« 氷漠の麦畑 | トップページ | ほら言わんこちゃない! »

2007年2月 6日 (火)

孤独のにおい

 都内某所にある都営住宅でございまして……。まあ、都営住宅が福島県にあったら非常に困りますが……。(写真は加工してあります)

 どうやら東京オリンピックのあたりに大量生産された住宅のようで、現在となっては、エントランスなんか倉庫の入り口に見えてしまいます。住んでらっしゃる方達も既に入居して三十何年って状態で、高齢者が目立ちます。公営の古い集合住宅などでは多く見られる状態です。

 さて、ここにお住まいのA子さん。お子さん方はとっくに独立して、ここでもう何年も独り住まいでいらっしゃいます。同じフロアにもやはり同様に子供達が出て行って、独り住まいになっている方もいらして、普通に近所づきあいもなさってます。
 それが、一昨年に状況が変わりました。お隣の住人が代わったのです。それと時を同じくして、A子さんは臭いに悩まされるようになりました。
『魚のにおい』『ガスのにおい』『薬品のにおい』が交互に家の中に入り込んで来て、眠れない日が続くようになってしまいました。
 新しく越してきた隣人に「においを出しているなら止めてほしい」と話してみたのですが、当然「においなんか出していません」と否定されてしまいました。
 ずっとつけていらっしゃる『におい記録』を拝見しますと、すでに丸2年。切れることなく毎日、毎時、ひどい時には10分おきに激しい悪臭に苦しめられているそうです。どうやらその『お隣』さんが、A子さんの行動を見張っていて、A子さんがお風呂やトイレ、流しを使用するたびに“におい”を流しているとしか考えられないそうです。


 そして今日も……。私が観察を行っていた1時間半の間、“におい”は一度も発生しませんでした。浴室・トイレ・流し、換気扇を使っても何をやってもにおいは出ません……。
 実は。この、『隣人がにおいを出して困っている』タイプの悪臭苦情は結構多いんです。わざわざ大阪にまで出張って行った調査もこんな例でして、私がベランダで観察を行っていた6時間半の間、においは一度も発生しませんでした。

 しかし、苦情を申し立てている人たちにとって、『におい』は間違いなく存在しているわけです。「においはありませんでした」と見解を述べただけでは何の解決にもなりません。さて……。モロにメンタル系の対策だな。誰に話を聴きに行ったらいいんだ?

 家族もいない一人きりの家では気を紛らわせる『何か』もなく、それと気づかないストレスが存在するのでしょうか。せめてペットでもいればまた違ってくるような気もしますが、都は独居老人に限って公営住宅でのペット飼育を1匹に限って認めるべきだと思います。
 ちなみに、『猫より犬の飼い主の法が長生きする』(空を見上げて犬は今日も歩く)そうです。まあ……、『猫連れて散歩』ってのはあまり聞かないから当然っちゃ当然だな……。
 

 関係ないけど、途中にあったハンバーガー屋。まるで定食屋ですな。

« 氷漠の麦畑 | トップページ | ほら言わんこちゃない! »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

師匠同じような話を音問題をやっている大学の先生からお伺いしたことがあります。騒音に悩む方のお宅に伺うと、天井に集音のための装置を貼り付けて、何時何分に足音といった記録をつけていらっしゃり、どう考えても、通常の生活音が、大騒音に聞こえていらっしゃる状態だったとか。心の中で匂う、聞こえるものへの対処なんて、ありえるんでしょうか。

ひろぽんさん騒音も臭気も、精神的な影響によって被害感を過大に感じてしまうようです。被害者意識と猜疑心の固まりになってしまうと、もう手の施しようがありません。騒音であれば公正な『騒音計』が販売されていますので、被害者自身が正確なデータを得ることも可能ではあります。「におい」の場合はそのような機械が存在していませんので、私たち臭気判定士の言葉によって被害者が感じている『症状』を和らげていくしか方法がないようです。精神科医の先生に話を聞けたら非常に参考になるのですが、伝がない…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731378

この記事へのトラックバック一覧です: 孤独のにおい:

« 氷漠の麦畑 | トップページ | ほら言わんこちゃない! »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック