« 東京ロマン地下 | トップページ | 『やれば何とかできてしまう』の見本 »

2007年8月19日 (日)

密度の祭典

 およそ『季節のなんとか』とは縁がない生活を送っている私ではありますが、夏と冬は必ず詣でる場所がございまして。これがないと夏も冬も来た気がしません。

 ビックサイトで開催される世界最大の動員数と人間密度を誇るマイナーイベント“コミックマーケット”でございます。
この夏の動員数は55万人だったそうです(livedoor)。もうあんまりにも入場者が多すぎて、ビックサイト以外で開催するのが不可能だって言うのだから凄い。
 ちなみに、毎度お世話になっている『GiGAZINE』の記者がわざわざ始発に乗って地獄の3日目に会場入りしたそうです。始発で行ってもこの有様

 局地的に通話が集中するものだから、携帯各社が移動基地局を出さないとパンクしてしまいます。昔はコミケじゃ携帯は繋がらないってのが常識だった時もありました。移動基地局が出動するのはこれ以外じゃオリンピックかワールドカップの時くらいだそうです。『空冷服(excite)』着て歩いている参加者もいました。

 電車のブレーキだけについての研究本です。こんな偏った濃い本なんて誰が買うんだ? 俺か?

 おや。“鉄”サークルの中に住宅関連本ですか? ちょっと『住宅系サークル』ってのが存在するかどうか、探してみましょう。『廃墟』だったらごっそり本はあるのですが……。

 なんとまあ、ありましたよ。住宅についての同人誌が。まだ目を通していないので、詳細は明日にでも……。

« 東京ロマン地下 | トップページ | 『やれば何とかできてしまう』の見本 »

ヲタな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731597

この記事へのトラックバック一覧です: 密度の祭典:

« 東京ロマン地下 | トップページ | 『やれば何とかできてしまう』の見本 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック