« ごはん工学(後編らしい) | トップページ | テラへ… »

2007年7月 6日 (金)

Blown in the wind


 え?。港区内で再開発がさかんな某所からお伝えしております。どこにでもある事務所でございますが、原因不明なニオイが出ているそうで……。

 消去法で調べて行って、疑わしいのはコレしかないのですが……。4月末に交換したばっかの新品なんだよな……。

 でもやっぱりニオイ出てます。不思議っちゃ不思議ですが、当然と言えば当然でもあるんですな。だってこの事務所

めちゃくちゃタバコ臭い


 んです!社員4?5人がどうやら全員スモーカー。しかも、換気扇は3カ所も4カ所もあるのに、どうやらファンがヘタレてるらしくて

ぜんぜん換気できてない!


 ノンスモーカーな臭気判定士にとっては地獄の責め苦でございます。おえ……。これではどんなニオイトラブルが発生しても不思議ではありません。

 弟子とふたり酸欠状態って言うか、一酸化炭素中毒寸前。思わずこんな飲料を買ってしまう。ついでにセブンイレブンで酸素缶も買ってしまった。
 あの環境で平然と業務なさっているのですから、喫煙者恐るべしでございます。

 あ、本日お休みを取っております。一酸化炭素とは関係なく、以前の土曜の代休。
 今のところそれほどでもありませんが、これから暑くなりそうです。私の部屋には“バッドばつ丸”のミニ扇風機しかありません。ファン径が18センチくらいなもので、あんま風が来ません。

 個人的には直径1メートルはある木製固定ピッチプロペラで、毎分50回転くらいでゆるゆる回ってくれる扇風機が欲しいところです。ただしそれを床置きしちゃったら、大変スリリングな生活を送るコトになります。

 やっぱこのように天井に吊るしかありませんな。これは“ばつ丸”つながりで、オアフ島は『ロイヤルハワイアン』のラボラトリー。ハワイなのに何か一生懸命回ってますな。
 この写真を撮りたくて、用もないのに個室に入ってみたりしました。

 これくらいの天井扇だったら、モーターにちょいと細工して手でペラを回すと発電するようにできるかも。ヒマな時に発電して携帯充電……、誰もやらないか。
 でもLEDランプ組み込んでおけば災害時の自家発電照明に……、疲れるだけか……。

 でもアフリカ南東部はマラウイに住むウイリアム・カンクゥワンバ君(15)は、そこらにあったガラクタ集めて高さ12メートルの発電風車を作って親孝行しているそうです(GiGAZINE)。超エコです。偉いです。私も負けずに“バッドばつ丸”を逆回転させて……。(※無意味ですからマネしないでください)

« ごはん工学(後編らしい) | トップページ | テラへ… »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731551

この記事へのトラックバック一覧です: Blown in the wind:

« ごはん工学(後編らしい) | トップページ | テラへ… »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック