« 渋宅の閑喜システム | トップページ | あれから一週間ちょい »

2007年2月28日 (水)

ラジコン食材

 スマッチブロガーになってから、毎朝、中央線の車窓からマンションの建築進行状態やら戸建て住宅の観察を行う習慣がつきました。『スマッチ画像投稿掲示板』なんて作ってくれたら、いっぱい投稿するんだが。
 東中野の日本閣の跡地、“パークタワー東中野”ですか。タワーマンションが1棟建って、まだ建つようです。各駅の乗降客が増えるでしょう。でもあそこ、神田上水溢れないのかな?
 昔と違ってマンションもIT満載ですから、水掻き出しただけじゃ復旧できません。『指紋認証型マンション入館システム(CNET)』だって水までは防げない。ネズミやハトなんかも防げない。

 そう言えばネズミもハトも『ラジコン』になってしまいました。CCD背負わされて無線操縦されるネズミをニュースで見たことがありますが、今度は中国がハトを操縦することに成功したらしい(livedoorロイター)。
 ハトって中国じゃ食べ物じゃなかったか? 『料理長殿ご用心』って映画にもハト料理が出てきましたが……(参考写真)。
 おお、エジプトでもハトは名物料理らしい(R指定おばちゃんの部屋)。
 日本で言ったら『真サバかアジをラジコン化』ってところでしょうか。“伝書鳩”ならぬ“偵察鳩”かな?

 侵入って繋がりで、この間から引っ張ってるネタの続き。
 え?と。『第1種でも第3種でも、家の中が減圧されちゃうのでやっぱ花粉は入ってきちゃうぞ』ってところからですな。

 それじゃどーしたら良いのかって言いますと、24時間換気システムには『第2種』って方式があります。これは第3種と逆に、空気をどんどん入れちゃう方式。
 自然通気のルーバーがあって。第3種なら吸いこむところですが、第2種だとそこからお部屋の空気を吐き出します。当然家の中は外より気圧が高めになります。
 窓を開けると中から外に風が出るので、花粉やホコリを吸いこむことがありません。壁の中や床下の空気が部屋に入り込んでくることもない。
 ファンにだけ高性能フィルターを使えば良いし、吸入エアを温度調節すれば第3種みたいに寒い思いすることもない。
 とても良い換気システムだと思うのですが、クリーンルームとか無菌室みたいな特殊用途じゃないと使われていないようです。何でかって言うと、計画換気ができないから

 第3種ですと。1個のファンで引っ張れば、窓が開いてバイパスしていないかぎり家中の空気が吸い寄せられてきます。
 ところが2種ですと。1個のファンで空気を入れても、家の中を均等に流れて行くことはまずありません。ファンから近い順に圧力が上がって、遠い部屋にはあんまり空気が行ってくれない。
 おまけに外開きのドアは閉まらない、キッチンの換気扇を使ったら、ファンから入った空気は全部そこから出て行っちゃう。
 『全ての部屋を均等に、1時間に2回換気する』なんて計算が全然成り立ちません。

 実はこれ、花粉だけじゃなくて『近所の家のニオイが入って来ちゃう』って苦情に対応するために、ず?っとシステムを考えてるのです。壁に小型の換気扇付けるとか、小型の熱交換機を使って給湯器の排熱を使うとか……。
 そのうちまたネタにするつもり。設計技師の方、お知恵貸してください。

« 渋宅の閑喜システム | トップページ | あれから一週間ちょい »

家の中のニオイ(と空気)」カテゴリの記事

コメント

横浜の帝蚕倉庫もバカでかいビルになるようです。ちっとも楽しくない。と思うのはあたしだけでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731403

この記事へのトラックバック一覧です: ラジコン食材:

« 渋宅の閑喜システム | トップページ | あれから一週間ちょい »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック