« junさんからの質問 | トップページ | 温帯定期暑 »

2007年9月24日 (月)

東の楽園ブダペスト

 その昔。現ロシアの旗が真っ赤だった頃ですが、ハンガリーは西側の製品を比較的自由に買うことが出来る唯一の場所だったそうです。兌換ルーブルさえ持っていれば、パンストから日本製ビデオデッキまで好きなだけ買うことが出来たのですな。(※一般労働者が持っていたルーブルはただの紙)
 その憧れの西側製品ってのは、ほぼ100%ユーゴスラビアから密輸で運び込まれたモノでして。ユーゴ側はほぼフリーだし、ハンガリーの境警備隊は密輸業者に完全に買収されちゃってたから、品物は無税で入り放題だったそうです。
 そんな状態を何でモスクワが取り締まらなかったかって言うと、そこ閉めちゃったら自分たちまで西側製品が手に入らなくなっちゃうから。思想より理想よりパンストだったんだな。果たしてクレムリンに思想や理想があったのかどうか知らんけど。

 で……。何でいきなりハンガリーなのかって言いますと。タムラさんのところから続報が来まして。なのでjunさんの床下についての回答は明日にしますね。

 床下からの匂いについてご相談したタムラです。(中略)先週末押入れ、床の間に置いた物を一つ一つチェックして、ついに原因がわかりました。
 ヨーロッパのメーカーのハンガリーで製造された掃除機の布団ノズル(本体に接続するコード付き)とブラシ付き小ノズルを、使わないためプラスチックケースに入れておいたのです。それを開けて匂うと直ちに胃が痛くなり心臓の鼓動が早く苦しくなりました。それから24時間つけっぱなしにしておいた空気清浄機もその化学物質を吸収していたようです。
(中略)主人もノズル入りプラスチックケースと空気清浄機を家からだしてから空気が良くなったと言います。今後どういうものに気をつければいいのでしょうか。それからこういうものを吸ってしまった場合、解毒の目的で石川さんがされていることがありましたらご教授ください。


 ヨーロッパメーカーのハンガリー製って言いますと、たぶんスゥエーデンの『エレクトロラックス』社ですな。まるでUSAメーカーの中国製みたいな状態なのではないかって気がします。
 まあ……。体調不良の原因が家そのものでなかったことが、まだ幸いでしたね。今まで全くシックハウス的な体調不良を経験していなかったのでしたら、メーカーの日本法人にちょっと一報入れておいた方が良いかも知れません。

 で、今後どうしたら良いのかと言えば。建物自体は12年も経っていますから特に問題はないでしょう。合板などのニオイで気分が悪くなることがあるかも知れませんから、新品の家具を購入する際には注意が必要です。購入の際には家具の中の空気をちょっと吸ってみて、体に変調が起こらないことを確認した方が良いでしょう。
 それから『悪い空気』を吸いまくってしまった時に私がどうしているかと言いますと。
�@気分が悪くなるほど吸ってしまったら、コンビニやドラッグストアで酸素缶を買って、血液の酸素量を増やす。(異物の酸化分解を図る)
�Aたくさん水を飲んで汗や尿で異物の排出を図る。

 こんな程度の対策です。体内で発生した毒素とは違うので、いわゆる『デトックス』が有効かどうかは判りません。でも排出を盛んにする効用の製品でしたら効果はあると思います。


●便利・安全・快適

« junさんからの質問 | トップページ | 温帯定期暑 »

ニオイの相談ニオイの対策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489635/39731661

この記事へのトラックバック一覧です: 東の楽園ブダペスト:

» 首都ブダペスト [神よハンガリー人を祝福し賜え]
ブダペストはご飯も美味しいし、世界遺産も多くて見所満載ですね。 [続きを読む]

« junさんからの質問 | トップページ | 温帯定期暑 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック