は変わらない。強いて言えば、ランプや行灯が電灯に替わった程度だろうか。それですら、消して床に入ってしまえば昔とまったく変わりはしない。
 お多栄は酒を運び、小柄ながらも逞しい軍人に酌をした。
「軍人さん。これから中国いかはりますの?」
「明日、ここの飛行場を立って、博多まで飛ぶのさ。そこからは船だ」
「あれまあ。ずっと中国まで飛ぶんやおまへんの?」
 軍人は笑った。笑顔が、まだどことなく子供っぽさを感じさせる。
「対馬あたりまでは飛べるかも知らんが、海の上では方向が判らん。それに、海に降りちまったら俺は泳げん」
 軍人は杯を干し、お多恵に手渡した。
「もう、行かはしましたの? 中国」
「先週、帰ってきたばかりさ」
 お多恵は注がれた杯を少し掲げて、唇をつけた。
「広いんだ。ものすごく広い。何時間飛んでも地平線ばかりなんだよ」
 軍人の眼が、障子窓を通して、はるか遠くを見やった。
「ずーっと飛んでると。戦争やってることを忘れて。俺と飛行士とふたり、ただあてもなく旅をしているような気がしてくるんだ」
 一瞬その眼に惹きこまれそうになって、お多恵は慌てて杯を干し、軍人の手に返した。
「そないに、何もあらしまへんの?」
「敵はいるさ。かならずどこかにね。うっかりしているとクリークの陰に隠れてた兵隊が一斉に撃ってきたりする。だからね……」
 軍人は注がれた酒を一口のみ、照れたような笑顔を浮かべた。
「飛行士とふたり、航空弁当を半分残しておくのさ。長いまんまの、のり巻きをね。帰りに食べるのだから絶対墜落したりしないぞってね……」

 翌朝、その軍人を見送ると。お多恵は台所に頼んで、長いままの『のり巻き』を作ってもらった。部屋で正座し、飛行場の方を向いてそれを一口かじった。
(ご無事で、またお帰りなはれ……)

 ってな具合に。江戸で産まれたモノながら、大阪花街の中で様々な想いと共に連綿と受け継がれてきたのが『のり巻き丸かぶり』だってことにしておくのが、風情があって良いのではないかと思うのですが。
 これ叩き直して小説一本書けるな……。
「コンビニが宣伝してるから」って食べるのではあまりにも主体性ってモノがございませんでしょ? 念のために言っておきますが、恵方巻きにはダイエット効果はありませんよ。

« 恵方巻きの歴史?花街叙情編 | トップページ | 悪臭退散 »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731375

この記事へのトラックバック一覧です: 恵方巻きの歴史?疾風怒濤編:

« 恵方巻きの歴史?花街叙情編 | トップページ | 悪臭退散 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック