« 冷病房 | トップページ | 強制空冷 »

2007年8月16日 (木)

夏休みの破壊工作

 『夏休みの工作』って検索ワードで、思わず笑ってしまうほどおいでになっています。ネタを探しているお父さん方でしょうか? お疲れ様でございます。
 金魚ポンプを使った小型噴霧冷房装置なんかできないかな?、と考えちうです。揺動ピストン式で毎分5リットルくらい排気が出たら作れそうな気がするのだが。
 今の『夏休みの宿題?工作部門』ってどんな出題してるんだ? 何かテーマが出るのか? 『家の中で炭酸ガスの排出を5%減らす工作を考えなさい』とか。

 何を間違ったのか長岡京市でNTTが破壊工作やらかしたそうですが(京都新聞)、暑さで全員意識が混濁してたんだな。そうでなけりゃこんなマンガのネタにもならない工事やらない。
 笑えない工作と言えば、中国じゃタマゴまで手作りしてしまうそうですが(livedoor)、またデマだって当局が必死に捜査するんじゃないだろな。ダンボール肉まんの時も、何か『捜査』じゃなくて『操作』くさかったのだが。

 こっちの工作はほぼ終わったみたいです。2学期の始業式に間に合うようです。

 塀の配線はインターフォンと表札用ですか? ドアとあまりにも近すぎて、意味があるのだかどうか。まあ今のインターフォンは家中どこでも取れる方式だから、これでも役に立つのでしょう。
 これでドアの向こう側にだけモニター付いてたら、何か情けなくなります。オープンハウスが楽しみだったり……。

« 冷病房 | トップページ | 強制空冷 »

ニオイも香りも関係ないコト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731593

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの破壊工作:

« 冷病房 | トップページ | 強制空冷 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック