« 基礎填蓋 | トップページ | 重装備洗濯 »

2007年5月31日 (木)

甘き悲哀

 今日はプラごみが多く出ましたモノで、両手に雑プラ+ペットボトルの計3袋を提げて、玄関の中であちこち引っかかりながらようやく家を出ました。無事に出撃したまでは良いのですが、鍵を持って出るのを忘れてしまいました。
 事務所を開けられないので、誰か出てくるまで前のマックで時間潰すハメに……。一段とホットケーキがマズくなってるような気がするのだが。
 マズい上に体に悪いってのはどーゆーコトだ? こいつは一体何を持って自らの存在を正当としているのだ? ちょっと30文字以内で説明してみろ。
 
 そんなコトはどーでも良いのですが……。
 “家庭の味”って項目の中に『カレー』ってメニューが加わるようになって随分経つらしいです。それもこれも英国がカレー粉を発明して、そいつを日本がもっと使いやすい“ルー”って形に改良したからだな。
 ちなみに。日本人がカレーの銘柄を換える転機ってのは人生に2回あるらしい。……って言うか2回しかないのか? そんなに人生かかってるモノなのか?

 1回は結婚した時で。実家じゃハウスだったのに、SB党の奥さんのカレーを黙って食べなくちゃならなくなった時。
 もいっこは『子供が普通の食事を取るようになった時』で、これまたダンナは子供向けの甘?いカレーに甘んじなくてはならないワケだ。おお、確かに人生の悲哀を感じるような気がするぞ。
 ちなみに、栄養学の先生に言わせると「家庭のカレーはそこそこ優れたメニュー」なのだそうですが、それはジャガイモやら何やらがたくさん入った『ごった煮カレー』に限ったことであって、『肉・タマネギ・ニンジン』だけの具が少ないカレーには適用されないらしい。
 「ジャガイモは、入れない方が美味しいのよ?♪」ってCMやったのは“SBゴールデンカレー”じゃなかったか?

 北海道の家じゃ何だったかな? バーモントの辛口だったかな? ジャワも使ったような気もしたが……。“SBハワイアンカレー”ってのが一時あったが、あれは妙に甘さが分離している感じで、あんま好きではなかったなぁ。“メキシカンカレー”って姉妹品もあったけど、もう知ってるヒトも少ないだろうな……。何せ北海道って昔から試験販売が多かったらしいから。

 で……。我が家では最近これ↑にハマっております。『即席ハウスカレー復刻版』。4月に限定販売されたもの(J-CAST)。
 これが何とも、やたらに黄色いA pleasant toy life)。そして『和テイスト』つーか『ちゃぶ台テイスト(iza)』が滴り落ちて、あわててフキン探したくなるほど鄙びた味です。思わずウスターソースかけたくなります和・輪・話になろうよ)。
 私は飯とカレーどっちが多いかって程にぶっかけて食べるのですが、そうすると妙に塩辛い。このままうどんかソバにぶっかけてもよろしってくらい良い味です。

 これが限定生産なモノだから、だんだん売り場から消えつつあります。境のヨーカドーでも残りわずかになってしまったので全部買ってしまった。今度周辺のスーパーも荒らしに行こうかな。境周辺でいきなりカレーの棚に空きができたら、それは私の仕業です。


 で、本日の現場です。全く変化ありません。雨で作業中止だったのかな? それとも捨てコン硬化待ち?

 あの、歯車みたいなの。何するモノなのでしょうか?

 昨日フジテレビ『スーパーニュース』の取材を受けました。何か、臭気判定士の仕事とはハズれてますが。……毎度のコトか。
 何か突発ニュース種がなければ、今日の6時台に放送されるはずです。

« 基礎填蓋 | トップページ | 重装備洗濯 »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

我が家は父が辛いものが苦手なので、父に合わせて甘めのカレーです。父の人生においては1回しかカレーの銘柄は変わらなかったに違いない。歯車みたいのはスペーサーだと思います。(多分)鉄筋のためのコンクリートのかぶり厚さを取るためのものです。違ってたらすいません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731514

この記事へのトラックバック一覧です: 甘き悲哀:

» いぬのきもち [いぬのきもち]
いぬ きもち,ベネッセいぬのきもちの情報集めてみました [続きを読む]

« 基礎填蓋 | トップページ | 重装備洗濯 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック