« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

そんなコトでいいんかい!

 え?。大雨でございます。雨が降ってる間は富士スピードウェイに霧は出ません。止んだら濃霧が出ますけど。
 昔、マツダ787Bがル・マンで優勝した後の凱旋レースみたいなロングディスタンスで超濃霧が出たことがありまして、何とピットからコースが見えなかった。ずーっとペースカー入りっぱなしでほとんどパレード状態だったことがあります。
 そう言えば昨日の予選を見ていて、最終コーナーがヤケにごちゃごちゃしてると思ったら、大改装されてたのね。どうりで直線遅いはずだ。上りの360Rから『ビシュッ!』とマシンが直線に飛び出してくるのが好きだったんだけどな?。
 昔は大雨降ると、ヘアピンからの300Rのコースを川が横切ってたんだけど、さすがにそんなことはないだろな?。でも場内の道路が陥没して8時になっても帰れないお客がいたり(livedoorNews)、お弁当が1万円だったり(Hiroiro)、何かやっぱり大タイヘンなようです。やはりレースは報道関係者として入るのが一番良い思いができます。そう言えば君待さんはご無事でしょうか。


 で、昨日の続き。
 マンション管理士の大原さんと正式契約しての初会議です。管理体制を見直して、現在の『昔からこうでした』状態の組織を整え直します。
 専門会社に委託管理すれば、ざっと年間550万円。住人の中で事務局長を有償で任命して運営すれば、コンサル料を入れても100万円は安く上がります。仕事をリタイヤした人も少なくないウチのマンションからすると非常に現実的で魅力的です。
 何せ専門会社を使わないで外から人入れるとなると、保険やら何やらで非常?に面倒です。市のシルバー人材センターから派遣してもらうなら簡単ですが、できることは掃除とゴミ置き場の管理だけ。住人が管理人を兼ねるなら、法定福利も要りません。これはいい。


と思ったら。



 何と、特別委員会の代表が難色を示しました。「そんな積極的な人がいるとは思えない」って……。

それはあんたの思いこみだろ!

 他の手段を考えるならまだしも、「これはもっと時間をおいて(以下略」

2年くらい前にもそう言ってただろ!

 そりゃ管理もできてない老朽マンションになっちまったら住人もいなくなるだろうから、話し合いする必要もなくなるわな。面倒なし、楽で良いかもしれない……。

って……。

何のためにマンション管理士呼んだんだ!

2007年9月29日 (土)

管理はこれでいいんかい?

 ウチのマンションの、管理委託を検討している業者から資料が来ました。1社だけ。

 もう1社はどこにもメアドが書いてなかったから仕方なくファックスで依頼しましたが、3日のロスが響いたのか間に合いませんでした。
 1社だけでは検討のしようがないので、ちょっと仕事で関係した会社にも頼んでみようか。でも○○不動産関係は絶対イヤです。
 とりあえず、ここは管理に慣れた感じですので候補としては良さそうです。問題は管理委託費用なのですが……。
 マンション管理士の大原さんによれば、たちの悪い会社になると……。

「比較的安い費用で契約を結ぶ」
 ↓
「翌年いきなり管理費値上げ」
 ↓
「管理組合認めず契約を打ち切る」
 ↓
「瑕疵もないのに一方的に契約を打ち切られたと訴訟」
 ↓
「ほぼ100%組合の敗訴」
 ↓
「また翌年値上げ」

 のスパイラルに嵌められて、組合のお金は残らず会社に吸い取られてしまうそうです。そうなると、当然住人から集める管理費も、毎年毎年値上げになるのでしょうね。しまいに所有者も嫌気がさして部屋を手放して、無人マンションになちゃったりして……。

 そんなハメに陥らないようにマンション管理士と契約を結んだのですが。なかなかこれが、“管理特別委員会”は最初の一歩から難行苦行だったんだな……。


  ? 会合で疲れ切ったので明日に続く ?

2007年9月28日 (金)

クマムシ萌え

 たまっている調査と消臭工事の報告書を必死こいて片付けています。現場にいるより疲れるんだな。これが。

 来年の“におい・かおり環境学会”の会合も始まっちゃうし、来月は“臭気判定士国家試験直前講習会”の講師もあるし、やっぱり忙しいぞ。夏休みはまだか?
 『サイキンのオハナシ』で行っていた台所スポンジの除菌試験、結果がでたようです。何となくそんな気はしていたけど、やっぱり『除菌効果』を謳った洗剤が、実は全く効果ナシだそうです。何せ敵はしぶとい奴らですから。

 菌じゃないけど、医科大学の動物実験施設に付いてるスクラバー(水洗式脱臭装置)のメンテをやってるんですけどね。これが水分と養分(水に溶けたニオイ成分)と年中一定温度なモノだから、水カビやら微生物やらが繁殖するする。夏場なんか1週間で水槽の中に微生物皮膜ができる、2週間でコロニー(塊)ができてる。
 次亜塩素酸入れようが過酸化水素入れようが水酸化ナトリウム入れようが、なんぼでも復活してきます。以前に厚さ10センチの層ができたこともあるくらい。絶対クマムシ↓発生してたな。

(島田市浄化センター提供)

 『クマムシ』タンはゴ○ブリより強い地上最強の生物と言われておりますが、あんま嫌われておりません。小さすぎて見えないから。それどころか結構人気があるらしいです(excite)。きっとヨチヨチ歩く姿が好かれるのだと思います。
 で、そのクマムシタンを宇宙に送り出して最強っぷりを遺憾なく発揮してもらおうって無謀な試みを『欧州宇宙機関』がやらかしているそうです。
 クマムシが巨大化してロボロフスキーハムスターサイズになったら、やっぱり怖いような気がします。
 もっとクマムシタンの姿に萌えたい方はこちら(高知大学※クマムシリンクあり)

2007年9月27日 (木)

それ行けスマート

 もはや何年使っているかも判らないドコモの“F212i”がいよいよダメっぽくなって参りました。バッテリーは今年換えたばかりなのに、時々勝手に電源が落ちます。
 パケット料も高いから、余所に変えようかと考えちうです。
 先日吉祥寺ヨドバシで見かけて「う?ん」と呻ってしまったのが、ソフトバンクの“X02HT”でして、スマートフォンですな。横幅があって全然スマートじゃありませんが、このスマートは『賢い』とか『機能を持った』って意味なのですな。タイトルの“スマート君”(映画バカ黙示録)がどうなのかは知らん。
 ワードとIE入ってるから、これがあれば出張にmuramasaを担いで行かなくて済むなぁ。手荷物検査でいちいちカバンから出す必要ないし。う?ん、機種変で月々の負担1,080円かぁ……。でも無線LUNがないところでネット接続ガンガンやったら、やっぱパケット料はね上がるんだろな……。今度は無線LUN完備のビジネスホテル探さなくちゃいけなくなるのか?
 
 『スマート化』は携帯や爆弾だけじゃありませんで、キャンピングカーなんかもスマートしちゃうとこんなコトになる(GIZMODO)。しかしこんなモノ曳いて行くくらいなら家に居りゃ良いような気もするのですが。
 日本にもアナログだけど、単機能ながらもの凄い高機能なキャンピングカー(動画)があります(おもトピ!)。世界最強です。

2007年9月26日 (水)

実験しなかったんかい


 え?。毎度おなじみ屋根裏の臭気判定士でございます。ここはまた……、戸建て住宅なのですが、ずいぶん広い屋根裏ですな。ちょっと工夫したら収納スペースにつかえそうです。

 ユニットバスが丸ごと見えております。これはやはり上からストンとはめ込んだのでしょうか? 写真には写っておりませんが、なかなか良い木材を使っていらしゃいます。内壁なんかもスギ板で、いまだに松ヤニが出ています。まあそれだけに、木のニオイも強かったりするのですが……。
 どこ見ても問題ないな?。やっぱ素材臭か?

 素材と言えば。素材変えちゃったモノで、ファミマの消臭タオルの消臭効果が半減しちゃったそうですが……(livedoor)。
『腐卵臭とたくあん臭の消臭機能がないことが分かった(記事より)』って、硫化水素とプロピオン酸のことか? あ? 『メチルメルカプタン』がたくわん臭だと!?(キャッシュ)
 この、最初のニュースリリースで既に問題が存在してるのですが……。だいたい“たくわん”って表記しているあたりで既にダメオーラが漂ってます……。ってそんなコトは関係ない。
 “たくあん”やヨーグルトなんかの発酵食品から出るスッパ系のニオイは低級脂肪酸の『プロピオン酸』です。『メチルメルカプタン』って言ったら腐れタマネギ臭or都市ガス臭です。この辺で既に何か取り返しの付かない間違いが発生していたのではないでしょうか?
 繊維にカルボキシル基(COOH)くっつけて消臭効果持たせたらしいけど、何で途中でソレを換えちゃったんでしょ(gamenews)? 実証実験はどの時点でどこが行ったんだ?

2007年9月25日 (火)

温帯定期暑

 連休の間、『なるべく何もやらない』って作戦に成功したような気がします。スマッチ書いてメシ食って酒飲む以外は、女房とアキバに出たくらい。3?4ヶ月ほど行ってなかったら、明神通りあたりの様子がずいぶん変わっていました。

 え?と。それで、どこまで回答したんだっけ? junさんの家の、床下だったかな?
 『築9年の一戸建て』だそうですので、24時間換気システムは付いていないと思います。問題は断熱がどうなっているかですね……。温度差でもって基礎が結露して、一時的に床下の湿度が上昇することは、たまにあります。その場合、カビの発生や微生物が活発に働くためにニオイが出ることはあります。カビや微生物が繁殖するとスポンジだって臭います(サイキンのオハナシ)
 この記事で例に挙げたお宅の場合、団地の1階だったのですが。基礎と建物の間が全く断熱されていない状態でした。基礎の通気はちゃんと取ってありましたが。
 そのため。春先に気温が上がってくると、冬の間に冷え切ったコンクリートに一面に結露が発生します。これが建物、つまり居室の下側でも発生して、押入の床板が変色したり畳の下にカビが出たり、大変な状態になっていました。
 古い団地の場合、コンクリートの箱みたいな基礎の上に「ゴン」と建物を載せるのでそんな事態が発生しますが、戸建てではそこまで極端な結露は起こらないでしょう。コンクリートの厚さがそんなにありませんし。
 
 それで……、う?ん(悩。
 junさん家の場合、これだけでは何とも判断できかねますねぇ。床下に空間がない『ベタ基礎』でもない限り、通気が悪すぎてカビが繁殖するなんて事態は考えにくいですし……。
 冬の間『異様に畳が冷たい』とか、そのほかに気になっていることがあったら知らせてください。それから、床下換気がちゃんと行われるようなルーバー(換気口)がちゃんと付いているかどうか、調べていただけますか?

 湿気ってのは、温帯や亜熱帯にあるアジア独特の問題なんですよね?。琴なんかヨーロッパに持っていったら、向こうの気候じゃ乾きすぎて胴が割れちゃうくらいですし。
 乾燥しまくってるから書物なんかも持ちが良いんだな。アジアにこんな壮大な図書館そんなあなたに)が存在していないのはそれが理由か? ジョージタウン大学の図書館なんか、ここに住みたいくらい。たぶん一冊も読めないだろうけど。
 どーでも良いけど。2枚目の写真が長時間露光で撮ってるものだから、利用者がブレちゃってユーレイみたいに写ってます。でもマヂでひとりくらいホントのユーレイのヒトが写っていても不思議じゃないと思う。

●じめじめしない

2007年9月24日 (月)

東の楽園ブダペスト

 その昔。現ロシアの旗が真っ赤だった頃ですが、ハンガリーは西側の製品を比較的自由に買うことが出来る唯一の場所だったそうです。兌換ルーブルさえ持っていれば、パンストから日本製ビデオデッキまで好きなだけ買うことが出来たのですな。(※一般労働者が持っていたルーブルはただの紙)
 その憧れの西側製品ってのは、ほぼ100%ユーゴスラビアから密輸で運び込まれたモノでして。ユーゴ側はほぼフリーだし、ハンガリーの境警備隊は密輸業者に完全に買収されちゃってたから、品物は無税で入り放題だったそうです。
 そんな状態を何でモスクワが取り締まらなかったかって言うと、そこ閉めちゃったら自分たちまで西側製品が手に入らなくなっちゃうから。思想より理想よりパンストだったんだな。果たしてクレムリンに思想や理想があったのかどうか知らんけど。

 で……。何でいきなりハンガリーなのかって言いますと。タムラさんのところから続報が来まして。なのでjunさんの床下についての回答は明日にしますね。

 床下からの匂いについてご相談したタムラです。(中略)先週末押入れ、床の間に置いた物を一つ一つチェックして、ついに原因がわかりました。
 ヨーロッパのメーカーのハンガリーで製造された掃除機の布団ノズル(本体に接続するコード付き)とブラシ付き小ノズルを、使わないためプラスチックケースに入れておいたのです。それを開けて匂うと直ちに胃が痛くなり心臓の鼓動が早く苦しくなりました。それから24時間つけっぱなしにしておいた空気清浄機もその化学物質を吸収していたようです。
(中略)主人もノズル入りプラスチックケースと空気清浄機を家からだしてから空気が良くなったと言います。今後どういうものに気をつければいいのでしょうか。それからこういうものを吸ってしまった場合、解毒の目的で石川さんがされていることがありましたらご教授ください。


 ヨーロッパメーカーのハンガリー製って言いますと、たぶんスゥエーデンの『エレクトロラックス』社ですな。まるでUSAメーカーの中国製みたいな状態なのではないかって気がします。
 まあ……。体調不良の原因が家そのものでなかったことが、まだ幸いでしたね。今まで全くシックハウス的な体調不良を経験していなかったのでしたら、メーカーの日本法人にちょっと一報入れておいた方が良いかも知れません。

 で、今後どうしたら良いのかと言えば。建物自体は12年も経っていますから特に問題はないでしょう。合板などのニオイで気分が悪くなることがあるかも知れませんから、新品の家具を購入する際には注意が必要です。購入の際には家具の中の空気をちょっと吸ってみて、体に変調が起こらないことを確認した方が良いでしょう。
 それから『悪い空気』を吸いまくってしまった時に私がどうしているかと言いますと。
�@気分が悪くなるほど吸ってしまったら、コンビニやドラッグストアで酸素缶を買って、血液の酸素量を増やす。(異物の酸化分解を図る)
�Aたくさん水を飲んで汗や尿で異物の排出を図る。

 こんな程度の対策です。体内で発生した毒素とは違うので、いわゆる『デトックス』が有効かどうかは判りません。でも排出を盛んにする効用の製品でしたら効果はあると思います。


●便利・安全・快適

2007年9月23日 (日)

junさんからの質問

 え?。『タムラさんからの質問』のところに、さらにコメで質問をいただきまして……。ところで、タムラさんから写真が送られて来ているらしいのですが、hotmailのためなのか撥ねられちゃってるみたいです。困った。

 私の自宅(築9年の一戸建てです)の和室でも、タムラ様と同じようなことが起こり、大変困っています。

 においが気になり始めたのは、今年の梅雨辺りです。現在も、湿度の高い日や、夜になるとカビのようなツンとしたにおいがしてきます。
 畳自体がにおっていたようなので、最初は畳のカビかとも思ったのですが、畳屋さんに畳を見ていただいたときは、畳には異常ないと思うと言われました。
畳の下は板が貼ってありますが、その板はとても綺麗な状態だそうです。板が綺麗に見えても、カビってはえているのでしょうか?

 畳と押入の接合部分の隙間は、こちらの写真のようには大きくは開いていませんが、1ミリ程度は開いていました。中は見えませんので、どうなっているのかわかりません。

 もし、床下のカビが原因の場合、どのような対処をすればよいのでしょうか? リフォーム屋さんなどに点検していただき、なんらかの処置をしていただかなければなりませんか?
 それとも、また冬になればにおわなくなってくるのでしょうか?(このまま放っておいて良いのでしょうか?)


 え?と。まずですね。最近の畳は臭いやすいようです。まだ青い畳だってのに、い草のニオイがしなくて、どうも脂肪酸っぽいニオイがするなんてのが珍しくない。最近の畳は着色してるですね。
 しかも、昔ながらの“本床”の畳は、言ってみれば全部『ワラ』ですからそれなりに通気性もありますが。最近のは中にスタイロフォームやら発泡スチロールが入っている。軽いし安くて良いのですが、畳の特性である通気性はほとんどゼロになってます。

 すると何が起こるかって言うと、『畳の裏がカビちゃう』んですな。畳の表面や板の表面が何でもなくても、畳の裏面をよ?く見てみると、白や灰色のポチポチが付いていたりします。鼻を寄せて良く嗅いでみると、何かアンモニアみたいなニオイがすることもあります。

 以前に調べたお宅でも。子供部屋の畳の1枚だけが何か臭う。まだ“おしめ”してる赤ん坊でしたので、そこでお漏らししちゃったワケではない。他に原因が見あたらないので畳を上げてみたら……。
 何と床板が湿っていました。どうも基礎の構造に欠陥があって、その一部分にだけ湧水か雨水が溜まってしまったらしい。大工さんでもないと床板は開けられないのでそれ以上の調査はムリでしたが。やはり、畳の裏には白や黒のカビが発生していました。

 可能でしたら畳をもう一度上げてみて、裏を良?く調べてみてください。湿気があるかどうかも調べてみましょう。新聞のチラシなんかを板の上に置いて30分ほど放置、パリパリだった紙が『しんなり』してたら湿気が多い証拠です。

 その辺の対策と、床下のコトについてはまた明日書きます。

2007年9月22日 (土)

またある時は潜行者


 小さいながら深刻な現場の翌日は、巨大ながら軽微な問題の現場です。まあ、困ってらっしゃる方にはニオイの軽重って問題ではないのですけど。

 水戸の郊外にある、でかい建物の床下を巡り歩きます。歩くったって、高さが150センチしかない空間なモノで、中腰。照明なんかありませんから、ヘッドランプが頼り。

 隣の部屋に行くには、このような穴を潜って移動します。先もやっぱり真っ暗ですから、オークとがスライムとかが潜んでいても判りません。
 床下1周するのに1時間以上かかります。疲れもハンパじゃありません。しかも、この中のどこかにある『薄いニオイ』を探し出さなくちゃいけないのですから超困難な案件です。

 帰りに常磐道のSAで食べた『納豆カツ』。シソ巻きカツに、納豆乗せて食べるらしいです……。

 

 何か……、非常?に騙されたような気がして仕方ありません。コレは『納豆カツ』ではなく、『納豆とカツ』です。絶対そうです! これは不当に添加された『と』を廃すべく、抗議活動を行わなくてはいけません。私個人としては皿の右端に根拠なくディップされた安っぽいポテサラが『と』を現しているような気がしなくもありません。
 そこ以外にいる理由も場所もないパセリは仕方ないとしても、このポテサラが存在しているがために『シソ巻きカツに納豆添えてみた』って超安易なメニューに見えてしまう。って言うかその存在の正当性を疑わせるに充分な証拠になってしまうような気がするぞ。
 

 悩みすぎたせいか、帰りの車で眼が痛くなって日光に耐えられなくなってしまいました。眼精疲労か? 眼精が慢性になりそう。慢性のマンセー疲労は半島の北側の国だな。関係ないけど。

●仕事もプライベートも充実

2007年9月21日 (金)

またある時は『お庭番』


済みません。記事を再編集中です。


●入居後に後悔しない

2007年9月20日 (木)

赤坂上空サンマの煙


 氷&冷水サーバー付きの冷蔵庫でございまして。寸胴鍋丸ごと入りそうです。無理すれば人間だって中に入って涼むことができそうです。これが備え付けだっていうのだから羨ましい。
 赤坂の高級すぎる某賃貸マンションなのですけど。全室消臭する内容で積算したら100万越しちゃったもので、カーペット剥いだ状態で再下見です。

 あ?。やられちゃってますね、やっぱ。マンションの価格に関係なく猫しっこにはやられます。ここにいた猫ですから5缶198円の猫缶なんか食べなかったでしょうな。きっとアジもサンマも食べたことないでしょう。それは猫としていかがなものかと……。どうでもいいですが。
 床は剥ぐけど枠は残すんですか? はあ、改修予算がきびしい。月500万(推定)の家賃なのに……。

 『寝室4』からの眺望です。カーテン閉めないと、絶対明るすぎて眠れません。

 東京タワーもちらっと見えます。これがサッポロのテレビ塔だったら時計が付いているので便利なのですが。

 ダイニングからは17階のお宅のバルコニーが望めます。あそこに七輪置いてサンマ焼いたら大変なコトになりそうです。サンマは日本人しか食べないから大丈夫なのか?
 関係ないのですが、サンマのワタと言うか魚の内臓がチョイ苦手です。水銀とかPCBとか蓄積してそうだし……。でもサンマのワタは結構簡単に抜き取ることができるそうです魚屋三代日記)。
 さらにどーでも良いコトですが、サンマの内臓って胃とか腸とかの区別がない1本のチューブなんだそうだ。従って食物の消化&通過が早いのでワタがあまり臭くないとか。

 バルコニーに出る窓以外は全部ハメ殺しです、そしてこのような換気ハッチが設けられています。ここ、やけに音がするのですが。ファンが付いているのか? センサーみたいなものも付いてるな。う?んこれでも作業費50万は切れないぞ……。それでも家賃(推定)のたった1割じゃないか。


●猫しっこにやられてないハイグレード

2007年9月19日 (水)

ひのまる激情

 今朝、出がけにデジカメを忘れて。取りに戻ろうかどうしようか決められずにかなり迷う。
 結局取りに戻ったものの、肝心のカメラは最初からカバンの中に入っていました。どうやら相当疲れているらしいです。このままでは白いワニが見えるようになるかも知れません、いやそれも良いかも……。
 何でもないのに玄関先にシマウマ見ちゃう(excite)ヒトもいるらしいし……。

 昨日の長野駅前朝7時。人がいません……。やはり景気の影響なのか、それとも地方都市ってこんなものでしょうか?

 現場に行って消臭剤を撤収します。これだけの数を発散させると目にしみるくらいになりますが、広いだけあって程よい効き具合です。

 こっちが終わるか終わらないかのうちに、もう足場屋さんが仕事を開始してしまいます。あの?。効果測定がまだなんですけど……。

 終わったら急いで帰ります。八風山トンネルの中、ここも人っ子一人いません。やはり景気の影響なのでしょうか?

 全然関係ありませんが、藤岡ハイウェイオアシスの中、地産品の売店です。“元祖でぶや”の石ちゃんが踊りながらやって来そうです。

 帰ってきたら今度は狭山の『しっこハウス』です。壊しても壊しても新しいしっこ汚染場所が出現します。写真の。ボードの裏に見えているうす茶色のシミ、全部猫しっこです。
 もう……、全部壊して建て替えた方が早いんじゃないですか? ここ。

●それじゃ、新しいので

2007年9月18日 (火)

無動力作業

 昨夜の長野市内でございます。どんどんどろどろ。

 現場です。やっぱり電気が復旧しておりません。発電機もありますけど、排気ガスが出るもので使えないコトがわかりました。
 向こうを横切っているのは野内君です。

 仕方ないから手持ちの照明でもって作業です。

 カラダにLEDライト1個、両手に1本ずつ。計3個ライトをつけて遊んでおります。照明人間?、現る現る?♪
 消臭剤セット何と30個。明日の7時にはもう撤収です。しかし、全国どこ行っても6時前に起き出さなくちゃならないってのも辛いなぁ。

●町並みどうですか?

2007年9月17日 (月)

実は挫折していた

 今朝の新聞にこんなチラシが。

 「チューニチユーショーチューニチバンザイ」と喋るセキセイインコが行方不明だそうです。個人で挟み込みチラシを依頼するといくらかかるのやら、販売店ひとつとの契約だから万単位なのかな?
 ウチでは新聞本体よりチラシの方を重視しています。一時産○に替えたたこともあったのですが、あまりにもチラシの量が少なくてまた戻しました。
 はっきり言って、新聞いらないからチラシだけ入れてくれても良いくらい。

 それで……。
 居住者に配布する『ハイムだより』やら昔の資料をひっくり返していたら、何とこんなモノが出土したんだな。

 どうやら以前にも管理組合制に取り組んだらしいです。日付なんかは記入されていないので、どうやら案だけで終わったらしい。大原さんによれば、昭和50年代末に法改正があって、それに準拠しているから60年頃に検討されたものでしょうとのこと。しっかりできているから少々の手直しでこのまま使えるとのこと。
 古くからの住人であるメンバーの話では、どうやらその頃はオーナーが戸数の半分以上を所有していたために、これは立ち消えてしまったのだろうとのこと。現在は区分所有者がほぼ全てだから問題ありませんな。
 これで、最大の難物と思われていた『管理規約の作成』の手間が省けました。
 もう1冊の変色しちゃってる冊子は、何と昭和40年代に業者に管理を委託していた時の契約書。





……ちょっと待て。



 昔管理に業者が入ってたのか? 初めて聞いたぞ。その業者はどーなったんだ? 契約打ち切ったのか? 廃業しちゃったのか?
 う?む。なかなか奥が深いぞこのマンション。ただの『お茶会自治会』で何十年も保ってきたワケではなさそうです。
 『管理組合設立体験ツアー』とかで見学者募ったろか(ウソ)。でも『サムライ体験ツアー』や『スモー体験ツアー』なんかは実在するらしい。“サムライ”はやってみたいぞ。

 それではこれから長野の火事現場に向かいま?す。

●知っておきたいこと

2007年9月16日 (日)

Eye of the Tiger

 昨日は一応休日だったモノで、夕食にハンバーグを作ってみました。無精こいて“マイスタームラカミ”の生ハンバーグを買おうと思ったのですが、何と4時前に売り切れ。仕方ないので牛挽肉を買って自分でこねるコトになってしまいました。
 タマネギみじんに切って炒めて、肉に塩胡椒してナツメグないからオールスパイスとクレイジーソルト。捏ねて捏ねて固めて空気抜いて、焼いて出た脂でエリンギも炒めて。そこにデミグラスソース入れてプリンスソースでちょいと隠し味。しかし「何でこんなに焼き割れするんだろ?」と思ったら。

タマゴ入れ忘れてた


 いまさらフォローの仕様もないから深めの皿に盛って、ニンジンとインゲンでもって堤防にしておく。さすがにちと固いか、昔横田基地で食べたハンバーガーを思い出すな。肉の味はこっちの圧勝なのだが。
 しかしお肉も微妙に値上がりしている気がします。きっと飼料が上がってるからだな。昔ブラジルじゃ『肉の値段が上がると政府は即日倒れる』なんて言われていましたが、今はどうなっているのやら。イタリアじゃパスタが値上がりして法務大臣までご立腹だそうですが(iza)、値上がりを止めようがなかったのか?

 それはそれとして……。

 私が住むマンションの『管理特別委員会』は、マンション図面の再編集をやっております。図面もまともに管理されていなかったんだな。
 何か、工事の度に図面をコピーして使っていたらしくて痛みも激しいし、同じ図面がコピーをくり返した上に原本が見つからなかったり、意味不明の第2原図が焼かれていたりと、作業をやっていて目眩がします。全部コピーして製本したら10万くらいかかりそう……。

 ホコリであちこち黒くなったままマンション管理士の大原さんと打ち合わせ。今日でめでたく契約です。よろしくお願いします。
 で、さっそく管理を委託する業者の選定についての説明。

�@一番最近作成したマンションの『管理規約仕様細則』
�A最近行った管理組合の総会議案書
�B管理を委託される際の契約書
�Cマンションに掲示する日常のお知らせ、広報の事例
�D国土交通省登録証の写し

 これだけ見れば良い業者かどうか判断ができるそうです。さて、こちらの腹づもりで“良い業者”がみつかるかどうか。全て大原さんの眼にかかっています。

●失敗しない

2007年9月15日 (土)

あるものは 月と仏とおらが蕎麦

 薬用アクセスのニオイを漂わせながら、『あさま』に乗ってやってまいりました。新宿出てからたった2時間です。

 もちろんEF63の重連による後押しなんか必要ありません。しかし完全に日帰り圏内になってしまったために出張族がお金を落とさなくなって、景気は悪くなってしまったそうです。長野。

 で。どこかで見覚えがある造りの現場です。

 『電気トラブル』って、漏電と違うのか?

 グラスウールがまるでコゲたパンケーキです。このおかげで天井裏が燃え上がらないで済んだようです。はあ、ここを1晩で何とかしろと……。電気がまだ復旧してないのにどうやって作業をやれと?


 長野に来たからには蕎麦を食べねばいけません。帰りのタクシーで教えてもらったお店で『おしぼりそば』を試してみます。

 何でしょうこの変なつけだれは? 実は“ねずみ大根”の絞り汁なのですな。名前は可愛いが恐ろしく辛い大根です。

 一度新宿で食べた時は生醤油でしたが、やはりここでは信州味噌です。どんな味になるのやら。

 とても『蕎麦を食べる』って雰囲気じゃなくなってきました。で、この味噌だれに粗挽き太打ちをつけて頂きます。
 生醤油の時はひたすら辛かったのですが、味噌のまろやかさが刺激を和らげてくれて食べやすい。こっち方が良いです。でもやっぱり辛い。ワサビが付いていますが、全然必要ありません。むしろワサビが甘く感じるかも。
 何よりこれは体に良さそうですな。日本酒飲みながら食べると良さそうです。

 で、現場のニオイ検体持って急いで帰る。長野滞在たったの2時間。消臭作業は17日の夜からになりそう。
 もう……。9月は完全に消臭作業で終わりそうです。10月に始まりそうな現場があるし。これは、夏休みは11月だな……。9月病どころじゃないわ……。


●らくらく通勤

2007年9月14日 (金)

羊毛スプレー

 え?。朝、靴の中にカナチョロの死骸があって、かなり鬱になってしまいました。“にゃぢ(5.2kg)”の仕業でしょうか。どーゆう意思表示なのかナゾです。
 でまあ……。思考が錯乱来すほど忙しいです。今朝なんか、出がけにスーパーハードスプレーと間違えて『薬用アクセス』頭にかけてました。頭皮に滲みて気持ちは良いですが、薬くさいです。
 関係ないけど養毛剤と育毛剤ってどう違うんでしょ? 羊毛剤って誤変換しちゃうと頭に毛糸が生えて来そうで怖いです。
 今日もこれから長野に行って火災現場の下見と事前の測定。

 お家、なくなりました。

 またユンボが来て基礎を取り壊しています。しかし広い土地ですな。例の小さい家だとユンボのアームなんか伸ばせません。


●働きすぎたら……

2007年9月13日 (木)

ファイナルベント

 え?。この間このビル見下ろしていたような気がします。まあそんなの関係ありませんが。はあ、ここに入れと……。

 こりゃ高圧ケーブルのピットじゃありませんか。電磁波の影響とか、かめはめ波の影響とか大丈夫ですか?


 シャフト見下ろしたって何もわかりません。とりあえず、下から空気は上がってきてませんけど。

 下から見上げるとこう。なかなか良い雰囲気です。でもここはニオイと関係ない。

 で、ビル調査ではお決まりの屋根裏です。ここまでは結構広くて楽ですが……。

 梁を潜るといきなりこうです。足元はペラい天井ボード1枚だけ。Cチャン踏み外すと大変です。吊り金具持って常時3点支持。これでニオイまで嗅ぐってのだから、臭気判定士ってのは大変な仕事だ(他人事)。

 1部屋の臭気を調べるために、ビルの構造から点検して。上の階下の階屋根裏と、順次調査範囲を絞っていきます。何せ難しいニオイでした。建材みたいな厨房排気みたいな、何とも表現しにくい質。最後に空調機械です。

 リターンエアのダクトの中。うわ?汚ね! リフォームの時に交換しなかったのか。昔喫茶室だったって言ってたけど、ホコリやら煙草やらコーヒーやら、いろいろ混ざって凄ンごいニオイ。

 調査を終わってお昼を食べに行ったら、何か総理大臣のヒトが辞任したとかしないとか言ってました。そのコトはニオイと関係ないのでどーでも良いような気がしますが、



   
何と……





こんな風に物事に動じないはずのテレビ東京が……。





緊急報道番組を流したそうです(カジ速)



うぎゃ?! もうダメだ?! 日本はおしまいだぁぁぁ!


●日本はもうおしまいだから

2007年9月12日 (水)

土用波 ウナギ喰いたしヒマはなし


 火事現場の消臭作業も、最終点検です。

 ちょこっと壁が臭う場所を、野内君がパーマシールドでタッチアップしております。コンクリにペイントを塗った箇所がなかなかしぶとく臭います。
 今度同じような現場が出たら、アセトンか何かで塗料剥がしだな。

 焦げたコンクリさえ見なければ、もうただのリフォーム現場です。ここが燃えたことなんか知らずに暮らせます。

 ずいぶんワイルドにサッシを取り付けています。こんなで良いのでしょうか?

 火事現場が終わったら、今度は急いで深沢のペット可マンション。この後も現場が控えてるっつか、つかえてる。

 床はコンクリに樹脂塗装で、それなりに対策は施してありますが、バ飼い主に飼われたバカ犬が相手ではどうにもなりませんな。

 この部屋、まるで昔の動物園みたいなニオイがします。何でこんなに臭うのでしょうか……。

 あらら……。クローゼットのレールにウンコがはさまってる……。どーしょもない状態です。う?ん。工事と消臭と清掃と、どれを最初にやったらいいのだ? と考えていたらお客さんから電話。
 来週テナントが入るのにニオイが取れないからすぐに虎ノ門まで来てくれ? やれやれ、いつまで続くんだこの状態……。

●バ飼い主じゃないですよね?

2007年9月11日 (火)

空洞化現象


 ?済みません。記事を削除しました?

●こっちは「使え」ます

2007年9月10日 (月)

サンドブラスト

 最近、と言いますか。何か土日に多いような気がするのですが。私たちが寝ようとすると“にゃぢ(5.2kg)”がトイレをざっくざっく掘りはじめます。しかも時間差攻撃。
 放水の後片付けが終わった頃に、今度は爆撃です。にゃんこの生理現象なのかもしれませんが、困ったものです。
 現在は再生パルプの紙玉みたいな砂で、トイレに流すこともできます。とっても高いけどとっても楽。しかも『何か』入っているらしくて、うっかり放置してしまっても臭わないところが良い。
 前は間伐材から作った『焼却可』の砂やらゼオライトやらいろいろ試しましたが、やはり速攻処理してなくなってしまうのが一番良いです。紙砂の難点と言ったら飛び散りやすいことくらいだな。

 砂と言えば鳥取砂丘にサークルの名前を落書きしたバカがいますが(YOMIURI ONLINE)、どうやら名○屋大学のアドベンチャーサークルらしいです。バカである証拠にmixiやブログに書いて(現在は全て削除)、あっという間にメンバー全員の氏名まで特定までされてしまいました。
 単に公園事務所や県に詫び入れれば済むことだったのに、情報削除しまくって必死に証拠隠滅を計るものだから、却って騒ぎが大きくしてるし……。ブログに「いわゆるインカレサークルです」って書いてあったのが「イカレサークル」に読めてしまった。

 で……。こんな『スーパー自動ネコトイレ(Byozine)』(←注:英語の解説が流れます)なんかあったら、夜のウ○コにも悩まされずに済むのでしょうか?
 つーか。ネコ様ホントに入ってくれるのか? サイト内の写真では、確かにネコ様が頭だけ出して虚空を見据えているから、お使いになっているようですが。実は作動音がもの凄くうるさかたったりして……。

●ネコとかイヌとか

2007年9月 9日 (日)

Rock me baby

 いつもの“h2”さんで髪を刈ってもらいまして。行くたびに何か見せてくれるのですが、さて本日のお披露目は何でしょうか?

 ほお。幻の剃刀『岩崎重義』ですか。今度わざわざ新潟まで遠征ですか? 商売のこととは言え、マスターもヲタ道まっしぐらですな。

 柄の軸線に対して、刃が微妙によじれて付いているように見えますが、これが切れ味の秘密でしょうか? ではお願いします。「使い心地」じゃなくて「剃られ心地」のレビューってのも珍しいのではないのでしょうか?

 おお。何となめらかな肌当たり。刃物を当てられている感覚ではありません。これはマスターの腕ってのもあるのでしょうが。
 私は床屋に行く時でも、家で剃ってから行きます。ムダっぽいですが、無精髭で表に出るってのがどうにも気が引けます。
 で、その剃り残し部分にあたる刃の感じが、やはり非常に良い。『井上藤助』や『へんこつ』と同じ玉鋼なのですが、微妙に感触が違います。鋼ですと毛の一本一本が切れる時の「チン」って刃鳴りが聞こえます。これがステンの西洋カミソリだと「ジリ」って鋭さに欠ける音になります。ステンの剃刀も良く切れるのですが。
 それがこの『岩崎』ですと「チッ」と、音も感触も非常に軽い。恐っそろしく良く切れるってコトでしょうか。トンボが止まろうとしたらスパッと体がふたつに切れてしまった『蜻蛉切り』の切れ具合ってのはこんな感じか? あれは槍だけど。

 そう言えば小説かマンガで。チンピラが持ったナイフの刃を、美容師か理容師が剃刀でパシッと切っちゃうシーンを記憶しているのだが、何だっけ? ステンレスの安ナイフだったら、鋼で切れないこともないだろうな。
 
 と銘刃で気持ちよく顔をあたってもらってから、事務所に出て経費の計算だけ済ませておく。今週もどうやら大忙しの悪寒ですから。
 あ、そう言えば……。いつもの酒屋でショックなニュースを聞かされました。“ロリングロック”が日本では終売だそうです……。ってコトは、ウチの冷蔵庫に残ってる1本飲んじゃったら、もうアメリカ行かないと飲めないのか? どっか平行輸入とかやってくれないのかな?
 向こうの記事とは関係ないけど、この冷蔵庫いいな……(GiGAZINE)。別の意味でも。


●レビューしよう

2007年9月 8日 (土)

CHILDHOOD'S END

 あんまりにも忙しかったために、ちょっと目を離していたら……。

 例の家はこうなって↑

 あっという間になくなっていました。来週には更地だな。積み上げられたALCが無惨です。やはり、家もいつかは廃棄物。

 『車の墓場』『飛行機の墓場』『電車の墓場』なんてのは実在しますが、『家の墓場』ってのは聞いたことがありませんな。廃墟廃村ってな具合に、『家であった』という過去は問われなくなってしまう。

 そう言えば山口県に“7つの家”と呼ばれる心霊スポットがあります(セローズワールド)。7軒の家が並ぶ一角が何故か丸ごと廃墟になってしまっているそうで、いったいどんな恐ろしいコトが起こってそうなったのか……。
 その辺非常にミステリーを感じるのですが、廃墟マニアの診断(?)では何のことはない『うち捨てられた住宅展示場』だそうです。どの家にも生活の痕跡がなかったらしい。
 電車の墓場じゃないけど、大宮の新交通博物館もうすぐオープンだな。そうそう、『墓場』と呼べるスケールでも形状でもないモノがドイツで計画されているそうで(Gizmodo)、下の方に現存ピラミッドとの比較図がありますが。『ギザ』よりはるかにデカいモノを何と呼んだら良いのでしょうか? 中がどんな構造になっているのか知りたいような知りたくないような……。
 『グレートピラミッド1億』って書いてますけど、これ1億人用ですか? ってコトは、これ100個も建てたら『人類の墓場』が出来上がるのですな。誰が費用出すのか知らんけど。ついでだから『モノリス』も建てておいて欲しかったり……。


●見に行ってみよう

2007年9月 7日 (金)

猫に億しょん

 あ、復旧した。
 何せ、朝書けないと昼休みのホンの30分程度の時間で書き上げなくちゃならないモノで、大変です。
 大変と言えば相変わらず仕事がタイヘンなのですが、何でこんなに『猫しっこ』の現場ばっかり立て続けに来るのでしょうか? 石原都知事の陰謀ではないかと勘ぐってしまいます。もしそうだったら『万寿金せんべい』の詰め合わせ持って都庁に挨拶に行かなくちゃいけませんな。

 え?、それで。こんな、クローゼットの中までふかふかなじゅーたんです。そこへ遠慮なく猫タンがおしっこやら『ケロケロ』をやらかしています。
 猫のヒトは結構神経質で、トイレ砂が変わっただけでもしなくなる猫と椅子の日々)場合があるって話ですが、ここはよほどじゅーたんの具合が良かったのか?
 それはともかく。この中の消臭は大変な苦労を伴います。なんせホラ『苦労絶途』って言うくらいですから……。

 それで……。え?と。

 お部屋からはこんな眺望も楽しめます。これで賃貸だって言うのが凄い。“フォレント”でちょっと調べてみたら、近所の4階3LDKで200万でした。ここは寝室4つのトイレ3つの浴室2つ、ファミリールームまでついて総床面積259平米。……家賃500万くらいかな? それじゃ処理費用は250万くらいにしておこうかな?。

 これわ秘密ですが、こんな建物も見下ろせます。しかしこれではどこの物件だかバレバレです。
 いかん。あんま見てるとテロリストだと思われて狙撃されるかも知れません。もしかしてここの職員用か?

●ひとにも億ション

2007年9月 6日 (木)

悶絶濃度

 え?。“悶絶猫鍋”のせいなのか、PV数がもの凄いです。おかげでyahooなんかの検索アクセス記録が全部流れてしまった。
 今日は珍しくこんな時間のアップですが、始業前に書けなかったら昼休みに書くしかありません。仕事中は書きたくったって書ける状態じゃありませんが。あ、経費の精算もしないと……。現場で資材調達もするから領収書の数が凄いこと。これだけ立て替えててりゃサイフも軽いはずだ。

 何か台湾で“臭豆腐”をメニューに出していたレストランが罰金刑くらったそうですが。そんなムチャクチャ臭いモノだったっけ? 「そのにおいが規定値を3倍上回っていた(記事より)」そうですが、アンモニアの濃度かな? ちょっと協会に聴いてみよ……。あ、先生がた講習会で出張ですか。
 仕方ないから消臭剤なんか輸出しているメーカーに聴いてみる。「基本的に成分濃度で場合によって官能試験も使う、ただしEC方式のオルファクトメーター法だと思う」ですか。するとやっぱりアンモニアの濃度だな。
 日本の規制上限『臭気強度3.5』のアンモニア濃度が5ppmだから、15ppmってところかな? 『もう一度かぎたくない』って強度5の濃度が37ppm、その下の強度4が9.2ppmだから相当強烈です。って、何を一生懸命調べているのでしょうか? 実はこれから赤坂の超高級マンションの『猫しっこ』を調べに行くモノで、アンモニア濃度で評価したらどうかと考えているところなんだな。

 現場と言えば、朝の8時から現場入って作業でしたが、リフォーム直後で何か一生懸命除湿器をかけているから暑いの何の。1時間程度ですっかり消耗してしまいました。
 しかし、う?ん。大丈夫かここ? 何か変な感じなんだよな……。玄関。

 よく見たら……。靴箱の後ろ壁、隙間開いてるじゃないかshock
 あの後ろどうなってるんだよ! 何かニオイ出てきてるんですけど! 1階は作業範囲に入ってなかったぞ、下見の時にもう作業始まってて調べられなかったし。苦情出てもウチの責任じゃないぞ?!

 全国のリフォーム屋さん。臭気対策業者はかならず施工開始前に呼んでください。トンカンやってる最中に呼ばれても、まともな調査ができません。

●リフォームといえば……

2007年9月 5日 (水)

夏草や体に滲み入る猫しっこ

 え?。廃墟ではありません。似たような状態ではありますけど。引き続きず?っとかかわっている『しっこハウス』でして。もはや普通の消臭作業じゃどうにもなりません。

 表面からいくらやっても効果がないので、大工さんに壊してもらうことになりました。階段、下に鉄の基礎が入ってたのですな。

 壁も開けてもらいます。弁護士さん立ち合いの下に、ニオイがある部分片っ端からはがしてもらいます。

 ……何ですか? このシミは? もうちょっと引っ剥いでもらえますか。

 あらら……。この壁全面やられちゃってます。ムセるほどのアンモニア臭です。これは床までイッてる恐れが大です。床……、今日は無理ですか。う?ん、また裁判所行ってここ来て、も一度裁判所に報告か。面倒だな……。あ、カメラの電池が切れたぞ。

 このニッケル水素2700ミリアンペア使っていると電池式だってコト忘れます。アルカリなんかだと20枚も撮れないので終わってしまうのですが。さすがは電池のサンヨーさん、良い仕事してます。
 今度はエネループでもって電気あんかなんかも発売するらしい(ITmediaNews)。面白そうだからビックのポイントで買ってみようかな。でも“にゃぢ(5.2kg)”に取られるような気もする……。

 関係ないけど最近巷で人気の動画があります。今日の『めざましテレビ』でも紹介されたらしい。

http://jp.youtube.com/watch?v=mcbS8qyCmcs(※猫動画-悶絶注意)

●猫には鍋、人には……

2007年9月 4日 (火)

しっこハウス症候群

 何か……。来る日も来る日も焼け跡と猫しっこ犬しっこに立ち向かっているような気がします。トイレを上手に使ってくれる“にゃぢ(5.2kg)”が非常に可愛く思えます。
 でも……、何であのヒトはトイレトレーの縁までひっかくのでしょうか?

 こんなトコ↑にオシッコしちゃった猫は、どこを『ちょいちょい』したのでしょう? しかし浸みちゃった猫しっこ、どうしたらいいんだ? 分解掃除か?

 全然関係ありませんが……。

 これは“ブタ屋敷”か? これで入ろうと思う客がいるのかな? どうでもいいけど……。

●引っ越して「しつけ」からやり直す?

2007年9月 3日 (月)

バイオでワンション

 よろよろしながら出社してきております。さすがにまる1週間現場が続いたから、足にキてるなぁ。今日は会議と火事現場の確認、明日は所沢で裁判になっちゃってる猫屋敷の修繕下見。ああ、箱根のホテルの調査日程決めないと。報告書も溜まってる……。

 そうそう『犬しっこ』だ……。車のシートにワンちゃんが粗相しちゃって……。

「やられてすぐ掃除」=これは当然洗剤か何かで拭いたのでしょうね。これは当然のことで問題ありません。
「ファブリーズ」=これも問題ありません。ただ、全く効果がないってのがおかしいですねぇ。使う量や場所を間違えていない限り、それなりに効果はでます。相当クサいスニーカーだって、びしょびしょになるまで吹きかけたらニオイ消えましたから。
 一度。シートの表面が湿る程度ではなく、中まで浸みるほど吹きかけてみてください。表面から数ミリくらいオシッコが浸みている疑いがあります。
「光が当たると消臭してくれる消臭剤」=これは光触媒のスプレーか何かでしょうか? これは効きません。シートの表面に光触媒コートを施しても、シートそのものは脱臭できません。

 さて。何でニオイが取れないかって考えますと……。ところで、車のシートって“座席”ですよね。外側にかぶせるヤツじゃなくて。
 やはり布地だけではなく、中のクッション材にオシッコが浸みて残っている疑いが濃厚です。丸洗いできないのならこのような方法を試してください。
�@シートを車から取り外して、汚れた部分を良く陽に当てる。
 →熱してニオイを飛ばしてしまう方法です。
�Aバイオ系洗剤を使用して、浸みたオシッコ成分を分解させる。
 当社の製品ですと『バイオC』または『GB610』です。ただバイオCは独特のニオイがありますので、今度はそっちが気になっちゃう恐れがあります。
 それにバイオ剤には酵素製品と生菌製品がありまして、だいたいが酵素製品。生菌の製品はあまり販売されていませんが、こんな製品もあります。ただし生菌の製品は、常時湿気がある場所じゃないとうまく働きませんので、この場合は酵素製品の方が良いと思います。


●ペットと快適に暮らす

2007年9月 2日 (日)

消臭作業は力任せ

 え?。昨日の現場の続き……。

 天井はそのまんま防臭処理しようと思ったのですが、何か砂壁みたいな吹きつけ材がボロボロボロボロはがれ落ちて手に負えません。「引っぺがしちまえ?!」もはや消臭作業やってるのかリフォーム工事なのか判りません。
 おお! 凄い数のオーブが出現しております。我々の作業が彼らを怒らせてしまったのでしょうか。

 構わず引っぺがす。何とか2時間ほどで撤去完了。もう腕が上がりません、もしかして祟りでしょうか?

 いらないモノを引っぺがしたら、火災専用消臭剤『デオクリーンF』を吹きかけてしみこませます。あっ、またオーブが……。ここまでが昨日の作業。

 翌日はひたすら防臭コート剤を塗る塗る塗る。弟子も営業所の担当も総動員です。

 塗るコート剤は『パーマシールドUタイプの18&30』18はコンクリートの中までしみこんで、ニオイをそこで固着させます。それから30で表面をシールするのですな。

 右側の白っぽい部分。18を塗布していますが、全然わかりません。『( 』みたいにひと筋塗ってあるのが30。しみこみ具合が違うのが、はっきり判ります。
 あ、『(・(ェ)・)ノ クマー』を描こうとしたワケではありません。絶対違います断じて違いますホントに違います。

 昨日の写真の1枚目、右側の灼けた壁の処理後です。18を3回、30も3回塗りでこんな状態になります。これで煙臭もほとんど気にならない。

 で……。車のシート……。市販品で消臭か……。難しいなぁ。もうちょっと考えさせてください。


●力任せにガラっと変える

2007年9月 1日 (土)

長月突入

 灼熱の8月が終わったらしいですが……、私の方は引き続き現場大回転状態が続いております。ぼちぼち体がヤバいです。朝スパッと起きられません。

 こちらの現場のその後の状態でして。スケルトンになりましたがやっぱ焼けております。コンクリがモロに焙られていますな?。奥に見えるカマドみたいなものは古いバランス釜の痕跡らしいです。
 ところで『バランス釜』って何のバランスを取っているのでしょうか? それともバランス氏が発明したのでしょうか。

 燃えたクロスを引っぺがして、コンクリートを露出させます。とても消臭作業とは思えません。今日も一日この現場です。

 それで……。『車のシート』ちょっと待ってくださいね。使えそうな製品を調べる時間がないもので……。と言っている間にまた相談が来ました。

木下さんから。

相談なのですが・・・
 以前猫を5匹飼っていましたが、ちょっとほったらかしにすると押入れでの糞尿がひどくかなり匂いました。
 湿気があるとずっと匂ってる感じでどうしようもなくインターネットで調べ消臭してもらいました。ただ5日間で30万ぐらい払って作業をしてもらったのですが、においが残っています。
石川さんにお願いすればとれるのでしょうか?
また費用と日数はどれぐらいかかりますか?


 これは……。消臭屋じゃなくて大工さんを呼んだ方が良かったパターンですねぇ。猫5匹のほったらかしオシッコ&ウンコでは、はっきり言って手の施しようがありません。
 普通の押入ですとあまり厚くないベニヤ板を使っていますので、オシッコが裏面にまでしみ通ってしまいます。クギなんかあったらボロボロに錆びます。たとえ消臭できても、今度は建材としての強度に問題が出てきます。汚染された部分は全部撤去、その上で撤去できない部材だけ消臭するしかありません。
 そのような内容ですと。大工さんの仕事は別で2日間作業10万円(都内)ってトコロでしょうか。

 しかし。押入だけに5日かけて30万ですか……。その業者、良い商売してますな?。きっとオゾン持って来て、だらーっと発散してたんじゃないかって気がしますが。


●じゃあもう引っ越しちゃう?

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック