« 社内符丁「猫屋敷」 | トップページ | 水の粉末 »

2007年8月 3日 (金)

バイオハザード

 忙しすぎてテンパっております。仕事の優先順位が決められなくなってきました。ヤバイです。いつの間にか7月がおわってしまっています。経費精算もやらなくちゃいけません。来週はインターンシップの学生がお仕事体験にやって来ます。ああ『生乾きコンクリ』の実験もやらなくちゃいけない……。

 そんなこんなで……、今日は某病院に来ております。

 内部が激しい色に染まっておりますが、シェードが降りているからです。しかし何だか、ゲーム画面みたいな感じがします。

 大嶋が天井裏を調べております。エイリアンの幼虫か何かが跳び出してきそうな雰囲気です。ブラスターを持っていたら似合いそう。
「右側を探ってみろ。ポーションがあるはずだ」

「そこの陰、気をつけろ。ルーバーの反応があるぞ!」
「少佐。この中は異常です! 恐らくエアの吸引量が足りません。気圧がどんどん低下しています」
「時間がない。構わず先に進もう」

 あからさまに怪しい洗い場を発見しました。きっと死体があって、いきなり立ち上がって襲ってくるに違いありません。倒せばきっとアイテムが手に入るはず。

 夕闇迫る怪しい診察室。良い画です。中ボスのところまであと少しでしょうか。
「奥を見てくる、ここは頼んだぞ」

« 社内符丁「猫屋敷」 | トップページ | 水の粉末 »

現場日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731580

この記事へのトラックバック一覧です: バイオハザード:

« 社内符丁「猫屋敷」 | トップページ | 水の粉末 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック