« フレームアウト | トップページ | スージグァーにマヤーがおる »

2007年2月11日 (日)

鯖を読む

 昨日は調査が終わったときにはお昼になっておりまして、住宅メーカーさんにとそのまま昼食打ち合わせ。あいにくそのお店のメニューに餃子はありませんでした。この辺、喫茶店ですら“うどん”を出す香川と若干違う。
 おみやげで買って帰ろうかと思いましたが、餃子をでかい保冷容器に入れて2時間かけて持って帰るのが何となくおっくうになってしまって、“餃子パイ”なるキワモノを買って帰りました。別にパイの中に餃子が入ってるのではなく、マロングラッセが入った餃子型のパイ菓子です。
 しかし宇都宮駅前にある『餃子の像』のところで待ち合わせだったのですが、もう少し何とかならんのか、あれ……。
 住宅地図の凡例に『餃子店』のマークが存在(蔵の二階か納屋の奥)するくらいの街なのだから、も少し大事に奉らないといけないのではないかと思うのだが……。
 『宇都宮餃子会』ってのがありまして、JRの駅から徒歩10分で行ける餃子店も紹介されていますが、絶対10分じゃたどり着けなそうな場所もあるな……。この辺だけだけ見て餃子食べて帰っちゃったら、宇都宮はとんでも無くスカスカな街だと思われてしまいそうな気がしますが……。
 どうせならJRの駅から東武宇都宮駅までの間を『餃子ストリート』にしてしまえば良い。各店立ち食いコーナーを設けて1皿3個のお試し用メニューを準備していく。街全体で『餃子ミュージアム』ってのはどうだ?
 こうすれば時間をサバ読みまでして、わざわざ遠い店に引っぱる必要がないぞ。
 ちなみに『サバを読む』ってのは。昔はサバなんて大量に漁れたものだから、売るときの数も極めていいかげんで、しかもすぐ痛むものだから持って帰っても数が合わないってところから来てるらしい。最近はサバもすっかり高級魚になってしまって、サバ缶だってなかなか侮れない(iza)。
 ちなみに。サバの水煮缶の汁切って、セロリーソルトとイタリアンハーブ振ってバージンオイル垂らすのは我が家の偉大な手抜き料理。

 フランス(だったかな?)あたりでは『パン屋の1ダース』って言葉がありまして……。昔は、パン粉に別の粉を混ぜて水増し……。酷いときにはオガ屑や石膏まで混ぜたこともあったそうですが、そーやって利益を稼ごうとする悪徳パン屋が少なくなかったそうです。
 確かナポレオン卿も、『目方をごまかすパン屋には厳罰を与える』って布告を出したくらい。確かそのパンを紐で繋げて首にかけ、街頭の柱に1日くくりつけられる罰じゃなかったかな?
 そんな状態だったっもので、まともに仕事しているパン屋も重量のばらつきによって意図しない『目方不足』にならないように、ダース売りする時に1個を付け足して売る風習ができてしまったそうな。
 それと同じで『どうせ途中で痛んじゃうから、それを見越して余計に入れておく』って風にサバを読んでたなら、この言葉の意味合い違ってたかも。

 で……。コンクリートでサバを読んだらシャレになりません(yahoo毎日)。しかも住宅じゃなくて、よりによって原子炉……。どこのゼネコンだangry 核燃料棒首から提げて晒しモノにしてやれ。あ、晒すのは中央防波堤外側処分場東京湾第一海堡ね。

« フレームアウト | トップページ | スージグァーにマヤーがおる »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

師匠 おはようございます。どこでもあるのですね、その手の言葉。人間の業でしょう。大学の先輩が、某地方で「鯖読み」と似たようなアルバイトをやっていました。外交上の秘密事項が絡みますので、詳しくは語るのは、秘密を知ってから50年はしないでおこうと思っていますが、・・・ま、「鮭を読む」仕事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731386

この記事へのトラックバック一覧です: 鯖を読む:

» うどん レシピ [うどん レシピ]
うどんのレシピといっても、たくさんのレシピがあります。焼きうどん
カレーうどん、味噌煮込みうどん、鍋焼きうどん、ほかにもたくさん。 [続きを読む]

« フレームアウト | トップページ | スージグァーにマヤーがおる »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック