« 嵐のような静けさ | トップページ | 日本も揺れる、振り子のように »

2007年7月15日 (日)

撤退作戦は危険と困難を伴う

現在、新大阪駅です。

 大阪で私の襲撃を断念した台風4号のヤローは、逃げたと見せかけて私の退路を断つ作戦に出たようです(iza)。
 富士川に罠を仕掛けられるとは思ってもみませんでした。JR倒壊……、じゃなくて東海を始めとして多くの皆さんに迷惑をかけてしまいました。
かくなる上は先回りして箱根の山で奇襲をかけようかと……。
 むむ……。先刻承知と見えて陸路を行く愚は犯さず海上を通っているか……。これでは手出しが出来ないぞ。どうしたのもか……。

�@リスクを承知で伊丹か関空に移動。航空攻撃に賭ける
�A先に動くと敵の思うつぼにハマるので、ここを動かない
�B迂回して日本海側からの襲撃を試みる(たぶん逃げられる)
�C間違えたふりをして神戸に向かい、本気で間違えて艦攻じゃなくて観光する
�D日本橋ヲタ街まで撤退して全てを忘れる
�Eとりあえず、お好み焼きをオカズに飯を食ってみる

まず�E番から、カウントダウン方式で挑戦してみるか……。

« 嵐のような静けさ | トップページ | 日本も揺れる、振り子のように »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

師匠�Eから�Dあたりに作戦が移ったあたりで、敵は退散しているように推察いたします。さすが師匠、敵の動きをみながら、有効な作戦のみを遂行されておられる。

バトラー先生どうも♪先ほど無事帰還いたしました。先生が睨んだ通り、日本橋をうろついている間に運転再開を確認しました。家まで数十メートルで降られるって、負け惜しみみたいな攻撃を喰らってしまいましたが……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731561

この記事へのトラックバック一覧です: 撤退作戦は危険と困難を伴う:

« 嵐のような静けさ | トップページ | 日本も揺れる、振り子のように »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック