« 耐熱隔壁 | トップページ | 水に流して »

2007年6月27日 (水)

乾しを見るもの


 先週だったか『2007環境展』ってのをビックサイトで開催していたのだが、忙しくてとても行けなかったんだな。でも「弊社ブースにご来場ありがとうございました」ってのが郵送されて来るのはどーゆうワケだ?

 ほぉ。生分解プラで水蒸気透過がもの凄く良いゴミ袋とな? 水でグズグズの生ゴミ入れても乾燥していくってワケですか? 生分解だからこのままコンポスターに放り込んでも大丈夫なんだな。

 でも電気式生ゴミ処理機に入れたら、たぶん故障します。あの中には、バイオ処理とは名ばかりで、何と100℃以上にまで温度を上げてひたすら水分を飛ばしてるモノもありますから。ビニールが入ったら煙が出るかも知れませんし、溶けて中にくっついたら手に負えません。
 実際、あんまりエコじゃない機械もあるらしいです市民のための環境学ガイド)。ここにもいろいろ書いてあります(エコワンンネット)。
 エコワンネットの『土のう袋コンポスト』ってのは知らなかった。土のう袋に枯葉なんかを詰め込んで、その中で生ごみを微生物分解してしまう方法。その気になればベランダでも可能。水が流れることもなさそうだし、虫も入りにくいな。
 そうそう。やはり生ごみ処理のポイントは、いかに水分を減らすかなんですな。

 ひろぽんさんも書いていますが、生ごみは水気が多いほど臭いやすい。だから三角コーナーなんかに入れた生ごみほど臭いが出やすい。
 ウチじゃどうしているかって言いますと、実に簡単。みんな乾かしちゃう
 野菜の皮やらヘタなんかは、ガス台の上に並べて風と熱で乾燥させます。ハムスターがいた頃は、葉っぱ処理なんかを手伝ってくれましたが、“にゃぢ(5.2kg)”は魚の良い部分しか処理してくれません。

 特に危険なのはタマネギ。腐るとすぐに“メチルメルカプタン”ってガス臭成分を出しますので、特にガスの火口側に置いてしっかり乾かします。熱をかけて朝まで放置しておくと、だいたいカサカサに乾いてしまいます。こうなると臭いなんかほとんど出ません。

 しかし一番やっかいなのがお刺身のツマ、あの大根糸切りです。よくスーパーの値引き品を買ってきて“にゃぢ(5.2kg)”とも分けて食べるのですが。刺身の3倍以上も大根が入っていて閉口します。
 あれを全部食べるのは結構な難行苦行でして、冬場なら洗って次の日鍋の具材にしてしまう手もあるのですが、夏場じゃそれも難しい。
 ゆすいで魚汁を切って、可燃ごみの日まで冷蔵庫保管しておくしかありません。誰か糸切り大根(魚臭付き)の美味しい調理法を知ってたら教えてください。

« 耐熱隔壁 | トップページ | 水に流して »

エコっぽいコト」カテゴリの記事

コメント

師匠 おはようございます。あのワタクシも同じような感想を持っています。切り干し大根風になりませんかね。まだ、実行したことはありませんが。干して、乾燥させて、味は、かんぴょうとか切り干し大根のあじつけでしょうかね。・・・無理かな。

師匠ごみを捨てた後、ゴミ箱をチェック、ひとつ、要因としてゴミ箱そのものが臭うという大きな問題を発見。内部をきれいに拭いて消臭剤しゅっしゅっで、とりあえず、本日は臭わないようになりました。ところで、ガス台の上で乾かすって、ただ置いておくだけですか?火にかけちゃうんですか?

バトラー先生先生どうも?♪一度乾かしてみたのですが、糸くずみたいになってトレーにへばりつき、「再利用」は不可能でした。そうならないように塊のまま置いておくと真ん中辺が腐りました。瞬間フリーズドライでもしないとムリそうですねぇ……。ひろぽんさんムラなく拡げて置いておくだけですよ?。調理中の熱で結構良いカンジに乾いてくれますよ。キュウリの端っこや大根みたいに水分が多い物は完全に乾かそうと思ったら2?3日かかっちゃいますが。しかし、何と言っても見た目が悪すぎるのが難点です……。

石川先生。こんばんわ! スマッチのオフ会でお会いいたしました「家を建てよう!」の山崎の妻のさなえです。ご無沙汰いたしております。いつも楽しみにブログを拝見させていただいております。生ゴミがたまらなく臭う季節ですね。我が家の隣の川崎市では毎日ゴミの回収があるそうでとても羨ましく思います。また、友人のお宅(東京都)では流しに 「 ディスポーザー(生ゴミ粉砕器)」を取り付けたと自慢されました。悲しいかな横浜市。週3回の燃えるゴミ回収日にはゴミ集積場は悪臭が漂いますし、ディスポーザーについてはあまり前向きではないようです。庭に穴を掘って埋めるという方法もありますが我が家の愛犬アーサーは別名「穴掘りアーサー」です。臭い物はとことん追求する性格なので怖くて出来ません。やはり水気を良く切って袋の口をぎゅっと縛ってというオーソドックスな方法につきるのですかね。お刺身のツマの再利用方法として、「お味噌汁にする」「卵焼きの中に入れる」「サラダにする」という方法があるそうです。どれも「良く洗う」「刻む」というのがコツだそうです。ご参考までに。さて、話は変わりますが、私の80歳の老母から「身体の臭さは耳の周りからくるから良く洗いなさい」と教えられました。最近、人とすれ違った時に目線で匂ったりすると母の言っている事は少し当たっているように思います。 石川先生はいかが思われますか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731541

この記事へのトラックバック一覧です: 乾しを見るもの:

» 犯人はお前か [この世に家がある限り!]

週に2回の、燃えるゴミ収集日が
待ち遠しい今日この頃です。
少し前のエントリーに書いたように、
臭うんですもん、
早く捨てたいじゃないですか。

で、その悩みに臭気の師匠がアドバイスを
くださったのですが、
ひろぽん宅の場合、
その前に、お馬鹿な問題... [続きを読む]

« 耐熱隔壁 | トップページ | 水に流して »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック