« 渚にて | トップページ | ただひたすらに »

2007年7月21日 (土)

ありがち探検隊

 皆様の暮らしに存在するニオイのほころびを、裏からひっそりと繕う臭気判定探検隊。今日は銀座の地下に存在する洞窟からお送りしております。

 世に知られていないコトってのは多いモノで。某ブランドの旗艦店の空調が大変な状態だったり、地下の『おされなバー』がほとんどガス室状態だったりと、華やかな銀座も裏に回ればゲロゲロな状態です。
 まあ銀座に限らず、どこにでもありがちなコトなんですけどね……。

 向こうで大嶋が消臭機を設置しております。こんなサイズじゃ全然足りないのですが、暫定処置で繋いでいくしかないようです。銀座のお店と言えども懐は決して豊かではありません。いっそオゾンを定常発散した方が良いかもしれないな。ここ、それくらいニオイ出まくってます。

 ニオイ出まくりと言えば、『お風呂の水を何日替えなくても耐えられるか』(excite)なんて実験やってましたが。よく10日以上もやったこと。そーとー浴槽の水は臭っていたと思います。入浴の効果ほとんどなし。
 ウチは“風呂水ワンダー”入れても2日しか使いません。やっぱニオイが気になります。そう言や、昔間違えて“メガネブク”を浴槽に投入してしまったことがありました。『似たようなモノだから効果あるかな?』とか思ってしばらく観察してみましたが。やっぱ似て非なるモノで、表面に泡の膜がうっすら出来ました。
 『これに入浴したらセッケン要らず』と一瞬だけ思いましたが、たぶんバクテリアが界面活性剤なんかを全喰って翌日は大変な状態になっていると思い直してお湯を落としました。

 “お湯の変なニオイ”はアミン類とイオウ化合物のメルカプタンの混合臭じゃないかと思いますが、誰か分析した人いるのかな?
 長風呂する人と、お風呂に何か持ち込んで遊ぶ場合、やはりお湯に溶け込む“何か”の量は多くなって、それだけニオイの発生も多くなるはず。非常に興味はあるけれど、実験してもたぶん何の役にも立たないなぁ……。
 ところで、アヒルのオモチャを持ち込む場合は大きさに充分注意してください(GiGAZINE)。これだと圧死できます。
 この、『お脳の具合が永田町限定』な人はいっぺんアヒルに潰されて死んだ方がいい。
自民党オワタ\(^。^)/

« 渚にて | トップページ | ただひたすらに »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731567

この記事へのトラックバック一覧です: ありがち探検隊:

« 渚にて | トップページ | ただひたすらに »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック