« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

気化燃料爆弾

え?。『工場萌え』のワードで検索から来たヒトがけっこういらしゃったようで……。そう言えばここ、メチャクチャいろんなキーワードでヒットするんだよな。
 また少し工場写真貼っておこうかな。

 これは製鉄所のコークスガスを冷やして化成工場に送る冷却塔。石炭蒸し焼きにして出て来たガスからナフタリンやらクレゾールを作ります。他にもベンゼンとか危ないガスもできちゃう。
 LNG(液化天然ガス)が普及していなかった昔、この石炭ガスも都市ガスとして供給されていたって話しを聞いたような気もしますが、このガスだったら間違いなく死ねるわな……。そう言えば石炭の液化計画ってどうなったんだ? 脱化石燃料の動きが大きくなってきても実験進めてるのかな?
 まあ、化石燃料なら何でもガスになるのですが、『60年以上も前の魚雷が浮いてきた』ってのはどうしたことだ? 何がガス化するとそれだけの浮力が出るんだ? 海水が入って鉄の部分が錆びて痩せて、火薬か気室の浮力が勝ったのかな?
 
 Uボートの魚雷らしいですが、写真公開希望。これは戦利潜水艦。またの名前を『謡う船』と言ったっけ?

 そう言えば、魚雷ってのはなかなか長持ちするモノらしくて。フォークランド紛争で英国原潜“HMS コンカラー”が、アルゼンチン海軍の巡洋艦“ヘネラル・ベルグラーノ”を沈めた魚雷は第二次大戦中に作られたものだったそうです。最新原潜から骨董品の魚雷撃ったのか……。さすがイギリス、物持ちが良いこと。
 その1発で、作戦中のアルゼンチン海軍が皆逃げ戻ってしまったって言うから、よほど英国潜水艦が恐かったんだな。これは米軍のMARK14通常魚雷。

 フォークランド紛争ではフランス製“エクゾセ”ミサイルが株を上げましたが、フランス人に言わせると「あれは“エクゾセットミサイル”である。“エクゾセ”なんて気の抜けた呼び方をしないでほしい」らしいですな。

2007年4月29日 (日)

悪の苦労絶途

 昨日は午後から大荒れもいいところでした。ちょっと買い物に出たら、いきなり強風&天気豪雨&みぞれ(つーか完全に雹)の三位一体攻撃を喰らって、『マイスタームラカミ』の中でしばらく足止め。おかげでアスパラ肉巻きフライなんて余分な買い物してしまった。

 で。大分前にネタにした『IKEA ワーストクローゼット・コンテスト』の優勝者つーか大変者の方が決まっていたのですな(livedoor)。
 なかなか激しいビフォー&アフターっぷりでございまして、やっぱ皆さんクローゼットどころかお部屋全体がイッちゃってますな。

 私の部屋の作りつけクローゼットも、奥行きは全然たいしたことはないのですが、クローゼット前に立ちはだかる数々のトラップに阻まれて、クローゼット内はまさに腐海と化しております。
 底の方に確かレアなプラモなんかが沈殿しているはずなのですが、休み中に少し掘ってみるか……。

2007年4月28日 (土)

お腐海に沈む…

 毎度いろいろとネタを提供してくれるマニアック床屋『ヘアーサロンH2』から帰ってきたところです。何か30日に、“オトコのピットストア”って謳い文句の新丸ビル4階『クオミスト』で「何か」やるらしい。冷やかしに行ってみるか……、でもまだミッドタウンも取材に行ってなかったな。うっかりしてると、行ってみたら『廃墟になってた』なんて事態になりかねないぞ。

 本日の“お剃刀”。西洋カミソリの造りしてますが、立派な日本剃刀です。

 『翁』と銘が入っておりますな。
 これが不思議な代物で、今日はこれ1本で顔を剃られたのですが、途中で2回剃刀を替えたと思ってた。眉周辺は鋼のヤツで、顔の右側ゾーリンゲンのステン。で反対側また鋼、そんな切れ味だったのですが……。
 後で聴いてみたら、最初から最後までこれ1本で、途中で研ぎを入れたのだそうな。驚くほど肌当たりが変化する。珍しい片刃の為せる変化らしい。
 『研ぎ』も砥石じゃなく、マスター手製の研ぎ台でした。もはや剃り職人化してますな。終いに日本刀の小柄なんか使い始めたりして……。その前に剃刀を打って作るか? 包丁だったら打たせてくれるところがありますが(@nifty)。

 で、“スマッチオフ会”ですか? やりましょやりましょ。熊山さんが言ってる『どっかの公園でゴザ敷いて』ってのが良い。ブルーシートはダメね。編集部さんは酒だけ用意して、参加者はツマミ持参。一番意表を突いたモノ持ってきたヒトが偉いって趣向で。当然現場からブログで中継ね。
 私は七輪と、マイスタームラカミの白ソーセージ持っていってひたすら焼いてましょうか。“ミュンヘナー”も美味いですが君の二つ名は…)、焼いて食べるなら断然“チュウリンガー”です。オリジナルソーセージの“ラオウ”じゃなくて“ラオフ”も焼くと美味いです。

 ところで……。公園で宴会する時は必ず公衆トイレを使用しましょう。人気がないからってうっかり変な場所で立ち○○すると、こんなコトになります(Hiroiro)。

2007年4月27日 (金)

10年熟成燃料あります

 え?。今日の現場がドタキャンになってしまいました。正直ありがたいです……。広尾……、じゃなくて疲労が蓄積しています。もうゴールデンウイークかいな……。
 連休前に観光地に3度も足を運んでしまいましたが、ロクに観光してません。

 でも地元商店街のリサイクル屋で、こんなモノ買ってるし……(螺旋迷宮)。熟成してそうです。プラがヘタレてなければ良いのだが。『熟成』と言えば、チェダーチーズが熟成していくところを、ただひたすら撮し流しているサイトが大人気なのだそうだ(excite)。
 ついでだからアンモニアや脂肪酸なんかの発生量モニターなんかもやってくれると面白いのだが……。

 でまあ……。今日から『バイオガソリン』の販売開始ですか? 石油の使用量を減らすためのモノを石油使ってタンカーで運んでくるってのが何とも妙ではありますが、まず普及させるって目論見なのでしょうか?
 本当に今後大量に国産化できるのだろうな、「コストがどうの……」ってんで引き続きタンカーで輸入してたらトウモロコシ作るのに熱帯雨林を切り開いちゃう環境犯罪者とあまり変わらんぞ。ちゃんとJAと話し合って休耕田でイモやら麦やら作る算段つけてるんだろな?

 今朝のスーパーニュースじゃ、木片から糖類抽出して発酵させてるって自治体が紹介されていたな。木片1トンから300リットルのエタノールができるらしい……。
 先にメタノール抽出するってのは不可能なのか?

 で、何か計ったごとくガソリンが値上がりしてるし……(iza)。試しに入れてみたら、100%ガソリンと全然変わらないらしいガソリン価格比較サイト)。

 そう言えば……。以前ディーゼルの社用車でスタンドに行った時のこと。給油してもらっていて、ふと気が付くと『レギュラー』の計量カウンターが回っている。
 どうするのかと思ったら、排出用にタンクの底には『ヘソ』ってのが付いていて、そこから軽油とガソリンの混合油を抜いてもらった。それで事なきを得たのだが、問題はその後だった。

 軽油とガソリンの混合物を地下のガソリンタンクに戻していた。

 コンマ何%の軽油じゃ、どうってコトないのだろうけど……。まあ、私の車に入れるワケじゃないからどうでも良い……。

2007年4月26日 (木)

成り行き任せ

 え?。現場からです。

 電気屋さんに続いて天井屋さんまで仕事を始めてしまいました。……聞いてないぞ。これではもう脱臭屋は仕事できません。まあ、今日は器材片づけと最終確認だけなんだけど。
 あれ? 震度4の地震なんかあったの? 気がつかなかったぞ。

倉敷流汗

 昨日はこんな状態でして。

 この機内トイレ臭かったです。清掃は行き届いているはずなのにナゼ? そう言えばトイレ汚水が漏れて電気トラブル起こしたってのがあったな……。

 現場の方は電気屋さんが作業を初めてしまいました。もうオゾンは使えないのでひたすらフィトンチッドです。

 今日は私ひとりなもので、晩飯はラーメンでも食って部屋でビール飲も……。と思ってたら……。

 とんでもないラーメン屋に入ってしまった。しかしもう引っ込みはつきません。1300円のラーメンての食わせてみろゴルァ。

 ……また豪快なモノが出てきたじゃぁありませんか。店主自分を捨ててないか? まだ人生は長いぞ。

 これわもしかして……、『モツ鍋』ってモノでわないか?

 よせばいいのにおでんまで頼んでしまいました。車で来たので酒飲めないのに……。激しく悩みちう。歩いて帰るにはホテル遠すぎます。

 悩んでいる間に、麒麟ラーメンなる鍋の方は、お姉さんの手で状況がどんどん進行しています。

 これが最終進化形態。確かにラーメンです。『具材の少ない博多モツ鍋』つー意地の悪い見方をしてはいけません。

 何せ鍋で出て来ますからそれなりに量はありますが、あっさり塩味なのでサラッと食えてしまいます。焼酎ロックなんか合いそう。ただしデフォでトウガラシがどっさり入りますから汗だく必至。
 ここは『ラーメン写真館』も来てないみたいだぞ。なに? 近所のキャバ姉さんや坊さんが来る?(BAZ-K's OfficalBlog)

麒麟 (ラーメン / 倉敷、倉敷市)
★★★☆☆ 3.5

2007年4月25日 (水)

また遠いぞ67番搭乗口

 え?。おはようございます。また羽田です。今月3回目の倉敷行きです。

 雨は朝方に上がると思ってたら、しっかり降ってます。今日はどのあたりで雲が切れるでしょうか。

 1便早いので行くので、地下のコンビニに寄り損なったんだな。スターバックスがあるけど私的には『春菊天そば』なんか食べたいところなのですが……。

 待合室のどこかに立ち食いそばがあったような気がしたのだけど、見つからないからしかたなくアイスラテとチキンサラダサンド。明日帰ってきたら明後日は熊谷です。土曜日はウナギたらふく食って大の字で寝てやる。

2007年4月24日 (火)

床下換気せん!


 本日は鴻巣市の床下からお送りしております。日本で一番匍匐前進が巧い臭気判定士です。最近レベルが上がって匍匐後退もできるようになりました。もっとレベルが上がると参勤交代もできるようになるかも知れません。そうなると大名クラスってことでしょうか。
 “○○セブン”から取材の打診が来てますが、匍匐前進が密かなブームになりつつあるのでしょうか? 臭気判定士やめても匍匐前進トレーナーで食っていけるかも知れません。

 え?。向こうの方に何か見えておりますが……。オーブも見えていますな。これは「これ以上行くな」と霊のヒトが警告してくれているのでしょうか。
 十何年も前に建てた戸建てなのですが、粘度質の土地だったために水はけを良くしようってんで土を入れたそうです。ところがその土がひどいシロモノで、石は混ざってるゴミは混ざってるで、建ててしばらくすると床下から異臭が発生。何だかんだやったけど解決しないで現在に至っています。よくもまあ我慢していたことで……。

 ズリズリ移動して『何か』を確認に……。おお、あんなところに古代のUFOが封じ込められています。左からはエクトプラズムが流れ込んで来ています。これわ大変です。
 
 しかし……、何でこんな場所に撹拌扇つけたのかな? あ?、そうか。あの配管トイレの汚水管か? 水漏れか何かが異臭の原因だって推測でこの部分の空気掻き出そうって意図だな。でもハズレなんだな。原因は排水じゃぁないんだな、これが……。
 見た目や根拠なしの推測で対策やっても効果なんか出ません。この家の人も、床下換気扇つけたら余計にニオイがひどくなったって言ってたし。
 常に『見えているモノの、ひとつふたつ先(裏)を見る』って思考で行かないと、本当の原因には行き当たらないのがニオイの対策です。
 こんなところで昔バイクで街中走りまくってた経験が生きているような気がします。
 何せ……。神経張りつめて走ってますと、他の車を運転している人間の動きが察知できます。そのドライバーがウインカー出す前に「こいつこの先で左折するな」って判ってしまいます。目で見る以前の危険予知。

 そう言えば最近の街中って、タルみ切ったヒト多すぎ。何で平気で赤信号で車が来ている交差点にタラタラ歩いて出るかな? 『殺気察知能力』(ITmedhia Biz)が必要だってコトすら頭にないんだな。

2007年4月23日 (月)

暗転明転所転

駅のホームから毎朝見ている風景の中に、ずーっと気になってるモノがございまして……。

 これなんですが……。
 中央奥に見える4階か5階建てのマンション。ベージュのマンションがほとんど密着して、ベランダ側完全にふさがれちゃってます。

 ベランダから手を伸ばせば、間違いなく壁に触れますな。フトンも干せません。
 ベージュ色のマンションが後から建っちゃったって典型的なヤツでして。実はそこの土地、凄?く狭いんです。隣の建物と隙間を開ける余裕なんてなかったらしい。
 後から建てたマンションにしてみれば、こうでもしないと売り物にならないからびっちり建てちゃったのでしょうけど、元からあった隣のマンションはたまったモノじゃありませんな。
 賃貸か分譲かしらないけど、価値下がりまくり。南向きだってのに一日中照明点けっぱなしじゃないと暮らせない。

 こんな環境になって何か良いコトあるのかどうか、ウソでも良いから考えてみようか……。

�@1日中ホームプラネタリウムができる
�A暗室がいらない
�Bモヤシ栽培ができる

 あんま華々しい利点って思い浮かばないなぁ……。薄暗いマンションで『よかった?!shineって思うコトを、何か考えてあげてください。

 関係ないけど。最近の傘って『傘立て』が不要になったそうです(News-Walker.NET)。これで玄関内のアイテムが1個減ります。だからと言って家が薄暗くてもいいってコトじゃありませんが……。

2007年4月22日 (日)

倉敷点景


 せっかく倉敷行ったのに工事現場しか見てないってのもナニですから、ちょっと昼食のついでにあちこち見たりする。

 そこらにこんな風景が普通?に現存しているってのが良いですな。戦災がなかったってのはこう言うことなのか……。
 戦争始まったときには倉敷紡績って引っ越した後だったのか? 調べても出てこないな……。ここにあったら当然軍需工場だろうから爆撃機が来ないはずが……。
 なに? 米軍が大原美術館の収蔵品を惜しんでよけてた? 久我山の高射砲並の威力だな。

 さすがに大原美術館は行けなかったけど、アイビースクェアは駆け足で見ました。でもこんな風景ばっかりに感心している。

 自分で言うのも何ですが、ナニが面白くて撮ってるんだか……。普通はこーゆう風景を撮るものなんだよな……(NOCOの小箱)。

 ツタの壁、錆びた庇、何か別のモノに見える電灯。

 いつからやってるんでしょ? この床屋さん。

 居眠りするおばあちゃんが、完全に店の一部になっています。

 どこでも猫に寄ってこられるオトコ。

 美観地区内の豆菓子屋さん。

 ここの一番人気“梅干豆”は危険です! 絶対に手を出してはいけません。もうひと袋買ってくれば良かった……。
 この辺夜はライトアップしてるそうです(ケセラ?セラな毎日日記)。確かにキレイではあるけど、明るすぎないか? 風情が揮発してどっか飛んで行ってる気がする。

 おまけ

 えびめしやの“えびめし”。真っ黒に見えるのはデミグラソースで味付けしているから。見た目ほど濃い味ではありません。『オムえびめし』の方が美味いかも。
 美味しいけど高い。量少ない……。作業服着てたらちょっと気が引ける。アサムラサキの『えびめしの素』っての発見してきたからウチでも作ってみよ。なに? お味はイマイチですか?(おいしい?メモ
 地元じゃラーメンとセットってのもアリなんですか?(ラーメン写真館

ままかり酢漬け。酒くれ! 飯くれ!

 ……うどんに使っちゃいかんのか?
 また火曜か水曜には現場に向かいます。『ごはんや』の玉子焼きを必ず食べねば……。

2007年4月21日 (土)

旅の宿『オゾン荘』

 現場の方は順調に進行しております。幸い天気が良いもので、オゾンも良く出る。

 天井裏をピンポイントでオゾン攻撃↑しています。青い光が見えますでしょうか? あれは光の青方変異ではありません。ただの紫外線灯です。波長の短いハイパワーの光源がありますと、その近くでは酸素がオゾンに変化してしまいます。コピー機にもこのランプが使われていますので、やはりちょこっとオゾンが出ます。
 これだけどんどんオゾン出してるのだから、オゾン層の修復に少しは貢献……、しないか。

 オゾンの検知管。青い部分が白っぽく変色しているのがわかるでしょうか? そこがオゾンの反応です。これは0.3ppmくらい。この程度だと、まだ何とか呼吸していられます。

 それはそうと、今回の行きはやっぱ何も見えませんでした。

 見慣れないシートだなと思ったら、767だった。

 でもこの“翼の王国”もう何回も読んじゃったんだよな……。関係ないけどジェット機がオゾン層を直接破壊するっての……。コンコルドの話だっけ?
 3万フィート(1万m)の高空でガンガン石油燃料燃やして飛ぶんだから、やっぱ大気圏の環境には良くないわな。リニアでもって空気加速して飛ぶってワケには行かないのか?
 せめてケロシンじゃなくてバイオ燃料で飛ばすとか……。そう言えば像のフンからセルロースを糖に換える酵素を出す菌が見つかったそうで(excite)。今度は木からメタノールじゃなくてエタノールが採れるんだな。スギの木で造った酒って花粉症に効きそうだな。
 でもバイオ燃料も良いコトばっかりじゃなくて……。穀物を作る際に消費される化石燃料が、バイオ燃料とするために生産量を増やすに従って消費も増えて、効果を相殺してしまうって話もある。
 それに、『トウモロコシの生産を増やすために熱帯雨林を切り開く』なんて、儲けるだけのために無意味なことをやり出すバカモノも現れる。

 それから、アルコールが燃焼する時に出るアルデヒド類が問題になりそう。バイオ燃料の使用量が増えるにつれ、『アルデヒドが石油とは別種の健康被害を引き起こすかも知れない』そうです(フジサンケイ ビジネスアイ)。大気に拡散する最中に水蒸気に溶けて酢酸になっちまいそうな気がするのだが、甘いかな?
 記事の中で、『バイオ燃料を使用した場合、ガソリンのみ使用時に比べて有害オゾンに関連した……』って記載があるのだが、アルデヒドと有害オゾンとの関連が不明だな。それに“無害オゾン”ってあるのか?

 おや……。伊良湖では『おぞん祭』というのが毎年4月の第3日曜日に行われるらしい(うましか日記)。やはり五穀豊穣とオゾン層の復活を願う……、違うか。

2007年4月20日 (金)

朝日のあたる部屋

 倉敷3日目の朝でございます。

 これが一体何かって言いますと……。

 ホテルのユニットバスなんですな。朝日がさしこむ浴槽です。この状態でお湯に浸かったら気持ち良いかな?

 サービスの朝食。駅前より100円高いのですが、駐車場無料でこの朝食が付くなら安いです。

 で、現場です。コゲた部分が取り除かれて新しい空調機器が取り付けられています。しかしまだあちこちがコゲ臭いです。

 オゾンを発散して1時間。濃度0.4ppmまで上昇しました。中にいるとノド痛いです。測ったらとっとと脱出しましょう。

 現場近くのゴハン屋さん。好きなオカズ取ってくるカフェテリア式です。ここなら毎日通っても飽きないぞ。

2007年4月19日 (木)

窒息性積乱雲


 倉敷の朝でございます。
 中央の山、右肩に見える白い煙は水島コンビナートですな。左肩に出ている入道雲みたいなモノは、たぶんJFE水島のコークス消火塔から出ている湯気。中に入ったらたぶん死にます。
 どっかにコークス列車の写真あったはず……。あ、あったあった。

 また『工場萌え』ネタですな。この、赤いリフト小屋みたいに見えるのがコークス炉用電気機関車。後ろに燃えさかるコークス積んだ貨車を牽いています。熱くてこれ以上近づけません。

 これは待機中の別の機関車。コンロッドがついた動輪が見えますので『もしかしてこれ動く?』ってな気もします。製鉄所の中はこんな奇怪な機械があっちにもこっちにも動いてる。しかも全部巨大。また写真さがしてちまちま公開しよ。
 ……って。中国の製鉄所でこんな悲惨な事故が起こってるぞ(yahoo! News)。銑鉄32トンに埋まるって……。何でナベ下に作業員詰め所があるんだ?

2007年4月18日 (水)

オレ、搭乗!

 え?。さっき会社から書いて、今度は羽田からでございます。搭乗案内待ちちう。
 本日雲量10ってトコでしょうか? 今日の機体はまたエアバスかな?
 このあいだの帰路はB737だったのですが、ファンジェットエンジンになってしまった737はつまらない。やっぱターボジェットで勇ましい音を立てて離陸していく姿がMe262みたいで好きだったのだけどな?。
 あのエンジン、どっかで離陸中に爆発したんだっけ?



 宮崎行きは、宮崎空港が強風のため降りられないかも知れないそうです。今日はず?っと何も見えそうにありませんな。
 空港での手続きなんかを含めて岡山空港まで2時間ちょっと、これが新幹線だと車内でまるまる3時間。私はどっちかって言うと3時間座ってる方が辛い。飛行機ならいちおコーヒー1杯タダで飲めるし。

お庭サファリパーク

 え?。これから倉敷に移動です。お昼に着いたら、車借りて『えびめし』食べてヤマト行って機材受け取って現場に搬入してホテルにチェックインして飲み屋探して……。とても忙しい。
 忙しいと言えば調査の依頼も測定の現場も積み上がっています。福井の焼き鯖ホントに発注来るのか? なに今度は『養老乃○』?

 ホントにネコの手借りたい状態です。お前ちょっと代わりに鴻巣の住宅の床下潜ってきてくれ。

 “にゃぢ(5.2kg)”さんが、そろそろ庭に虫なんか出てき始めたので忙しいようです。
 カナチョロ部隊が壊滅してしまったし、庭の主だったガマガエルもどっかに亡命してしまいました。狩りが上手なのも困りますが、こんなネコも困ります(GiGAZINE)。集めるのに何年もかかるネコってのも、かなり困ります(excite)。

2007年4月17日 (火)

白紙鉄塊

 朝6時に家を出まして……。東京を横断してニオイが発生していた現場のリペア確認に行ってきました……。



直ってないじゃん!


 私は何のために来たのでしょ? 山ほど案件来てて、にゃじ(5.2kg)の手も鼻も借りたいところだって言うのに。未決ファックスの山どうしてくれる。
 今までの報告書と連絡ファックスを東芝の“白紙プリンター”にかけて(小太郎ぶろぐ)、この現場なかったコトにしちゃうぞ。実際欲しいわ、これ。

2007年4月16日 (月)

惨事のあなた

 昨日の朝、“電王”→“グレンラガン”を見ながらダラダラ朝食を食べていたら。“にゃぢ(5.2kg)”が寝室に入っていって、まだ畳んでいなかったフトンの上で毛布を『もみもみもみ……』自分用の寝床を作り始めてしまいました。もみもみは可愛かったけど、フトン乾しができなくなってしまった……。

 何年ノラ暮らしをしていたのか知りませんが、それ以前にどこかで飼われていた経験があるようです。私と女房の推理では、『優しいおばあちゃんに飼われていて、手から餌を貰ってた。でも大きくなってからミルクを飲んだことがない。ノラになってからかなり怖い目に遭った』ってコトになってます。
 トイレ置いたらすぐ使ったし、やった玩具以外は手を出しません。あんま手がかからない。あの?。そのラップ捨てたいんですけど……。ダメですか?
 
 イタズラはしないのはありがたいのですが……。たまに床に『ケロケロ』してて、帰ってきた時に踏んづけてしまう惨事が発生します……。そんなワケでバイオ剤は欠かせません。あ、高木さんのとこにGB610送らないと……。
 しかし、世の中にはとんでもないペットもいます。主人の留守にラジオのスイッチ入れて、あまつさえボリュームMAXにしちゃうとか(excite)。ホントかな?
 ドイツはドレスデンでの出来事だそうですが、これがブラジルあたりだと全然問題にならなかったかも。あっちの方で売ってるラジオやテレビのボリュームは、2段階しかないそうです。

『うるさ?い!』

『鼓膜が破れそう』
ってのだけ。

 そんな騒音公害なんかは載らないでしょうけど、大規模食中毒から原発事故まで、地震や突風による災害までを世界規模で監視&記録して情報提供する“AlertMap”ってのがあるそうです(ITmedia News)。
 地震や火山なら5分以内に地図に載るそうです。大きな交通事故も載るけど、死者が10人以上にならないとダメらしい。

2007年4月15日 (日)

本日は工事に伴い怪促で運転いたします

 本日は、『新宿駅跨線橋かけ替え工事』だそうで(livedoor)、中央線やら湘南新宿ラインの電車がわやなコトになっているようです。うっかりでかけると大変な思いをしそうなので、今日は全部近場で済ませましょう。

新型のE233が各駅停車で走る!』って萌えてる鉄なヒトもいらっしゃるようです(きまぐれ電車日記)。
運行ダイヤが臨時になってる?』と萌えるヒトもいらっしゃいます(高コラの雑記帳)。なかなか“鉄”には萌える一日なようです。うわ、オンナノコまでハアハアしてるぞ(こんさゆぶろぐ)。
 私は境の踏切がまともに開くかどうかが気がかりなのですが……。あ、そうか……。『埼京線池袋行き』なんてレアな電車も走るのか(25総合館だより)。見に行こうかな……(所詮“鉄”だったりする)。

 どうでもいいことですが、『各駅停車でも快速』って言い方は、何か変じゃないか? 『快速運転は休止』ってのなら理解はできるが。

 そう言えば中央快速線ってのは総武線乗り入れを別にすれば一番遅いんだよな。昔は中央本線新宿発で、確か甲府へ行く普通列車があって。これが新宿を出ると次の停車駅が立川だった。
 特急ですら三鷹に止まるのがあるってのに、誰がどう考えても『快速』の意義に疑問を感じてしまう。さすがにJRでも利用者を悩ませるのはヤバイと感じたのか、今は運転していないようです。色も昔の横須賀線と一緒で紛らわしかったし……。

 そんなワケで、今日も調子よく住宅と関係ないぞ……。

 新宿駅のホームも番線移動になるようで、きっと明日駅に降りて固まっちゃうヒトもいることでしょう。

 これは架線工事用の特殊トラック。線路の上も走れる『陸軌車』ってヤツですな。

 こんな風にガイドの鉄輪がついてまして、駆動は普通にタイヤで行う。当然ガイド輪が降りている間は、ハンドル切っても曲がれません。もうちょっと専門な陸軌車になると、パンタグラフが付いていて電気で走れちゃうのもあるらしい。

2007年4月14日 (土)

東京密度タウン

 え?。来週から始まる倉敷の消臭作業の準備で忙しいような気がします。「気がする」ってのは、年がら年中忙しいモノだから多少仕事が増えても気がつかないんだな。
 そんな中、時間を割いて港区は赤坂9丁目に来ております。
 ここには先日まで“防衛超”って遊戯施設があったのですが、客足が遠のいて地代も払えなくなったために立ち退きを余儀なくされました。
 弾倉を装着してない何の役にも立たない小銃を構えた衛兵とか、我が物顔で突っ走る五つ星を掲げた公用車とか、古き良き東京の風景がまたひとつ消えてしまいました。

 で、まあ。そんな浮ついた施設があったもので、ここの地盤は非常にヤワになっておりまして。こんな↑コンクリの柱がないと建物が沈んでしまうんだな。
 地盤改良してここに高層建築をぶっ建てるらしいですが、地盤の密度を何とか上げようとゼネコンが必死です。そんな血の滲む苦労をしたおかげで数年後に立派な施設が建ったわけですが。やってくる人たちに自分たちの苦労を知ってもらいたいって理由から『密度タウン』って名称になったそうです。

 “赤坂9丁目クレーター”と勝手に呼んでおりました。
 私が『何か』やったのは上の写真で右下隅、人工地盤の陰になっているあたり。現在はどんなお店が何も知らずに営業なさっているのやら。いつになったら現在の『現場』に行く時間がとれるのやら……。
 穴掘りが続く2004年9月の現場からお伝えいたしました。
 

2007年4月13日 (金)

こころを飼う

 『子供の科学 5月号』に『科学のお仕事?なりたい!臭気判定士』ってタイトルで記事になっております。

 なかなか的確に臭気判定士のお仕事を紹介していただいております。例によって脱線しまくりの私の話をこれだけにまとめて、しかも子供に理解できるようにかみ砕くのは大変な苦労だったのではないかと。
 得意の“這い歩きサーチ”の写真も載っております。できれば豪華な住宅の中なんかでの写真を載せたいところでしたが、考えてみると撮っているのが私自身なので、自分が写っている写真なんてほとんどないんだな。
 そんなワケで。たまたま某病院の厨房を調べる依頼が来てたので、業者の人に頼んで撮ってもらいました。も少し窮屈な場所を這っていた方が画になったのですが……。
 ワンルームマンションなんかも調べたことはありますが、これは実に調べにくい。

 特に独身男性喫煙者の部屋なんか、何が異臭だかそうでないのだかほとんど判別不能。ちなみに上の写真は私の部屋じゃありません。

 狭いところは狭いなりに調べにくいのですが、ここまで小さな住宅を調べろと言われても困ります(GiGAZINE)。2.6mのキュービックな住宅って……。ほとんどバンガローじゃん。面白いけど閉所恐怖症なヒトは住めないな。ペットはハムスターくらいしか飼えなそうだし……。
 ペットと言えば……。伊東市の市営住宅でのペット騒動が全国に波及しているそうです(livedoor&J-CAST)。
 きっかけは『ペット禁止であるにもかかわらず12匹もネコを飼ってた老人が、市から注意を受けたことを隣室のタレコミと思いこんで、ノコギリ持って襲撃かました』って事件がありまして。それを重く見た市がペットを厳しく取り締まり始めたのですが。

 この『ノコギリ襲撃事件』を起こした80歳の男性には同情の余地はありませんが、気の毒なのはそのあおりを喰らう格好になってしまった隠れペットを飼ってた住人たち。 
 当然、『住宅を出て行くか、ペットを手放すか選べ!』ってコトですからね。地方都市の市営住宅なんて、子供が皆遠くへ行ってしまって独り年金で暮らしてるお年寄りが多いでしょうから、引っ越すなんてまず無理でしょう。
 で、『ペットを手放す』ってのは。引き取り手がなければ『野良暮らし』か『保健所行き』ですからね。承知できるはずもない。するってーと、心優しいお年寄りは「ペット抱えてホームレスになれ」と。今まで真面目に納税してきた人間に、行政は優しいですな。

 一人暮らしで外へ出て何かをする機会も場所もないと、孤独故のストレスが次第に蓄積します。
 何かの機会……。特に隣室た上下階に新しい住人が入った時に発生する事態なのですが。その人が気の良い方で、すぐにうち解けて世間話などできる仲になれば何の問題も起こらないのですが。
 付き合いがほとんどなく姿を見ることもない場合、次第に不安が募ってきます。特に一人暮らしの女性の場合、非常な弱者ですからね。
 そうすると、それが更なるストレスになって様々な精神的症状となって現れてきます。曰く、「監視されている」「1日中昼も夜も隣が何か作業をやっている」「24時間絶え間なくにおいを出している」など……。

 これは恐らく『統合失調症』の初期症状です。隣室から24時間漂ってくる“におい”で悩んでいても、私がいる間は「今日はにおいませんね……」となるのです。誰かがいることによってストレスが緩和される、あるいは気がそっちにとられるのでその“におい”が感じられなくなる。
 要は何か気が紛れることがあれば発症しない可能性が非常に高いのではないかと思われます。小鳥でも何でも、手をかけてやらねばいけない生き物がいると全然違ってきます。それが感情のやりとりが可能な犬猫なら、いっそう良好です。
 と言うワケで、前にも言いましたが公営住宅は独居老人に限ってペット飼育を認める規則にした方が良いと思う。

2007年4月12日 (木)

最新技術に猜疑心


 え?。ワインを撹拌しております。何でこんなコトやってるかは秘密です。
 実験用に買ってきた“イエローテールシラーズひたすらワインを飲む日記)”ってオーストラリアワインがもったいなく思えるので、家にあるリッター556円の安ワインと取り替えようかと思っていることも秘密です。
 その安ワイン、以前は3リットル入りのでかいガラス瓶で売られていて「よいしょ」と言わねば持ち上がらないほどの重さではありましたが、安ワインなりの風情があって悪くなかったです。でもその銘柄、今はコック付き紙箱になって面白くも何ともなくなってしまいました。

 で、この攪拌機なんですが……。プロペラなんぞを使わないで、ただ置いておくだけで容器に入った液体を撹拌できます。不思議不思議。
 実は三角形の本体の中では電磁石が回転しておりまして。コップの底にはテフロンでコーティングした鉄棒が沈んでいます。磁力でそいつを回すのですな。ところで何で『おにぎりくん』なんて腑抜けた愛称をつけるのでしょうか。
 どうせなら『スーパー磁力混ぜちゃうザー』とか凄ダサいのにすればいいのに……。そう言えば、『ヤッターマン』と『ガッチャマン』が実写化されて(excite)『ガッチャーマン』って映画になるってのはホントでしょうか?
 この攪拌機みたいな磁力式誘導ってのも、サイズを大きくすれば馬鹿にできない威力でして。磁力コイルを何十メートルも並べてやるとリニアモーターになって、カタパルトができちゃう(technobahn)。
 現用の蒸気式カタパルトに取って代わるのじゃなくて、無人機が壊れないように「そ?っ」と打ち出すためのものらしい。ホーネット射出するみたいに「バビューン!」とやったら分解してしまうのか? あ、蒸気式カタパルトの写真あった(出合の広場)。
 ところで、あの空母からもの凄い勢いで飛び出す仕掛け。蒸気の圧力だけじゃダメで、特殊なボルトが1本必要なのですな。
 飛行機の前脚を引っ張るピストンを定位置に固定しておくボルトは、精密に何十トンって加重がかかった瞬間に折れ飛ぶように作られています。だから『切断ボルト』が折れた瞬間に、飛行機は文字通り吹っ飛んで行く。
 瞬間的に時速数百キロまで加速したピストンを止めるのは、水圧らしいです。

 しかし無人機とはいえ何十トンもの重量を電磁加速するカタパルトじゃ、近くでインカム使えなくなるんじゃないだろか?
 今、東京タワーがお化粧直しをやっているのですが(iza)。昔その作業を取材するために、テレビクルーが職人さんと一緒に登った番組があったのですが、

電磁波でカメラが故障してました(((゜д゜;)))

 その時は撮影のために昼間に登ったので、そんな強力な電磁波の中に入ってしまったのでしょうね。ちなみに、撮影は骨董品のゼンマイ式フィルムカメラを使って行われました。
 今の塗装作業は午前2時から5時の間に行っているそうですから、少しでも電波が弱い時にやってるんでしょうね。

2007年4月11日 (水)

SABAトラブル

 滅多なコトは口にできないもので……。昨日「福井と言えば塩サバと…」なんて書いたら。

 福井でサバを焼いてる工場から臭気対策の依頼が来てしまいました。shock


 これわ大変です。現場調査に行くときはドンブリ飯3杯は持って行かねばなりません。ちなみに私は鯖の塩焼きに粉山椒をかけるのが好きです。
 え? ドイツでも塩鯖食べるの?(つれづれミュンヘン

 しかしこのハムスターのカラカラ状態に持ってきて、今度は福井ですか……。『国内線.com』使いまくりだな、小松空港ですか。何だ、あんま面白い機体飛んでないな……。小松空港って小松基地と一緒なのか?(ひっそりと 不良の巣) そんなコトはどうでもいい……。
 お弁当用はもちろん、『焼き鯖寿司』なんてのも人気なので、この工場は休日返上で1日に千枚の鯖を焼きまくっているそうです。そう言えば焼き鯖寿司って『空弁』にもなってるなあめ後はれ時々くもり)。
 
 こうあっちこっち飛んで歩いていると、もうワケわからなくなります。JALのマイレージカードと間違えて旧JASのカード持っていちゃったし。持ち込んじゃいけないモノ持って乗っちゃうし……。
 お部屋で行方不明者が出しがちなヒトにはこんなモノが良いですな(excite)。携帯やらキーホルダーに付けておけば、アラームで居場所を知らせてくれます。私の場合はその親機が行方不明になりそうな悪寒がしますが……。
 関係ないけどこれ見つけたら絶対買おう(GiGAZINE)。自分一人でこっそりと、無意味な寒いギャグができます。

2007年4月10日 (火)

『パス』ケースの効用

 突然ですが。住宅にあるのは『排水口』です。『排水溝』は住宅についていません。
 『マンション 排水溝 におい』なんて検索がしょっちゅう来ますけど、『排水溝』じゃ道ばたの溝か、どぶ川になってしまいます。
 最近じゃ、メタンガスの泡が出るようなドブ川なんてなくなってしまいました。一時はひどかった大阪は道頓堀だって、たまに人がダイビングできるほどキレイになったって言うし。
 そう言えば。この間は戎橋が工事中だったので、道頓堀川の水面は見えなかったなぁ。串カツも食べなかったし……。あ?、やっぱあの“トラバント”のミニカー買えば良かった……。

 鎌……、じゃなくて倉敷の作業計画と資材手配で頭がこんぐらがっております。「こんぐらがる」なのか「こんがらがる」なのか、語源はいったい何なのか。とても調べたいのですがそんなヒマありません。お酒の実験もやらなくてはいけません。今日のお昼も考えておかなくてはなりません。
 それはそうとして、何で『目玉焼きにドレッシング』なのでしょうか(GiGAZINE)。目玉焼きには醤油かウスターソースだと昭和59年の通常国会で青島幸男が決めたはずなのですが、お亡くなりになってしまわれたので無効になってしまったのでしょうか。これわきっと石原都知事の陰謀に違いありません。
 このドレッシングをかける時、焼き加減はどの程度が一番いいのか。半熟なのか凶悪なサニーサイドなのか、それとも極悪非道なウエルダン状態が良いのか。ちなみに飯のオカズにするときは、水を使わず白身の縁がチョイ焦げているくらいが良い。黄身は切ったらちょっとだけ垂れるくらいの加減ね。

 しかし、これが福井県の洋食屋が開発したというのがまた不思議です。福井と言えば塩サバと永平寺のすりこぎ羊羹しかないと思っていたら、なかなか意表を突く攻撃を仕掛けてくるではありませんか。
 そういえば最近ドレッシングは使わなくなったなぁ。昔は白いフレンチドレッシングなんかをびしゃびしゃにかけまわしていたのだが。セパレートタイプが出回るようになって、油の割合が恐ろしいことになっているコトを知って以来かな?
 今じゃクレソンのサラダに岩塩とレモンを搾って、軽くバージンオイルたらすくらいだな。洋食の付け合わせサラダなんか、何もかけないで主菜の味だけで食べてしまう。メンチカツにはソースをいっぱいかけてしまいますが……。

 え?と……。相変わらず全然関係ないぞ……。
 先日、倉敷から家に帰ってきてから気がついたことがありまして。

パスケースにこんなモノ入れてた。

 よくセキュリティゲート通ったな。アルミの名刺入れは引っかかったのに。
 前もハワイに行ったとき、機内持ち込みしたリュックに『いけないモノ』を入れっぱなしにしていた。ホテルに着いてから気がついた。

こんなの。

 何でX線検査通ったんだ?

2007年4月 9日 (月)

味も素っ気もない

 え?。まだ4月の第2週が始まったばかりなのですな……。さっき予定表に書き込み入れたら気分が悪くなりました。どーやってこれだけの現場と案件こなしたら良いんだ? 実験と現場で連休までの土日も潰れそうな悪寒です。

 そんな最中に私の思考を悩ませる……、いや思考は悩まなくて悩むことが思考なのか? まあどっちでも良いのだけど。
 『サラエボに人道支援で送られた、犬猫も食べない缶詰ビーフ』ってどんなシロモノだったのだ? それがあまりにも酷いモノだったので、皮肉を込めてモニュメントが建てられてしまったらしい(exchite)。
 ゆうべぐぐってみたけど、それらしい情報は何も見つからない。ロイターの写真を見る限りコンビーフではなさそうだし。EUのマークが付いているところを見ると牛肉大和煮でもないらしい。
 大和煮に入っていたタケノコなんかにクレームが付いたって言うのなら解らないでもない。「これはパンダの食べ物だ! 体毛が白と黒になったらどうしてくれる!」とデモが起こるとか……。

 大量生産品だから。恐らくミンチ状の、限りなくコンビーフに近いモノだったのでしょうか? それとも『マッドマックス�U』でメル・ギブソンが「ゲブ…」とか言いながら食べてたドックフードみたいなモノだったのか。どっちかって言えば後者のような気がするのだが……。
 ところでこの、『マイナスカロリーコンビーフ』(“生きた証を刻め”より)って話、本当なのか? 日本なら本当にあってもおかしくない『役所的都合』によって起こる事態ではあるが……。
 
 あ、何かアラートが来た。『香り付きディーゼル燃料』ですか? サルファフリーだけにしておけばいいものを、何でわざわざ『フランス製香料でバナナとキャラメルの香り』なんて付けるかな。
 ブラジルなんだからコーヒーの香りでも……。そんな香料抽出している余裕なんかないか……。良いコーヒー豆は根こそぎ輸出しているんだものな……。
 昔、開高先生がブラジルでコーヒーを試したところ。まるっきりカフェインがダメな体質であったにもかかわらず、何ともなかったそうで。「さすがは本場のコーヒーである!」とえらく感動なさったそうです。
 実は、ブラジルの市中で飲めるコーヒーはほとんどがクズ豆を使ったものだったので、ほとんどカフェインを含んでいなかったってオチでしたが……。
 この『香り付きディーゼル燃料』、工夫すれば意外と使えるかも知れない。ありったけの種類の精油を試せば、余計な香りを残さずにディーゼル排気のニオイを薄くするものが見つかりそうな気がするな。

 関係ないけど『ブログ力検定』だそうです(面白いサイトを見つけたよ。
。8問以上正解で合格。私は『若槻千夏が何とか…』ってのだけ解らなかった。

2007年4月 8日 (日)

いざ倉敷

 え?。『グレンラガン』面白いな(←ここに的確な感想「angel notes」)。“しょこたん”がオープニングを唄ってるのでついつい見てしまう。歌は悪くないが、ボディーの小ささ故の肺活量の少なさが少々惜しまれる。ガンプラ作りながら呼吸鍛錬すべしメポ。

 それでまあ……。“おきゃ?ま”に行くヒコーキは、羽田の『67番搭乗口』ってすンごい遠い所から出る。移動している内に神奈川県に入っちまうんじゃないかと心配になるくらい遠い。

 737を誘導しておりますな。これは新型の700ERではない。いまこの瞬間に誘導員さんを『ひざカックン』すると、ヒコーキがビルに突っ込んでしまいますな。
(※危険ですから絶対にやらないでください)

 日本の機窓から、みなとみらいですな。

 高度6千フィートくらいでしょうか、見渡す限りの住宅です。このちっちゃい一粒買うのに人生かかるって言うのだから、虚しいのやら可笑しいのやら。何とも感慨です。

 高度2万フィートあたり。木花開耶姫様失礼いたします。この航路は晴れていれば良い景観が楽しめます。


 仕事のコトは昨日書いちゃったから、倉敷を終わって帰路岡山に寄ってみたりする。路面電車の運転席。何で写真でかくするかな。
 ノッチの向こうにGPSが付いているのが面白い。たまに線路外れてどっか行方不明になる車両がいるのかな?
(※運行をリアルタイム案内しています

 岡山駅前、終点です。ダブルクロスオーバーが美しいです。

 そのポイント。作動するの見たさに3本も電車の通過を待ちました。鉄ヲタ全開です。これは大同特殊製鋼のマークでしょうか?

 おみやげに『むらすずめ』と『きびだんご』買って。私はこれ。地方出張の楽しみ、ローカルのインスタントラーメン探しです。さて、作業計画書と見積を作らないと。

2007年4月 7日 (土)

スキー坊やの天気予報

 数年ぶりの倉敷でございます。“チボリ公園”ってのが駅の真ん前にありますが、当然のコトながら入ったことはありません。ちなみに中はこんな風景らしい(ぴぽちゃんのお弁当日記)。

 どーでも良いコトですが、何で私は必ず『倉敷』を『鎌倉』と言いまつがえてしまうのでしょうか? 『倉敷幕府』なんて間違いはしはないのに……。
 きっとこれわ石原都知事の陰謀に違いない。報復として明日はドクター中松に投票してやるぞ。

 さらにどーでも良いコトですが、“倉敷紡績”ってのは今は倉敷にはないそうです。工場跡は『倉敷アイビースクウェア』って場所になっていて、そこに『倉紡績記念館』があるそうです。
 “スキー坊やの携帯マスコット”とか売ってたら、欲しいぞ。『スキー坊やの天気予報』っての、昔は毎日見ていたな。
 “スキー坊や”でググったら、出ては来たけど……。クラボウとは関係ないキャラなのか? これ(京都愛クルキャラ)とかこれ(お宝ブログ)とかは。

 んで……。倉敷でのお仕事……。

 見事に燃えてます。『工場萌え』なんかじゃありません。
 普通、木造がこーなったら建て替えですが、リペアするそうです。で、ウチが木材にしみこんだ焼け臭を消すと……。

 天井全体にススが回っています。屋根は張り替えるので、その時ススは払うそうですが、あらら。グラスウールまでススが……。

 密閉してオゾン4日、フィトンチッド1日ってトコでしょうか。オゾン発生機もフィトンチッド発散機も総動員だな。什器類もですか? ザブトンとか。
 ザブトン、オタフクソースのニオイしかしませんけど……。
 え? 電気切れてる? 発電機持ってくるんですか? う?ん。弟子の野内君に自転車こがせて発電させるか。オゾンの中で必死にこいだらたぶん痩せるぞ。死ぬかも知れないけど……。
 まあ、密閉コンテナ内で自転車発電して、その電気でもって藻類に酸素作らせて自給しようって実験もあるくらいだから(GiGAZINE)。って関係ない……。

 鎌倉……、じゃなくて倉敷通い確定……。でもきっと、こんな風に倉敷観光(合唱道探求記)して歩くなんて絶対できないんだよな……。
 せめて食べ損なった『えびめし』だけはリベンジしなくては。

 で私は倉敷まで行って、一体何を買ってきたんだ? 『緊急指令10-4 10-10』なんて覚えてるヒトいるかな? 「テンフォア!」

2007年4月 6日 (金)

「桃空」とは呼ばないらしい…

岡山空港に降り立ちました。ここは初めて降りたような気がするなぁ。前に水島の川鉄(現JFE)調べた時はどーやって来たんだっけ?
もっと温かいと思ってたけど、意外と寒いぞ。桜は丁度いい感じだし。コート持ってこなかったけどまあ大丈夫だろ。
岡山空路は綺麗に晴れておりまして、富士山を見事に見下ろすことができました。
昼は岡山名物「えびめし」に決まりだな。現場の近くにあるらしいから。岡山電鉄に乗る時間があるといいのだけど……。

2007年4月 5日 (木)

燃えつきた工場に萌える

 『工場萌え』に触発されて、ウチのパソに入ってる『萌え』な写真を探してみました。

 ※イメージサーチでおいでになった方へ。大きい写真はこちらです

 これは千葉にあった製鉄所の廃高炉。工場+巨大廃墟って、超ポイント高いアイテムです。たぶん今は取り壊されて残っていません。寿命が来た高炉は、こうして廃墟となって錆びて行くようです。

 この工場だけでも、こんな廃高炉が3基ありました。敷地がやたら広いから、施設が老朽化すると放置して新しいの建てちゃうんだな。稼働しているのか死んでるのか判らない施設や機械がそこら中にある。廃墟の宝庫(響きとバイクと山遊び)。

 寄ってみました。これ以上近づくと危ない。いつどうなるか誰にも判りませんので。確か日立市にあった『日立鉱山の大煙突』も、知らない内に倒壊しちゃったんじゃなかったのかな? 昔、常磐道から見たことがありますが、あまりの巨大さに怖くなりました。

 上の写真、取り外された送風管がもの悲しいです。あれ直径5m以上あります。元の写真はもっとでかいのですが、やっぱスマッチャー専用の写真掲示板が欲しいなぁ……。部屋を紹介する写真なんかでも、ここにアップできるサイズじゃ小さすぎる。自分で掲示板借りて飛ばせば良いのか。
 岳南鉄道じゃ、アカガエル電車やアオガエル電車が配管ラインの下を潜って走るらしいです。一度乗って見てみたい(bk1スタッフレビュー)。
 まだいろいろあるから、小出しに貼っていこ♪ izaでもまた『工場萌え』が記事になってるし。
 また関係ないモノですが……。いかにもヤンキーが考えそうな調理器具(GIZMODO)。
 日本人なら手の上で切るのだが……。私は手の上でトマト櫛切りにするぞ。でも最近は豆腐切るにもまな板の上かな?

2007年4月 4日 (水)

工場萌え

 ただひたすら『工場』を撮った写真集(SankeiWeb)が妙に話題になっております。確かに、オトコってのは機械好きが多いですから工場にでも萌える。
 はい? 私ですか? もちろん萌えます。特に蒸気で動く巨大マシンなんかが良いです。
 今はもう違っているでしょうが。工場が石炭を焚いていた昔は、がらんどうの工場にスチームボイラーと、でかいスチームハンマーを設置するところから始まるそうです。そのスチームハンマーが全ての機械を叩いて作りだしていくのですな。なモノで、それは『マザーマシン』と呼ばれたようです。

 『工場萌え』はまだ目にしたことはないのですが、石油化学プラントがメインでしょうな。SUS316で作られた輝くパイプが縦横に走り、奇妙な格好のタワーが林立、さらに高い排突からは炎が噴き上がる(つれづれに…)。あ、やっぱり建築屋さんのヒトもハマってるぞ(一級建築士お受験プロジェクト)。
 私はプラス、そこに延びていく線路も好きです。小型のスイッチャー(機関車)が連なるタンク車を懸命に押したり引いたり。静かに並んでいた貨車の列が、突如『ガシャガシャガシャーン』と音を立てて、そろそろと動き出す姿は良いモノです……。あ、やっぱ『専用線萌え』なヒトもいた(かいわれダイアリー)。
 そう言えば『タンク車萌え』って鉄マニアもいまして、大宮駅でたまたまホームに入っていたタンク車列を、1台1台ナンバーを撮ってる熱心な人を見たことがある。何でもタンク車は1形式が1台こっきりしか製造されなかったりもする、ハマると大変なジャンルらしい。

 私は石化工場より製鉄所の方が面白いと思います。何せ、建物サイズの巨大な機械がゴロゴロ動いたり、火を噴く貨物列車がラジコンで走ってたり、“危な面白さ”では石化工場の比ではありません。調査の時に撮った写真、どこかのファイルに入ってるはずだな……。探してみよ。
 ただ……。『萌えるニオイ』では石化工場で時折感じる『芳香族炭化水素』の香りに勝るモノはない。製鉄所はどこもひたすらくさい。
 草が茂る場内道路、どこか遠くでファンが微かに甲高い音を響かせているばかりの極めてのどかな場所で、突然不可思議な芳香が鼻をかすめる。
 あれはなかなか衝撃です、官能的と言っても良い。放心した薄ら笑いを浮かべたまま、バタッと倒れても良いくらい。
 芳香族と言えば、『芳香族ニトロ分子』に反応するセンサーを開発して、“爆弾のニオイ”を嗅ぎつける機械ができたんだそうな(ITmediaNews)。“芳香族ニトロ”ってどんなニオイだ?
 
 製鉄所が時代に逐われていきつつあるように、石化工場も時代の求めに応じて変わりつつあるようです(iza)。いずれバイオエタノールの製造をやるらしい。そのうち石化工場に糖蜜積んだタンク車が入っていって、エタノール積んだタンク車が出てくるようになる。
 もっと機能集中させて、麦なんか積んだホッパ車が入って行くかも知れない。そうなるともう醸造所だわな。
 しかし、わざわざ石油使ってタンカーでバイオエタノール運んでくるって、何か間違っているような気がするのだが……。
 工場と全然関係ないけど、これいいな……。あ、GiGAZINEでも紹介されたぞ。

もう工場地帯なんて言わせない

2007年4月 3日 (火)

闇の左手

 小学校の低学年くらいまで、左で箸を使うことができました。まあ…。『何とか食事ができる』って程度ではありましたが。何でそうなったかって言うと、母方の従姉妹が皆左利きで、その真似をしていたかららしい。
 現在は『箸を持てる』程度で、とても食事ができる使い方はできない。実は右で使うのもあまり巧くはないのですけどね……。
 そこ行くと、ナイフやフォークはどちらで持ってもあまり不便は感じません。ステーキは右から切ろうが左から切ろうが、味は変わらないはず。

 『エイプリールフールで人を騙した嘘ニュースベスト10』ってのがありまして(AFP BB)。一番気に入ったのがこれ。

 1998年、ファストフード大手のバーガーキング(Burger King)がUSAトゥデイ(USA Today)紙の全面広告で、「左利きの米国民3200万人のために考案されたハンバーガー、『Left-Handed Whopper』」の販売開始を発表した。このハンバーガーについて広告では、「従来のハンバーガーと原料は同じだが、香辛料の位置が180度変わっている」と紹介された。バーガーキングによれば、従来の「右利き用」同様に「左利き用」ハンバーガーの注文も殺到したという。

 こーゆうシンプルでありながら、あっさりヒトを騙しちゃうネタ好きだな?。『鏡面対照配置』じゃなくて『180度違い』ってのが良い。きっと口をつける位置が焼き印で押してあるに違いない。
 そう言えば『バーガーキング』はいつ再上陸するんだっけ? 『人道的ハンバーガー』とか、よく意味が判らない方針をうち出していますが。それだって期限内に販売しなかったら廃棄されちゃって、牛さんの死がムダになってしまうのだが……。バーガーキングは作り置きしないから大丈夫なのか?

 それはそれとして……。社の実験室がこんなコトになっています。

 いや。花見の残りじゃなく……。花見でシャンパンは迷惑です。でもやっぱりホントにやってるヒトがいるようです(みりぃ☆の独り言)。
 シャンパンは浴びる酒です。昔、富士のグラチャンとかロングディスタンスの取材で表彰台の側に何度もいたことあったけど。モロに浴びました。あれは凄いニオイです、飲んでもいないのに酔います。何せシャンパンの霧吸飲ですから。
 どーでも良いコトですが、私は『モエ』より『ヴーヴ・クリコ』の方が好きです。え? 「ヴィニデルサ ドゥーシェ・シェバリエ」ってスパークリングがヴーヴクリコに似てるって(おやじの身勝手日記)? 今度探してみよ。

 ブッかける時はどーでも良いですけど、シャンパンを美味しく飲もうと思った時はなるべく音を立てないで栓を抜きましょうね。良いシャンパンを粋がって、親指一本で『バン』と抜くヤツなんか見ると、その瓶で撲殺したくなります。そんな遊びはシャンメリーでやれ。
 
 それで……、え?と。お酒並べて、これもお仕事です。花見の場所取りが仕事だってのとはワケが違います。スターラー買ってこないと。撹拌子は十字型プレートかな?
 金曜日は倉敷まで飛んで火事場の調査。消臭するとなったらまた何回か飛ばなくちゃいけません。マイレージ貯まりそう。

2007年4月 2日 (月)

浴室決死隊

 昨日は半袖でも良いくらいの陽気でしたねぇ。桜のある場所ではさぞ大変な状況が起こっていたのではないかと思われます。
 昨日ちょっと立ち寄ったコンビニでも、学生とおぼしき一団が棚の前でカゴを持ったまま、恐らく何を買うのか激しく迷っていたのだと思います。それだけ頭揃えて決められないなら一人に任せちまえ。つーかお前ら邪魔だ。
 まあ……。コンビニのおにぎりや弁当持って行く分には、菌が生息できない食品ですから中毒の心配もないでしょうが。自家製弁当だと、あの気温じゃ少々怖いですね。食中毒。
 黄色ブドウ球菌は潜伏期間も短いので、花見の帰りにもう腹痛が起こることもあるそうです(サイキンのオハナシ)。

 で、そんな状態だから。庭のカモマイルにはアブラムシがたかるし、お風呂のカビや微生物も繁殖しはじめちゃうんだな。困ったコトに。
 アブラムシには焼酎と木酢液を混ぜたのを吹きかけて……。即死はしないけど徐々に弱っていくはず。ホントはこれにニンニク漬けるともっと良く効くらしいのですが、そんなモノとても庭先で使いたくありません。

 お風呂じゃやっぱ『次亜塩素酸ソーダ』ですな、カビキラー。安定化二酸化塩素もあるけど、界面活性剤が入ってないからイマイチ落ちが良くない。これにクエン酸なんか入れると殺菌漂白にはすごく良いらしいのですが、掃除と自殺をいっぺんにやりたいのでない限り、お風呂場ではやらない方が良いです。
 で、カビキラーを洗い流したら、得意の塩化ベンゼルコニウム液を全体に吹きかけます。この作業の際は、息を止めておくのが得策です。吸いこんだら死ぬほどムセますから。あ、掃除と自殺をいっぺんにやりたいのでなければ、終わったらすぐに息をしてくださいね。

 え?。オフロの中が凄いケミカル臭になってしまいました。オゾンでも吹きこんだら消えるでしょうか。平気でそんな機械が出てくるあたりが凄いですな。でもそんな怖いコトはやりたくないので、こいつを卸して置いておきます。

 ロクシタンの『マルセルソープ(ラベンダー)』です。わざとらしくないけど、非常?に良く香ります。1200円って値段だけのことはある。

2007年4月 1日 (日)

快適な車両空間

 今年初めから導入されたJR中央線の『E233』型。やはり空調からのニオイが、乗客から非常に苦情として上がっていたようです。

 先月JR東から当社に臭気調査の依頼がありまして。その結果、空調から出る臭気の不快度が『受容認度ぎりぎりいっぱい』であるとの報告を出さざるを得ませんでした。
 だって私が毎日乗ってて、あのニオイに悩まされてるんだもの……。

 それで。急遽『空調関係を大改造した車両』を試作したそうで、先日新宿駅まで見に行ってきました。何でも、E233型よりも開放感をアップすることに重点を置いたようです。
また試験車両なので、塗装がやぼったいですな。

 可能な限り車高を低くして空気抵抗を抑え、一層の省エネを狙っています。しかし思い切ったデザインだな。

 実に開放感がある客室です。つーか。マヂで開放してるやんけ!

 この『ドアレスフリー乗降システム』により、駅での停車時間を5秒以下に短縮することが可能だそうです。
 この車両の導入に合わせて、キオスクではバイク用ゴーグルを置くようにするらしいけど、冬はちょっと乗りたくないな……。ましてや、こんな車両で長距離の旅行(excite)なんか考えたくないぞ。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック